3月15日

女のニュース 片手クッキング

いま、注目されはじめている「片手クッキング」。
脳卒中などの病気やケガなどで、片手が不自由になった人でも、道具や調理方法の工夫しだいで、本格的な料理を作ることができます。
また料理を作ることは、手を使ったり、段取りを考えて頭を使ったりするため、脳によい刺激を与える効果があると、リハビリテーションの専門医もプログラムに取り入れています。
番組では、実際に片手クッキングをしている女性を取材し、その工夫に満ちた調理方法をお伝えしました。

片手クッキングのポイント

ご紹介した片手クッキングの技

  1. まな板の下に、ぬれ布巾を敷くとすべり止めになる。
  2. まな板は、クギのついたものを使う。クギに食材を固定することで洗う・切る作業が安定する。
  3. 肉などのすべりやすい食材は、キッチンばさみで切る。
  4. ゆで卵用スライサーを使えば、マッシュルームやキュウリなど、ほかの食材もきれいに切れる。
  5. 炒めものは、具材をつかみやすいトングが大活躍。

ゲスト:羽田美智子さん、篠井英介さん
リポーター:佐藤俊吉アナウンサー