4月20日

おでかけREPORT 伝統の技術で新しい提灯(ちょうちん)づくり

水戸は江戸時代より日本の提灯一大産地、そこで150年も提灯を作り続けるお店があります。7代目鈴木社長は提灯需要の減少に「提灯を使わない市場に提灯を出してみたい」新しい提灯の摸索を始めました。従来の提灯にはない左右非対称な形、家の中でも使えるようにロウソクをLEDに変えるなど、インテリア性を重視した提灯が誕生しました。新しい技術を取り入れながらも、伝統の技術を生かし手作りされる提灯、新しい提灯にかけた思いと魅力に迫ります。

撮影場所:茨城県水戸市

番組では「すずも提灯」を紹介しました。

リポーター:藤原薫さん