4月25日

決定版 気になる体臭!撃退法

ニオイホームページ用 画像

今回のテーマは「気になる体臭」。さまざまな体臭の原因や、手軽にできる対策の最新情報をお伝えしました。
最新の研究で見つかった、「汗臭」「加齢臭」につづく「第3の体臭」が、「ミドル脂臭」。後頭部から発生しやすく、30~40代でとりわけ強くなるんです。NHKネットクラブアンケートの6割以上の人が悩む「枕カバーのニオイ」の原因は、「ミドル脂臭」かもしれません。
対策は皮脂をとりのぞくことですが、ニオイを抑えようと、ボディーブラシなどでゴシゴシこするのは、実は逆効果!かえって皮脂の分泌が活発になり、よけいにミドル脂臭が強くなってしまいます。
せっけんを泡立ててやさしく手で洗い、食用の「クエン酸」を浴槽にスプーン2杯程度入れることも有効です。

ニオイの発生部位

いっぽう「口臭」。最新の研究で、歯垢(プラーク)と舌の汚れ(舌苔)が二大原因で、この2つを正しくケアすれば、ほとんどの口臭は防げることが分かりました。
舌の汚れ対策としては、ぬらしたガーゼを用いたケアがオススメ。
歯垢対策としては、話題の「毒出しうがい」を紹介しました。歯に水を強くあてることを意識して、大きな音を出しながら、上下左右に10回ずつゆすぐだけ!番組では、どの程度汚れが落ちるのか、普通のうがいと比較しました。 いっぽうお酒やニンニクなど、食後の口臭はどうすればいいのか。実は、口臭以上に皮膚から発生する「皮膚ガス」が原因だと分かりました。「お酒」や「にんにく」のニオイは口臭よりも皮膚ガスのほうが長く続くほか、「カレーと牛乳」「お酒のあとのコーヒー」など、皮膚ガスを増やし、においを強くしてしまう恐怖の食べ合わせがあります。

皮膚ガス 食べ合わせ

さらに「足のニオイ」。その主な原因は、「イソ吉草酸アルデヒド」だと判明。足のニオイの強さを判定する犬型ロボットも登場しています。対策として、入浴時の角層ケアや、靴の湿気をとるための使い捨てカイロや乾燥剤を用いた方法をお伝えしました。
ニオイが強くなりやすい春の汗対策として、43度の熱めのお湯にひざ下とひじ下をつけ、10分ほどおく汗腺トレーニングも紹介しました。

専門家ゲスト:五味常明さん(医師)
ゲスト:前川泰之さん、いとうあさこさん
リポーター:森田洋平アナウンサー