5月22日

クイズとくもり とっても便利な “カット野菜”

包丁も使わず、必要な分だけ、すぐに使える「カット野菜」。ある大型スーパーでは、売り上げがこの5年で2倍に増えているほどの人気ぶり。今回は、そんな「カット野菜」の活用術をお伝えしました。
まずは、「カット野菜」の生産現場へ。どんな野菜を使っているのか?、栄養は?、パッケージの工夫は?など、1年365日稼働している工場の舞台裏を取材しました。
さらに、保管方法やちょっとしんなりした野菜の復活ワザ、カットサラダをメインディッシュに大変身させるアレンジレシピなど、そのまま使うだけでなくバージョンアップして、活用の幅を広げましょう!
ほかにも、キュウリやニラなど、カット野菜として市販されていない野菜で、超簡単!オリジナルカット野菜をうまくつくるコツもご紹介しました。

カット野菜の秘密

便利で人気が右肩上がりの「カット野菜」。最近は野菜炒め用だけでなく、焼きそばやラーメン、ご当地料理など用途の細分化されたカット野菜までさまざまなものが。しかし、ネットで広がるカット野菜のさまざまなウワサ・・・そんなウワサを検証すべく、特別に許可を得て工場に潜入してきました。

質問1『カット野菜の野菜って売れ残りのものじゃないの?』

契約農家のもと土作りからこだわった、こだわりのキャベツを使用。契約農家の野菜を使うことで「商品の価格が安定する」というメリットもあるそうです。

質問2『カット野菜に栄養はあるの?』

千切りキャベツを水で洗うことで、加工前の生キャベツと比べれば減ってしまうものの、栄養価は残ります。番組で調べたところによると、ビタミンCや食物繊維は加工前のキャベツと比べて7割程度残存しました。
ミックス野菜の袋詰めの際、彩り野菜を下、千切りキャベツを上にして詰めることで、袋を逆さにしてお皿に盛り付けをしたときに、彩り野菜が上に来て盛り付けを簡単にできるように計算して袋詰めを行っている、という工場の工夫も紹介しました。

ちなみに、買ってきたカット野菜を冷蔵庫で保管する際、工場の高橋さんのおすすめは「冷蔵室」だそう。野菜室ではなく、より温度の低い冷蔵室で保存することをおすすめします。
少ししなびてしまったカットキャベツの復活技も紹介。佐藤秀美さんのおすすめは「50度のお湯に1分ほどつけたあと、冷水につける」という方法。ペクチンという細胞どうしをくっつける物質が最も作用する温度が50度。冷水で引き締めてさらに食感が回復します。

せん切りキャベツでメイン料理

カット野菜のレシピについて、大手料理サイト本社に伺いました。カット野菜は、年々検索の伸びている人気のキーワードだそう。数あるカット野菜のなかでも、特に人気が伸びているワードが、「千切りキャベツ」。そこで、千切りキャベツを使ったレシピを3種類紹介しました。
さらにスタジオでは、佐藤秀美さんおすすめの 千切りキャベツを使った栄養たっぷりお手軽料理を紹介しました。

なんちゃって野菜炒め千切りキャベツと塩昆布のオリーブオイルあえ

印刷用ページ

宅配カット野菜

「カット野菜専門の宅配サービス」が、今注目を集めています。料理にかける時間は短縮したいが調理や味付けは自分でしたい、という忙しい主婦を中心に利用者が増えています。一つの野菜でも、みじんぎり、ささがき、乱切りなどさまざまな種類の切り方から、自分好みにオーダーでき、自宅にまで届けてもらえます。
宅配サービスユーザーの自宅を取材。届いたカット野菜であっという間に何品も調理していました。

オリジナルカット野菜

料理研究家の堀江ひろ子先生のご自宅の冷蔵庫の中身は・・・
冷凍カット野菜がたくさん!自分で作ったカット野菜を常備しているのだそうです。
トマト、きゅうり、ニラと暑い季節にうれしい冷凍カット野菜の作り方をご紹介。

コツ

☆切った野菜をジッパー付き保存袋に入れるときは、口を折っておく
袋の中に野菜を入れやすく、汁気の多いトマトなどがジッパー部分につくことを防げます。

☆水分をきちんと抜く
とくにきゅうりは塩もみをしたあと、水けを絞り、さらに、キッッチンペーパーで丁寧に水けをふきとらないと、冷凍した際に食感が損なわれてしまいます。

☆保存袋の空気を抜く
水を張ったボウルの中に袋を沈めて水圧で水を抜くと、トマトのような柔らかい野菜でも簡単に空気を抜くことができます。

ニラを冷凍するときは、5~6ミリ幅に細かく刻むのがおすすめ。パラパラと使う分だけ取り出しやすく、また冷凍してもクタッとならないためです。

カット冷凍きのこについても作り方を紹介しました。半日干してから(室内干しでも可)好みの大きさにカットして、ジッパー付き保存袋に入れて冷凍します。

冷凍カットトマト

印刷用ページ

冷凍カットきゅうり

印刷用ページ

冷凍カットにら

印刷用ページ

きゅうりとモヤシのごま酢あえ

印刷用ページ

トマトシャーベット

印刷用ページ

専門家ゲスト:佐藤秀美さん(栄養士)、堀江ひろ子さん(料理研究家)
ゲスト:ふせえりさん(俳優)、渡辺徹さん(俳優)
VTRゲスト:室井英男さん(大手スーパーマーケット 商品企画本部 農産商品部長)、髙橋将さん(食品工場 代表取締役社長)、佐藤秀美さん(栄養士)、遊田久美子さん(大手コンビニエンスストア コミュニケーション本部広報室)、束野緑さん(カット野菜宅配サービス利用者)、井堀良祐さん(カット野菜宅配サービス 執行役員)、菊地紗矢香さん(大手料理サイト コミュニケーションデザイン部)、堀江ひろ子さん(料理研究家)
リポーター:副島淳さん(俳優)
ナレーション:日髙のり子さん