6月6日

あわただしい朝のお悩み解消SP

タイトル

朝はとにかくあわただしい!洗濯に朝食作り、子どもの身支度、自分の仕事の準備などなど・・・そんなバタバタする朝はスムーズに動きたい!それなのに、目覚めが悪くてぼーっとしてしまったり、子どもがなかなか起きなくてイライラしたり、朝ごはん作りに時間がかかったり。そんな忙しい主婦の朝のお悩みを、その道のプロが解決しました。

子どもをテキパキ起こす

多く寄せられた、「子どもがなかなか起きない」「起こすのが大変」というお悩み。
睡眠の専門家、白川修一郎さんによると、「目覚めのゴールデンタイム」を活用すれば、すっきり起きることができるそうです。「目覚めのゴールデンタイム」とは、朝がた、寝返りをうった直後、急激に眠りが浅くなる時間帯のこと。
目覚まし時計のアラームを40デシベル程度の小さな音に設定し、目覚めたい15分ほど前からかけ続けるのがポイントです。音をかけ続ける間にゴールデンタイムが1度は起こるので、小さな音に気付いて起きることが出来るそうです。
(ただし睡眠不足の場合は、ゴールデンタイムの時間がずれてしまうので、小さな音に気付かない可能性があります。小~高校生の場合、7~8時間以上の睡眠が望ましいと言われています。)

90秒でできる! 寝起きの頭がすっきりするストレッチ

「目が覚めても、ぼーっとしてしまう」。その原因は、2点。

  1. 睡眠中に血液の循環が低下し、脳に十分な血液が巡っていないこと。
  2. 体温も活動中よりも低下しているためです。

この2点は、体を動かすことで解消できます。番組では、目が覚めて布団の上ですぐ、90秒でできるストレッチを3つ紹介しました。どの動きも10秒程度行えばOKです。
※腰やひざなどに痛みのある方は、医師の指導に従ってください。

(1)いちばん大きなお尻の筋肉を伸ばして効率よく血流UP

いちばん大きなお尻の筋肉を伸ばすことで、効率よく血流を良くします。

  1. 左のひざを曲げる。
  2. 曲げた左脚の太ももに、右の脚をかける。
  3. 左のひざを両手で抱え、胸の方へ引き寄せる

この状態で10秒間キープ。反対の足でも同じように行います。痛みを感じる人は、無理をせず、できる範囲で。

ストレッチ(1)

(2)腰周りのストレッチ

両ひざを曲げ、左右にゆっくりと倒す。5往復くらい行う。
(1)のストレッチより頭に近い筋肉が伸びるので、より脳へ向けて血液が循環します。
また、腰痛予防にも効果的です。

ストレッチ(2)

(3)腰と胸のストレッチ

  1. 左のひざを曲げる。
  2. 腰をひねり、ひざを右側の床につける。
  3. 右手で曲げたひざを押さえる。
  4. 左腕を伸ばす。
  5. 左手を見るように顔を向ける。

この状態を10秒間キープ。反対側も同じように行います。

ストレッチ(3)

あわただしい時間を効率的に使う「ながらエクササイズ」

体幹トレーナーの村田友美子さんに、「ながらエクササイズ」を教えてもらいました。
洗顔や歯磨きやトイレなどをしながら出来るものなので、忙しい朝の時間も効率的に過ごすことができます。
ポイントは、骨盤底筋を鍛えること。続けると、便秘解消や尿漏れ改善、さらに「くびれ」にもつながるそうです。

上手な“手抜き”朝ごはん

忙しすぎて朝ごはん作りに時間はかけられない・・・でも、できるなら、ちょっとでも見た目も味もよく、体にもいい朝ごはんを食べたい、というのが本音です。
そこで、段取りを極力減らしているのにおいしくて見た目もばっちりな朝ごはんを、料理研究家のヤミーさんに教えてもらいました。紹介したのは5品。どれも・5分以内で完成・火は使わない・使う食器は最小限のメニューです。

また、最低限何を食べたら体がシャキッとするのかを「体内時計」の観点から探りました。「体内時計」は人の脳や肝臓、心臓など、いたるところに存在し、体のリズムをコントロールしているものです。この体内時計がずれていくと、さまざまな不調につながることが最近の研究で分かってきました。
体内時計のズレを直してくれるのが朝ごはん。早稲田大学の柴田重信さんによると、「でんぷん質」と「タンパク質」を組み合わせて食べると、体内時計のズレを効果的に調整することがわかりました。たとえば、「ごはんに納豆」、「パンにチーズ」といった組み合わせです。また、青魚に含まれるDHAやEPAにも体内時計を調整する効果が期待できることも紹介しました。

味付きいわしの卵とじ丼

印刷用ページ

いわしかば焼きオープンサンド

印刷用ページ

サケフレークとクリームチーズのサンド

印刷用ページ

サケフレーク雑炊

印刷用ページ

魚肉ソーセージの汁ビーフン

印刷用ページ

専門家ゲスト:白川修一郎さん(医学博士)、村田友美子さん(コアトレーナー)、柴田重信さん(早稲田大学教授)
ゲスト:六角精児さん(俳優)、山口もえさん(タレント)
VTRゲスト:小芝颯太さん(トレーナー)、ヤミーさん(料理研究家)
リポーター:雨宮萌果アナウンサー、古野晶子アナウンサー