6月20日

おでかけLIVE アツくてCOOLな暮らしの道具 南部鉄器

鉄瓶や風鈴などでおなじみの南部鉄器。奥州市水沢地区の工場では、1500度にもなる溶かした鉄を、一つ一つ型に流し込んで製品が作られています。この地での鉄器作りは平安時代末期、鍋や釜などの道具を作ることから始まりました。今、その技術は、現代のライフスタイルに合わせた、機能的でおしゃれな調理器具作りに発展しています。実はIHにも対応できる優れもの。古くて新しい南部鉄器の魅力を、鋳鉄の実演を交えて紹介します。

中継場所:岩手県奥州市

番組では「南部鉄器」を紹介しました。

リポーター:藤原薫さん