7月5日

JAPA-NAVI 滋賀・高島市

0705JAPA-NAVI高島ホームページ予告用(SUPヨガ)

今回訪ねたのはびわ湖の北西に位置する滋賀県高島市。水の透明度が高く、夏場には湖水浴も楽しめます。俳優のマギーさんが、知られざる絶品グルメやアクティビティーを体感し、その魅力をお伝えしました。

びわ湖で体幹トレーニング

びわ湖ではハワイ生まれのSUP(サップ=スタンドアップパドル)が楽しめます。バランス感覚が求められるため、全身の体幹が鍛えられるそうです。番組では、強風の中、びわ湖の中に立つ大鳥居を目指しました。また、月に1~2回、SUPヨガ教室も開かれています。揺れるSUPボードの上で行うため、本来のヨガの効果に加え、体幹まで鍛えられる様子をお伝えしました。

SUP

極上の森林浴 ツリーイング

高島市の森林公園くつきの森では、ツリーイングと呼ばれるアウトドアが楽しめます。ロープを使って少しずつ木を登っていくのですが、1メートル登るごとに目の前に広がる景色が変わっいくのがだいご味です。最後はハンモックでリラックス。自然に囲まれ、爽快な気分を味わいました。

ツリーイング

幻のフルーツ「アドベリー」

高島市の安曇川地区にある道の駅「藤樹の里あどがわ」には、アドベリーのジャムや菓子などがたくさん売られています。アドベリーは一般にはボイセンベリーなどと呼ばれていますが、ここでは地名の安曇川にちなんで「アドベリー」と名づけられました。傷むのが速く、収穫時期も6月の中旬から2週間ほどしかないことから、ほとんど生で流通しないため「幻のフルーツ」と言われています。収穫を迎えたアドベリー畑を訪ね、特別に生のアドベリーを試食させていただきました。また、加工品の一つ、アドベリー酢を納豆にかけて食べてみると、意外においしいことを発見しました。

アドベリー

謎のB級グルメ「とんちゃん」

高島市民なら必ず知っているというのが「とんちゃん」。味つけした鶏肉のことで、バーベキューなどに欠かせないB級グルメです。「とんちゃん」という名前の由来は諸説ありますが、お客さんが豚のホルモンと勘違いして「とんちゃん」と呼び始めたと言われています。「とんちゃん」の味つけはみそがベースになっていることが一般的です。「とんちゃん」とは呼びませんが、しょうゆがベースなっているものもあります。どちらも甲乙つけがたいおいしさであることをお伝えしました。

とんちゃん

クセのない「ふなずし」

創業234年のふなずし店が営む料亭で「ふなずし懐石」をいただきました。この店のふなずしは従来のイメージとは異なり、クセが少ないのが特徴です。「守り」(もり)と呼ばれる毎日の作業によって乳酸発酵がスムーズに進むと、クセの少ないふなずしになるそうです。そのふなずしを生かした天ぷらや、パンに挟んだふなずしサンドなど、新しいアレンジ料理も堪能しました。

ふなずしサンド

ハレの日のごちそう「焼きサバそうめん」

山あいの朽木地区には、かつて、町の人に愛された百貨店がありました。25年ほど前に閉店しましたが、歴史を感じさせる建物を壊すのはもったいないと、地元の婦人会が運営を引き継ぎ、喫茶店を開いています。地域のお年寄りたちが集まってお茶を楽しんでいる様子をお伝えするとともに、この喫茶店の特別メニューである「焼きサバそうめん」を紹介しました。焼きサバそうめんは、お祭りなどハレの日のごちそうとして受け継がれてきた郷土料理です。
※「焼きサバそうめん」は予約制。ただし、夏場は受けつけていません。

焼きサバそうめん

印刷用ページ

ゲスト:マギーさん(俳優)、安藤美姫さん(プロフィギュアスケーター)
リポーター:大山武人アナウンサー(大津局)