7月6日

プレミアムトーク 東出昌大

朝ドラ「ごちそうさん」でヒロインの夫を演じ、ブレークした東出昌大さん。その後の活躍は目覚しく、ことしも6本の映画に出演。その中の1本『「寝ても覚めても』はカンヌ国際映画祭に出品し、初めてのレッドカーペットにつながった作品です。『菊とギロチン』は関東大震災直後の日本を舞台に、アナキストグループの青年たちと女相撲の一座の生きざまを描いた青春群像劇。東出さんが演じたのは「心からいとしいと思える」ちょっと滅茶苦茶なアナキストグループのリーダー。一見、真面目で古風なイメージがある東出さんとは違う役ですが、実は自身もアナーキーな青春時代を過ごしたんだそうです。どんな暮らしだったのか?デビューまで暮らした中目黒を、当時一緒に暮らしていた親友が歩きながら知られざるエピソードを語りました。

東出さんが出演する映画

菊とギロチン

ホームページ:http://kiku-guillo.com/

寝ても覚めても

ホームページ:http://www.netemosametemo.jp/

ゲスト:東出昌大さん
VTRゲスト:寛 一 郎さん