7月20日

プレミアムトーク 瀬戸康史

朝ドラ「あさが来た」で、ヒロインと共に日本初の女子大学設立に奔走する「ナル様」を演じ、強烈なインパクトを残した瀬戸康史さん。最新作「透明なゆりかご」では、初めて医師役に挑戦。産婦人科医院の院長としての撮影が続く中で、「命とは何か」を考える日々だといいます。そんな中、改めて深まったのは、自身の家族への思い。そこで、両親に感謝の気持ちを伝えた温かかいエピソードを語ってくれました。
瀬戸さんは大きな瞳と、少年のような笑顔が印象的なイケメンですが、「この顔じゃなければ・・・」と長く悩んでいた時期もあったといいます。また、演技の面でも大きな壁にぶつかり「演じることが分からなくなる」出来事がありました。そんな中、救ってくれたのは、兄と慕う高橋一生さんから言われた「大丈夫だよ」のひと言、仲の良い二人のプライベート秘話も飛び出しました。瀬戸康史さん30歳、大切な家族のこと、そして、瀬戸さん自身の「結婚観」、また、キャスターの華丸・大吉さんと同じ博多出身でスタジオトークは大いに盛り上がりました。

瀬戸さん出演の最新作ドラマ ドラマ10「透明なゆりかご」

ホームページ:https://www.nhk.or.jp/drama10/yurikago/

映画「寝ても覚めても」

ホームページ:http://www.netemosametemo.jp/

ゲスト:瀬戸康史さん(俳優)