8月2日

JAPA-NAVI 脱帽!自由な大阪

大阪の地図と写真

自由な発想で生まれた大阪のNEWカルチャーをはいだしょうこさんが体感。今、大阪で大ブームのスパースカレーや見たことのないようなメガネ、3兄弟が発行している辛口フリーペーパーなど、アイデアとバイタリティーにあふれる大阪の魅力を紹介しました。

大阪で大人気!スパイスカレー

粉もん、串カツに次ぐと言われる大阪の新たなソウルフードが「スパイスカレー」。小麦粉やカレー粉を使用せず、複数のスパイスを組み合わせて作るカレーです。大阪では、ここ2~3年で、スパイスカレーの専門店が急増。今回は、ブームの火つけ役と言われるオギミ~ル☆さんのキーマカレーと、カレー界の異端児・かっきーさんが作る「スイカとアユのカレー」を紹介しました。

キーマカレー

スイカとアユのカレー

個性的すぎるメガネ

大阪・北加賀屋にある個性的なメガネ店を訪ねました。メガネ作家の内原弘文さんが「へのへのもへじ」を模したメガネや「つけまつげ付き」のメガネ、お値段500万円という「甲冑(かっちゅう)型メガネ」など、かなり変わったメガネを手がけています。もちろん、ふだん使いしやすいメガネも作っていて、予約3か月待ちという状態。すべてオーダーメードで仕立ててくれるそうです。

甲冑型めがね

3兄弟の辛口フリーペーパー

大阪・玉造地区のローカル情報を紹介しているフリーペーパー「玉造ブラザータイム」がじわじわと人気を集めています。作っているのは小学1年生から高校2年生までの3人兄弟。自分たちの目線で取材したことを感じたままに記事にするという、ちょっぴり“辛口”だけれど癒されるフリーペーパーです。はいださんが喫茶店に記事の内容を確かめに行ったり、3兄弟が突撃取材したりする様子をお伝えしました。

3兄弟

アートがあふれる町・北加賀屋

大阪市のベイエリアにある北加賀屋を歩いていると、さまざまなアートが目に飛び込んできます。倉庫や家の壁にカラフルな絵が描かれていたり、串カツ店のダクトが恐竜になっていたり。さらに、世界的なアーティストたちの巨大な現代アート作品を保管している倉庫もありました。北加賀屋はかつて造船業が盛んでしたが、その衰退とともに、工場や倉庫が使われなくなりました。そこで、地元の不動産会社がそうした工場や倉庫にアートを施して、活性化させようと考えたのです。今では大阪の新名所として、若者を中心に大勢の人が訪れています。

アート

空き家を改装したホテル

大阪此花区の西九条にある変わったホテルを紹介しました。案内された客室は路地裏にある一軒家。実は、その地域にある空き家をリノベーションして、ホテルの部屋として活用しています。客室は全部で11。ほとんどが一軒家なので部屋数が多く、リビングがあったり、ベッドルームが2部屋あったりします。まるで自宅にいるような感覚でくつろげます。さらに、宿泊者専用のパスがあり、たこ焼き店でたこ焼きを無料でもらえたり、朝食会場は地元の喫茶店だったり、近くの銭湯にも無料で入れます。

街ごとホテル

ゲスト:はいだしょうこさん、濱口優さん
リポーター:芳賀健太郎アナウンサー(大阪放送局)