9月12日

すぐに役立つ!リュックサック活用術

予告画像

子どもから大人まで、多くの人が愛用している“リュックサック”。でも、「取り出したい物が見つからない」「お手入れ方法がわからない」「なで肩で、すぐに肩ひもが外れて困る」など、たくさんのお悩みが寄せられました。そこで今回はリュックサックのお悩みを解消し、すぐに役立つ技を紹介しました。

警視庁直伝! 非常用持ち出し袋の詰め方

災害時に役立つ情報を配信している警視庁警備部災害対策課に、非常用持ち出し袋の詰め方を教えてもらいました。

非常用持ち出し袋の中身

(1)中身

今回用意したのは、水、非常食、防寒具、懐中電灯、粘着テープ、トイレットペーパー、タオル、携帯用充電器、ろうそく、ライター、乾電池、マスク、笛、ウエットティッシュ、赤ちゃん用おしり拭き、軍手、歯ブラシ、寝袋、毛布、地図、携帯用トイレ、携帯ラジオ、ゴミ袋、防災頭巾です。

※あくまで目安です。必要に応じて準備してください。

軽く感じる詰め方

(2)詰め方

上記の荷物を詰めるとおよそ9キロにもなります。しかし、詰め方しだいで、重さの感じ方が大きく変わります。底には、毛布やタオルといった軽いもの、その上にウエットティッシュなど少し重いものを詰めます。さらにその上の背中側に重い水を詰め、上のほうの残ったスペースに非常食などのつぶれやすいものを詰めます。そうすると重心が高くなるため、軽く感じることができます。
そのほか、胸や腰のベルトをとめたり、肩ひもを短くしたりすることでも、荷物を軽く感じることができます。

欲しいものがすぐに取り出せる詰め方

(3)グループ分け

中に入れているものがぐちゃぐちゃになってしまいがちですが、欲しいものがすぐに見つかるテクニックを紹介しました。教えてくれたのは、世界中をリュックサックで旅するタレントの竹内海南江さんです。竹内さんによると、リュックの整理術は冷蔵庫と一緒。冷蔵庫の中が明るいように、リュックの中も明るい色のほうが物を見つけやすくなります。リュックの中が暗い色の場合は、入れるものを明るい色にすれば見つけやすくなります。もうひとつの技は、小分けし見える化すること。透明のジッパー付き保存袋に入れれば、中に何が入っているか一目瞭然です。また、似たような形のものを同じ袋に入れておけば、取り違えることはありません。小さくて見つけにくい鍵には鈴をつけておくと、音が鳴って見つけやすくなります。

リュックサックのお手入れ方法

(4)水に沈める

リュックサックの洗い方を洗濯王子こと中村祐一さんに教えてもらいました。ナイロン製のものであれば、丸洗いして大丈夫だそうです。

用意するもの

おしゃれ着用の中性洗剤・食器洗い用のスポンジ。(研磨剤の入っていないもの)

  1. ぬらしたスポンジに洗剤を直接をつけ、目に見える汚れをこすり洗いします。スポンジはかたい面を使います。
  2. 洗剤を規定量、水に溶かし、スポンジのやわらかい面を使って全体をこすり洗いします。裏地のついているものは、裏地も洗ってください。
  3. 水をはり、リュックを形を保ったまま丸ごと沈めてすすぎます。必要以上に動かすと型崩れするおそれがあります。また、革の部分は水ですすぐとかたくなったり縮んだりするおそれがあるので、すすぎは2回ほどにとどめてください。それ以外のものは、水がきれいになるまですすいでかまいません。
  4. タオルで水けをよくふき取り、底の部分が上になるようにして、風通しのいい場所で陰干しします。半日ほどで乾きます。なお、革の部分には、水けを拭きとったあと、透明な革用クリームを塗ってから乾かすのがオススメです。

※革は水に弱いので、色落ちなどが心配な場合はクリーニング店に相談してください。

リュックサックの選び方

(5)2画面

リュックサックを購入するときのポイントをバッグメーカーに教えてもらいました。
ポイントは3つ。

  1. ファスナーの引き手がひとつしかないリュックの場合、右と左、どちらの肩ひもから外すかによって、使い勝手が変わります。一般的には、ファスナーを体から遠ざけるほうが開けやすいそうです。自分のクセを意識して選んでください。
  2. なで肩や肩幅が狭い人は、肩ひもが細いリュックのほうがずり落ちにくくなります。肩ひもが細い分、摩擦力が増えるためです。
  3. お店の許可があれば、ふだん使う荷物を実際に詰めて試着することをおすすめします。荷物がうまく入りきらなかったり、背中などにあたると痛い場合があります。

ゲスト:小西真奈美さん(俳優)、中村倫也さん(俳優)
VTRゲスト:竹内海南江さん(タレント)
リポーター:雨宮萌果アナウンサー