10月9日

クイズとくもり 簡単!おいしい!究極の“そば”

独特の香りに風味。そして、つゆとの絶妙なコンビネーションが魅力の「そば」。新そばの時期を迎える10月から11月にかけては、1年で最もそばがおいしいと言われる季節なんです。そこで、今回は自宅で簡単においしくそばを楽しむ方法をお伝えします。ゆで方やめんつゆの使い方、薬味の選び方にちょっと工夫を加えるだけで、風味豊かでコシのあるプロ顔負けのそばが作れるんです。さらに、固まってしまったそばをよみがえらせるアイデア料理など、「とくもり」の情報をお届けしました。

乾麺のおいしさUP技

コシUPの裏技

・大きめの鍋でゆでる(そば1人前に対して1.5リットル以上)
→麺を入れても温度が下がらず規定の時間でゆであがる
・氷を入れた冷たい水でしめる

のどごしUPの裏技

ゆでるお湯にサラダ油を入れる(1リットルあたり約15グラム)と、油が麺の表面をコーティングするのでのどごしがよくなります。

香りUPの裏技

・山田さんによると、乾麺は規定のゆで時間の半分水に漬けておくと、麺が水分を吸収し、残りの半分の時間でゆであがるので、通常のゆで方のそばより2割も香り成分が多く残るそうです。
・ゆでる前のお湯にそば粉を入れてゆでると、そばの香りがUPしました。

そばアレンジ料理

そばカルボナーラ

印刷用ページ

スータータンそば

印刷用ページ

冷やし中華風そば

くっついてしまったそばの救済レシピ

油を引いたフライパンに押しつけながら焼き固めれば、さまざまな料理に応用ができます。

あんかけ かた焼きそば

印刷用ページ

そば×ガレット風

印刷用ページ

フレンチトースト風そば

印刷用ページ

市販のつゆを使った絶品レシピ

達人に市販のそばつゆを使って作る簡単アレンジメニューを教えてもらいました。

絶品まかないレシピ

印刷用ページ

ごまマヨつゆ

印刷用ページ

そばをより楽しむための技

  1. まずは、そばだけを食べる
  2. つゆに入れる薬味は、辛味大根がおすすめ
  3. わさびは直接そばにつけて食べると、香りを楽しむことができる
  4. ねぎはそば湯に入れると味がしまる

ゲスト:橋本マナミさん、ゆいPさん(おかずクラブ)
VTRゲスト:片山虎之介さん(そば料理研究家)、山田昌治さん(工学院大学 先進工学部 教授)、林幸子さん(料理研究家)
リポーター:副島淳さん(俳優)
ナレーション:日髙のり子さん