10月22日

美容に!健康に!蒸気の“チカラ”

「最近お肌の調子がよくない」「冷え性でつらい」「便秘気味だ」――。こうしたお悩みに効果が期待できるのが【蒸気】です。蒸気は、乾いた熱よりも温かさを伝えやすいとされています。そこで、今回は、蒸しタオルを上手に使ったリラックス方法や、スキンケア、便秘の解消術、さらには、蒸気を使った洗濯術からカビ撃退法まで、暮らしに役立つ“蒸気のチカラ”をお伝えしました。

目元に蒸しタオルを当てると指先が温まる!?

蒸気のリラックスグッズを開発しているメーカーを訪ね、目元を蒸しタオルで温めるリラックス方法を教わりました。研究員おすすめのリラックス方法は、40度の蒸しタオルで10分間、目を温めること。目を温める前後で体の表面の温度を測ってみると、目の周りだけでなく、手の指先まで体温が上がっていることがわかりました。目元は体の中でも特に温かさを感じやすいポイント。ここを温めることでリラックスする神経が働き、手足の指先の血行がよくなるといいます。

人気ヘア&メーキャップアーティスト直伝!蒸しタオル洗顔法

ヘア&メーキャップアーティストの山本浩未さんは、朝、水や洗顔料で顔を洗うのをやめ、蒸しタオルで顔を温めて拭くだけの生活を続けています。そんな山本さんの蒸しタオルの作り方は、ハンドタオルを半分に折ってくるくると丸め、丸めたタオルの両端から45度~50度のお湯を注いで絞るだけ、というシンプルなもの。顔の上で広げて2回温め、目元や小鼻をふき取り、最後は耳の周りや首筋をタオルでマッサージして完了です。この蒸しタオル、パックの上にのせて使っても効果的だそう。

お風呂での蒸気活用術

お風呂でも、蒸気は活用できます。花粉症や鼻づまりがつらい方におすすめなのは、お風呂の水面に鼻を近づけて呼吸をしたり、浴室で鼻をかんだりすること。鼻の中が潤うと、異物を出す働きが高まります。また、肌の乾燥が気になる方は、お風呂の中で保湿をしておくと、入浴後の急激な乾燥を防ぎ、潤いをキープすることができるそうです。

蒸しタオルで便秘解消!?

医療現場では、看護師が便秘解消に蒸しタオルを使うことがあるといいます。
その方法は、以下のとおりです。

  1. 70度のお湯を用意
  2. ゴム手袋を二重にして着用する
  3. フェースタオル2枚をそれぞれ三つ折りにし、お湯につけて絞る
  4. タオルが熱すぎないか腕の内側で確認してから、腰に当てる
    (※熱い場合は冷ましてから当てる)
  5. タオルを当てた部分をごみ袋で覆い、さらにバスタオルで覆う
  6. 10分当てたら、タオルは外す

腰のあたりには腸の動きを調節する自律神経があるとされ、その神経を刺激することで、腸が活発に動くのではないかと考えられているそうです。

専門家ゲスト:早坂信哉さん(医師 東京都市大学教授)、神﨑健輔さん(洗濯ハカセ)
ゲスト:田中麗奈さん(俳優)、いとうあさこさん(タレント)
VTRゲスト:鈴木敦さん(日用品・化粧品総合メーカー 蒸気グッズを開発)、山本浩未さん(ヘア&メーキャップアーティスト)、星川桂さん(俳優)、縄秀志さん(聖路加国際大学教授)、矢口貴志さん(千葉大学准教授)
リポーター:雨宮萌果アナウンサー