12月12日

ゴミの悩み&疑問 スッキリ解決します!

生ゴミのにおいや分別がわかりにくいゴミなど、家庭ゴミに関するさまざまな悩みや疑問にお答えしました。また、ペットボトルのリサイクル現場で起きている意外な事実や、最近、人体への影響が懸念されているプラスチックゴミの問題についても取り上げました。

生ゴミのにおいを抑えるには

生ゴミのにおいのもとは、微生物が出すガスです。微生物の中には、空気が少なく水けがあるほうが増殖し活発に活動するものがいるため、生ゴミをできるだけぬらさず、通気性をよくすることが大切です。そのためには、野菜くずなどをシンクの中に入れず、通気性と吸水性に優れる新聞紙にくるんで捨てるのがおすすめです。また、ゴミ箱のふたは閉めずに、空気が通るように開けておきましょう。なお、小バエやゴキブリはにおいに寄ってくるため、におわなければ、ゴミ箱のふたが開いていても大丈夫です。
取材協力:土井けいこさん(消費生活アドバイザー)

分別がわかりにくいゴミ

プラスチックゴミ

プラスチックゴミには「容器包装プラスチック」と「製品プラスチック」の2種類があり、多くの自治体で分別回収しているプラスチックゴミは、「容器包装プラスチック」のほうです。「容器包装プラスチック」には、ボトル類、トレイ類、カップ類、パック類、袋・フィルム・ラベル類、発泡スチロール箱・緩衝材類などがあり、必ず「プラマーク」がついています。これらは必ずゴミになるため、リサイクルが義務づけられています。一方、CDやCDケースなどの「製品プラスチック」は、現在のところ、リサイクルしなくてもよいことになっているため、資源回収している自治体以外では、「燃えるゴミ」や「燃えないゴミ」になっています。また、「容器包装プラスチック」を分別回収せず、燃えるごみとして回収している自治体もあります。お住いの自治体に確認してください。

これって何ごみ?

番組では、プラスチック以外の分別がわかりにくいゴミについてもご紹介しました。例えば、ビニール傘は燃えないゴミ、保冷材は燃えるゴミとして回収している自治体が多いようです。カイロは燃えるゴミか燃えないゴミか、自治体によってバラバラです。お住いの自治体によって異なりますので、パンフレットやホームページ、アプリなどで確認してください。

ペットボトルのリサイクル現場

ペットボトルはラベルとキャップを外して中を軽くゆすぎ、つぶして出す必要があります。現在、ラベルがついたままのペットボトルは、リサイクル業者のほうで取り除いています。機械でペットボトルをラベルごと砕いて粉末にし、強い風を吹きつけることで、軽いラベルと重いペットボトルに分けられています。しかし、近年、ペットボトル自体が軽くなったため、ラベルと一緒に飛ばされてしまい、分けることが難しくなってきています。そのため、これまで以上に、家庭でラベルを剥がすことが求められています。

プラスチックゴミ問題

プラスチックゴミは完全に分解されることはないため、海に流れ込むと、プラスチックに含まれる有害物質が魚を介して人体に影響を及ぼす可能性が指摘されています。ヨーロッパをはじめとする世界各国で、レジ袋やストローなどの使い捨てプラスチックを規制する動きがあるのはそのためです。日本はプラスチックゴミの排出量に関して世界第3位というデータがあります。すべてを回収することは難しいため、国では、レジ袋を有料化することで使い捨てプラスチックの量を減らすことが検討されています。
取材協力:高田秀重さん(東京農工大学教授)

全国最多!45種類のゴミ分別をしている町

ゴミ分別の種類が全国一の町として知られる徳島県上勝町の取り組みを紹介しました。その数、45種類。ボールペンや歯ブラシ、レシートまで細かく分別することで、燃やすゴミを徹底的に減らし、年間1000万円以上の節約につなげています。さらに、資源ゴミとしてさまざまなゴミを売却することで年間200万以上の利益を上げています。

専門家ゲスト:鬼沢良子さん(環境カウンセラー)、浅利美鈴さん(京都大学大学院准教授)

ゲスト:藤本敏史さん(お笑い芸人)、鈴木紗理奈さん(俳優・タレント)

リポーター:遠藤亮アナウンサー