1月7日

おでかけLIVE 草津だけの伝統入浴法「時間湯」

草津に江戸時代から伝わる「時間湯」。強酸性の草津の湯は、湯治効果が高いと言われ、明治時代には、ドイツ人医師が医学的研究を行い、世界に広めました。現在も、年間1万8千人が訪れる人気湯治場です。65度の源泉を、薄めることなく木の板で湯をもみ、入浴可能な温度(=48度)にまで下げます。それでも高温のお湯に安全かつ効果的に入るため、さまざまな作法を経て、「集団で3分間」の入浴を行います。中継では、「ゆったり・のんびり」とはひと味違う、入浴法を体験します。

中継場所:群馬県草津町

番組では「時間湯」を紹介しました。

リポーター:藤原薫さん