1月10日

9時台の企画 西日本豪雨から半年 瀬戸内冬紀行 ~広島編~

220人以上が亡くなった去年7月の西日本豪雨。アッキーこと俳優の篠山輝信さんが半年後の被災地を訪ねました。今回は広島駅からJR呉線に乗って海沿いの地域を訪れました。土砂崩れや洪水の爪痕が今も残る坂町小屋浦地区では、ボランティア活動が今も続いています。そしてその隣、呉市はカキの産地。生産者さんを訪ねたところ、ことしの出荷に豪雨の影響はほとんどなかったそうで、おいしいカキを食べることができました。そして豪雨のあと、一部運休が続いていた呉線が163日ぶりに全線復旧。沿線から大勢の人が電車に向かって手を振っていました。
少しずつ復旧が進む広島県の被災地ですが、まだ電車の運休が続いている場所や、土砂に埋もれたままの集落もあります。ボランティア募集も引き続き受け付けています。

坂町で活動を続けるボランティア団体

セイブ・ザ・ヒロシマ

ホームページ:https://twitter.com/sth_20140826

全国のボランティア情報

全国社会福祉協議会

ホームページ:https://www.saigaivc.com/平成30年7月豪雨災害/

ゲスト:西尾まりさん、澤部佑さん
リポーター:篠山輝信さん