2月13日

服とメイク!オトナの最強 色選び

みなさんはおしゃれのときにどれくらい「色選び」に気をつかっていますか?
「浮かないように・・・」と気をつけるあまり、つい無難な色づかいをしていませんか?
そこで今回は、「ブルベ(ブルーベース)とイエベ(イエローベース)」の法則を大特集。この法則を使えば、メイクから洋服選びまで、ワンランクアップの色づかいができることはご存じの方も多いかもしれませんが、今回はその基本から丁寧にお伝えしました。さらに、眉毛の色選びのポイントや点描画の色づかいを応用して開発されたファンデーションもご紹介。これでもうメイクや服の色えらびに迷わない!

ブルべとイエベ 自己診断

ブルベとイエベとは

青みの色が似合う人をブルーベース、略して「ブルべ」。黄色みの色が似合う人をイエローベース、略して「イエベ」と呼びます。それぞれに似合う色を身につけると透明感が出たり、血色がよく見えたりする効果があります。

自己診断方法

最近ではこの「ブルベとイエベ」をプロが診断し、服やメイクの選び方を教えてくれるサービスが人気を集めていますが、自分でも簡単に診断できる方法を紹介しました。
方法は専門家によってさまざまですが、今回おすすめしたのは5つの質問に答えて、AとBどちらが多いかで判断するというものです。
Aが多い人はブルべ、Bが多い人はイエベの可能性が高いです。

コスメの色選び

チークやリップ、アイシャドーにもブルべ向きとイエベ向きがあります。それぞれ自分にあったものを身につけると、顔全体のよさを引き立てたり腫れぼったくならないんです。

チーク

オレンジっぽさがあるものはイエベ、ないものはブルべ向きです。

リップ

チークと同じくオレンジっぽさがあるものはイエベ向き、ないものはブルべ向きです。
さらに、ラメの色にも注目。ゴールドだとイエベ向き、シルバーだとブルべ向きです。

ピンクアイシャドー

チークやリップと同じく「オレンジっぽさ」で分けた上に、粉の質感も要確認。
マットよりラメのほうがピンクの色みが薄いので、大人の女性に似合いやすいです。

服の色選び

ブルベとイエベがわかっても、カラフルな色には尻込みしがち。そんな人におすすめなのがワントーンコーデ。全身を同じ色でそろえるコーディネートです。
難しいように思えるこのワントーンコーデが、実はすべての色選びの基本になります。

ワントーンコーデのコツ

春に向けておすすめなのは、ブルベはネイビー、イエベはベージュを基本にしたワントーンコーデ。

  1. ツヤとマットの法則
  2. 上下が同じ色でも、素材感に差をつければ野暮ったくなりません。表面がツルツルでとろみのある「ツヤ素材」と、光沢がなくザラザラした「マット素材」を組み合わせるようにしましょう。

  3. アクセサリーでアクセント
  4. ブルべはシルバー、イエベはゴールドがおすすめ、というのはご存じの方も多いかもしれません。でも、トップスを自分に似合う色にしておけば、アクセサリーはゴールドでもシルバーでも大丈夫なんです。

  5. タイツの色み
  6. イエベはカーキブラウンのタイツ、ブルべはダークグレーのタイツにすると全体の統一感が出ます。これらの色は多くのメーカーで取り扱っています。

眉毛の色選び

「眉毛の色は髪の毛よりワントーン明るく」とよく言いますが、実際には明るくしすぎている人が多いそうです。髪の毛の色にできるだけ近い色で描くのがポイントです。
髪の毛の色に近づけるのにおすすめなのが、アイブローパウダーを使うこと。濃い色しか入っていないパレットではなく、3色以上入ったパレットを選んで色を混ぜると、ちょうどいい色ができます。
また、眉毛を描くときは全体を濃い色にするのではなく、黒目の上だけに色を重ねるのがおすすめです。

専門家ゲスト:関口まゆみさん(カラーリスト)、谷口美佳さん(カラーコーディネーター)

ゲスト:後藤真希さん、平野ノラさん

VTRゲスト:玉村麻衣子さん(美眉アドバイザー)

リポーター:千葉美乃梨アナウンサー