7月25日(木) この日の放送内容へ

博多の水炊き“風”

中村学園大学栄養科学部教授  三成由美さん

管理栄養士・栄養学博士の三成さんは福岡にある中村学園大学の教授。「郷土料理を科学する」をテーマに、水炊きを含め福岡の郷土料理を研究している。今回は、簡単に本格的な水炊きの作り方をご紹介いただいた。

材料・2人分

【水炊きスープ】
  • 鶏もも肉・鶏むね肉各250グラム
  • しょうが20グラム
  • ねぎ30グラム
  • 15グラム(大さじ1)
  • チキンコンソメかりゅう小さじ4(固形の場合は2個)
  • 成分無調整豆乳100~150ミリリットル
  • 2リットル
【野菜】
  • キャベツ
  • しいたけ
  • パプリカ(黄・赤)
  • トマト
  • 豆腐
  • ニンジン
  • 春菊
  • ※量はお好みで。パプリカやトマトを入れることで、栄養素を補えます。
    トマトは、豆乳を分離させてしまうので、食べる直前に入れてください。

作り方

  1. 鶏もも肉と鶏むね肉は、1口大に切ります。
  2. ねぎは斜め切り、しょうがは斜め薄切りにして、(1)の肉の上に散らす。酒をかけて、ラップをし、電子レンジで4分(600ワットの場合)
  3. 沸騰したお湯2リットルに、(2)で加熱した肉やねぎ、しょうがをすべて入れる。チキンコンソメを加えて、約10分煮る。
  4. (3)に成分無調整豆乳、野菜を加え、約5分煮る。博多風水炊きスープの完成。