11月6日

腰痛 肩こり ポッコリお腹の新常識! インナーマッスルを正しく使おう!

腰痛、肩こり、ポッコリお腹。年齢UPとともに悩みがちなこれらのお悩みの真の原因は「インナーマッスル」かもしれません。インナーマッスルとは、その名のとおり体の内部にある筋肉のことで、骨や内臓さらには外側の筋肉(アウターマッスル)まで支える役割を持つもの。近年までその特徴や性質など詳しいことは分かっていませんでしたが、最新研究によって腰痛や肩こり、ポッコリお腹はもちろん、正しい姿勢の保持や、高齢者の転倒防止などさまざまな事柄と関係があることが分かってきたのです。でもこのインナーマッスル、日常生活ではあまり動かない怠け者。また年齢とともに衰えていくため正しく使う習慣をつける必要があるんです。そこで番組では、毎日数分で簡単にできるトレーニング方法をご紹介しました!

原因不明の長引く腰痛 インナーマッスルを正しく使って解決できる!?

病院に行ってレントゲンをとっても、骨や神経に異常がみられない原因不明の腰痛。
実は、インナーマッスルを正しく使えていないことで、負担がかかったアウターマッスルで炎症が起き、それが痛みの原因かもしれないんです。
インナーマッスルが正しく使えているかどうか見極める方法は、「両手両ひざをついて片足をあげるポーズ」がオススメ。このとき、腰がぐらつく/骨盤がかたむく方は、インナーマッスルを正しく使えていない可能性があるんです。
原因不明の腰痛対策は、動作の直前に腹横筋というインナーマッスルを動かすこと。ポイントは「お尻の穴をすぼめる」ように意識すること。ほんのちょっと意識を変えるだけで、腰痛を予防できちゃうんです!

肩こり解消にも!超簡単インナーマッスルのほぐし方

長引く肩こりにも、インナーマッスルが関係していることがわかってきました。
菱形筋(りょうけいきん)などのインナーマッスルがうまく働かないことで、僧帽筋(そうぼうきん)などのアウターマッスルで炎症がおき、痛みを引き起こしていたんです。
対策は、インナーマッスルをほぐし、正常に働く状況にすること。
金岡さんオススメの運動がこの2つでした。

「ギューストン」

両肩を思いきりあげ、ストンと一気に脱力する。1日3往復!

「肩甲骨クローズ」

手のひらを内側に向けるように腕を上げる。
3秒ほどかけて、手のひらを外側に向けながら腕を下げる。1日5回!

気になるポッコリお腹の原因も・・・

「食事制限でもへこまない・・・」「出産後に体型が戻らない」
そんな体型のお悩みも、実はインナーマッスルが関係しているかもしれないんです。
その筋肉の名は、「骨盤底筋群」脂肪や内臓を下から支えるインナーマッスルですが、これがゆるんでしまうことで、脂肪や内臓が垂れ下がり、いやなポッコリお腹に・・・。
骨盤底筋群のトレーニングも実は簡単!
女性はちつを、男性は肛門と性器の間あたりを持ち上げるイメージです。
このとき、お腹(腹筋)に力をいれないように要注意です。

目指せご長寿! ケア・ピラティス

年を重ねるたびに、背中が丸まり姿勢が悪くなってしまいがちですよね・・・。
姿勢をよくして、元気な足腰を取り戻すトレーニングが「ケア・ピラティス」!
必要なのは、いすと柔らかいボールだけ!ボールはタオルでも代用可能です。

  1. 背もたれと背中の間にボールを挟み、曲がった背骨を伸ばすように、反りかえります。
    このとき、ゆっくり深呼吸をして、肋骨を左右に広げることが大切です。
  2. 次は、ももにボールを挟んで、片足ずつ交互に持ち上げます。
    このときも深呼吸。姿勢を正し、腹部を意識して、ゆっくりと行ってください。
    太ももの付け根にある「腸腰筋」を鍛えることで、元気な足腰を取り戻します。

専門家ゲスト:金岡恒治さん(整形外科医)、田舎中真由美さん(理学療法士)
ゲスト:井上和香さん、ビビる大木さん
リポーター:橋本奈穂子アナウンサー