1月20日

“お得でオシャレ”に温暖化しないエコ生活

最近、毎日のように報道される地球温暖化のニュース。「何かしたいけど、何ができるんだろう?」と思っている方も多いのでは?今回、家庭で簡単にでき、“地球にやさしく、財布にもやさしい”エコ生活のヒントをお届けしました。

うちエコ診断

暖房や給湯で光熱費がピークを迎える今の時期におススメ!環境省が無料で行っている“うちエコ診断”。専門の診断士が自宅を訪問し、ガスや電気の使用状況を調べ、節約のアドバイスをしてくれます。テレビ画面の明るさをちょっと下げたり、使っていない家電のコンセントを抜くだけで、年間の光熱費やCO2排出量がどれくらい変わるかなど、お得な情報をお伝えしました。

※「うちエコ診断」の申し込み方など、詳しい情報はこちらから
ホームページ:http://www.uchieco-shindan.jp/

地球温暖化 家庭から出るCO2

日本は世界5位のCO2の排出国です。いま、地球の大気中のCO2濃度は、産業革命当時と比べ1.5倍になり、平均気温は1度上昇しました。家庭からも、電気、ガス、自動車を使うことで、CO2が排出されています。国は、2030年までに家庭から出るCO2を4割削減することを目指しています。

節水シャワーヘッド

省エネに効果的といわれる節水シャワーヘッド。いま、さまざまな機能を持った商品が市販されています。特殊なフィルターを通すことで塩素除去ができるもの。ミストシャワーで毛穴の細かな汚れが取れるもの。顔用と体用の2種類で水圧を使い分けられるシャワーヘッドまであります。

どのくらいかかる?家電の消費電力

うちエコ診断士・真田由美子さんによると、電気カーペットは、3畳用で5時間電気カーペットを使った場合、設定温度を「強」から「中」にしただけで、年間およそ5020円。CO2は109.2キログラム減らすことができるそうです。冷蔵庫は、中に入れる物を7割程度に抑え、冷気の吹き出し口を塞がないようにすると省エネにつながるそうです。

※商品によっては違いがあることもあります

オシャレにエコ

”カワイイは地球を救う”をコンセプトに、プラスチックごみからアクセサリーを作る岐阜県の女性グループを紹介しました。海岸で拾い集めたペットボトルやパイプの破片などを材料に、ピアスやイヤリングなどを作っています。

専門家ゲスト:金森有子さん(国立環境研究所)、真田由美子さん(うちエコ診断士)

ゲスト:鈴木紗理奈さん、内藤大助さん

リポーター:田村直之アナウンサー