3月10日

ハレトケキッチン のんさんが食べる「たけのこ料理」

和・洋・中、気鋭の若手シェフが、持てる技をいかんなく発揮して、自慢のごちそうをゲストに披露する「ハレトケキッチン」。今回は、暖冬により豊作が期待される春の食材「たけのこ」。ゲストにはのんさんをお迎えしました。
日本料理は、和のたけのこ料理の代表格「若竹煮」。プロならではの下処理方法で、おいしさを最大限に引き出したたけのこに、だしのうまみをしみ込ませます。
中国料理は「たけのことうるいの干炒(ガンチャオ)」。干炒(ガンチャオ)は、カラリと炒める四川の代表的な料理法。たけのこと山菜のうるいに、干しえびを加えて「食べたことのない」たけのこのうまさを味わわせてくれます。
フレンチのシェフがお届けするのは「たけのこのリゾット」。たけのこの香りを移したフォンでお米を煮詰め、そして最後にチーズとたけのこのソテーを添えれば、春の香りが口の中いっぱいに広がる一品に。
メイン料理に添えるサイドメニューは、日本料理が「山菜ごはん」、中国料理が「春野菜の中華風おひたし」、フレンチは「春キャベツのピクルス」。
ゲストコーナーではのんさんが「第2のふるさと」と呼ぶ「久慈」の思い出の味もご紹介しました。

若竹煮

印刷用ページ

たけのこのアク抜き

印刷用ページ

山菜ごはん

印刷用ページ

たけのことうるいの干炒(ガンチャオ)

印刷用ページ

春野菜の中華風おひたし

印刷用ページ

たけのこのリゾット

印刷用ページ

春キャベツのピクルス

印刷用ページ

専門家ゲスト:篠原武将さん(日本料理店・店主)、山野辺仁さん(中国料理店・店主)、秋元さくらさん(フランス料理店・オーナーシェフ)

ゲスト:のんさん