4月13日

「首の筋肉」リンパマッサージ

むくみやすい顔や首周り。実は首のコリが顔のむくみを生み出してるかもしれません。中でも首の筋肉・「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」の近くには、むくみの原因となるリンパ管が集まっています。リンパは体内の老廃物を回収する役割があり、そのため胸鎖乳突筋がこるとリンパの流れが滞り、顔や首がむくみにつながるといいます。そんな顔や首のむくみを解消するリンパマッサージを、鍼・きゅう・あん摩マッサージ指圧師の渡辺佳子さんに教えてもらいました。

顔のむくみを解消・リンパマッサージ

STEP1 ふくらはぎをほぐす

まずは全身のリンパの流れをよくするために、「ふくらはぎ」をほぐします。
ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれ、ふくらはぎをほぐすことで全身の流れを改善し、首のリンパの流れをよくします。

~やり方~
足の先からひざの裏まで、手のひらをふくらはぎに密着させ交互にさすります。
約1分間、こりが深い方は3分間行います。

ポイント
リンパ管には弁があるため、足先から体の中心に向かってさすります。手に力は入れず、体を起こす力を使いましょう。

STEP2 鎖骨をほぐす

鎖骨の周りは顔や首のリンパの出口となる部分。ほぐすことで、さらに顔のリンパが流れやすくなります。

~やり方~
肩に手を置き、4本の指で鎖骨の上を端から端までさすります。
約1分間、こりが深い方は3分間行います。

ポイント
手を密着させ、肩からしっかりさすりましょう。

STEP3 胸鎖乳突筋をほぐす

胸鎖乳突筋に沿ってリンパ管が通っているため、胸鎖乳突筋のコリをほぐすと、顔のむくみが解消されます。

~やり方~
4本の指を使い胸鎖乳突筋に沿って、耳の後ろから鎖骨に向かってさすります。
もう片方の手で耳の下からまっすぐおろしてさすります。
約1分間、こりが深い方は3分間行います。

ポイント
力を入れすぎず、手の重みを利用してさすります。

注意点
首からリンパマッサージを行うとのぼせやすいので、ふくらはぎから順番にさすること

肩コリも解消!中斜角筋ストレッチ

多くの方が悩む「肩コリ」。実は首の筋肉が肩のコリを生み出す場合があるんです。
その筋肉は首の側面に走る「中斜角筋」。中斜角筋のコリを改善すれば、肩コリの改善も期待できるんです。鍼・きゅう・あん摩マッサージ指圧師の粕谷大智さん(東大病院リハビリテーション部)に、中斜角筋のこりに効果的なストレッチを教えてもらいました。

【中斜角筋のストレッチ】
※首に痛みがでない範囲で行ってください

  1. 姿勢を正し、片手の甲を背中につけます。
  2. あごを引き、後ろに置いた手と反対側に首を真横に倒します。
このとき息を吐きながら3秒かけてゆっくり倒し、3秒かけてゆっくり戻します。
1回につき3往復、首がこっていると感じたときに行ってください。

このほかにも、目の疲れに有効な運動や、頭痛やめまいの改善が期待できるストレッチをあさイチのホームページで公開中
ホームページ:https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/200408/1.html

VTRゲスト:渡辺佳子さん(鍼・きゅう・あん摩マッサージ指圧師/経絡リンパマッサージ協会代表理事)

リポーター:中川安奈アナウンサー