5月15日

プレミアムトーク 本村あゆみ

未知の感染症が広がっているのではないか・・・、こうしたことに、いち早く気づくことができるのが「法医学」。なぜその人が亡くなったのか死因を究明し、科学的検証をする医学です。法医学者は、ことし4月現在で、日本に144人。その一人、国際医療福祉大学で活躍する医師の本村あゆみさんをお迎えしました。解剖室など、めったに目にすることのできない法医学者の職場も、本村さんご自身が撮影、興味深い仕事の実際を話していただきました。身元不明の遺体も扱う法医学者は、常に感染症の危険と隣り合わせ。新型コロナウイルスの感染拡大に思うことも聞きました。
医学部4年生の時に法医学を志した本村さん。「病気やケガを治す」のではなく「なぜ死んだのかを解明していく科学」と知り、自分の発想にはなかった人の身体の見方に興味を持ちました。「死因究明には未来につながる大きな意義がある。いま生きている人にできる限りのことを還元することで、亡くなった方の人生をきっちり締めくくるお手伝いができれば」という本村さんに、死因究明の大切さを伺いました。さらに、二人の子どもの母親でもある本村さんのユニークな素顔も紹介しました。

ゲスト:本村あゆみさん(法医学者 国際医療福祉大学)
VTRゲスト:本村友一さん(救命救急医)、岩瀬博太郎さん(法医学者 千葉大学)