9月14日(火) 一覧へ戻る

豚肉の串焼き

シリワン・ピタウェイさん(タイ料理研究家)

タイの屋台で人気の定番料理「豚肉の串焼き」を、バンコク出身のシリワン・ピタウェイさんが直伝。豚肩ロース肉を、パクチーやにんにく、そしてナムプラーなどタイの調味料で作ったタレに漬け込み、串に刺してフライパンで焼き上げます。本場のタイ料理をご家庭で!

材料・2人分

  • 豚肩ロース肉(しょうが焼き用)200グラム
  • 白こしょう(粒)小さじ4分の1
  • にんにく2かけ
  • パクチー(根と根元5センチ/小口切り)1株分
  • 三温糖大さじ2
  • ナムプラー大さじ1
  • オイスターソース大さじ2分の1
  • 二つまみ
  • 牛乳50ミリリットル
  • レモン汁大さじ1
  • ナムプラー大さじ1
  • 三温糖小さじ1
  • 赤とうがらし(粗びき)小さじ2分の1
  • パクチー(茎・葉/小口切り)2本分
  • きゅうり1本
  • サラダ油小さじ2

作り方

  1. 豚肉は幅3センチ、長さ5センチに切る。
  2. Aをめん棒などでよくつぶしてボウルに移し、(1)、Bを加え、よく混ぜてもみ込む。最低3時間から一晩冷蔵庫におく。
  3. 串に(2)を縦長方向に、波を打つように2~3枚ずつ刺す。フライパンにサラダ油を熱し、串に刺した肉を並べ、中火で両面、それぞれ約3分間ずつ焼く。
  4. ボウルでCを混ぜ合わせる。
  5. きゅうりは花形に飾り切りするなど食べやすい大きさに切る。
  6. 皿に(3)を盛りつけ、(4)と(5)をそれぞれ器に入れて添える。(タイのもち米と合わせて食べるのがおすすめ)