発達障害プロジェクト

みんなで作る発達障害のトリセツ

  • ▼みなさんからの困り事・対処法
  • 投稿数
3件
  • 当事者の困りごと・対処法

    • No.3
      過集中と注意散漫で仕事がはかどりません。最近になって、原因が発達障害特有の神経過敏にあることがわかりました。私の対処法は、絵や文字を書くなどの時、小指と薬指の間をくの字になるほど大きく開けることで、手の神経に意識をロックさせることです。理由はわかりませんが、人さし指の微細な震えが止まり、目の前のものに集中出来ます。それと腸活でデトックスすることも大変効果的かと思います。腸内環境と腎臓・尿管の排泄系が正常化されると癇癪を起こさなくなります。
      (絵描き3 男性30代 青森 当事者)
    • No.2
      ひとつの物事に夢中になると、疲れ果てるまで続けることがあり、翌日ぐったりしたりします。睡眠にも影響が出ることもあります。主治医には、決まった時間で物事を区切る様に言われていて、心掛けています。例えば、気になることや、嫌だと感じたことなどは、夕飯の後は考えない、などです。
      (ひじき 女性30代 東京都 当事者)
  • もっと読む↓
  • とじる ↑
0件
  • 周囲・家族との対処法

  • とじる ↑
1件
  • 当事者から周囲への要望

    • No.1
      私はADDで、周りに対する注意力がなく、一点に集中してしまいがちです。道を歩いている時、他のものに気を取られている時に、不意にあった方に挨拶されていることに気づかず、スルーしてしまうことが多々あります。ADHDやADDがボーッとしてたり、挨拶や返事を返さない時は、気づいてないと思ってください。決して無視しているわけではありません。次会った時、普通に接してあげてください。
      (むみむみ 女性30代 東京都 当事者)
  • とじる ↑
あなたの困りごと・対処法をお寄せください。
トリセツJへの投稿はこちら

発達障害のある人の中には、注意の散漫さがある一方で、短期的にものすごい集中力を発揮したり、自分の興味関心が強い特定の物事に時間を忘れるほど没頭したりといった、いわゆる「過集中」状態になりやすい人もいます。過集中を仕事や創作活動などに活かすことができれば高い生産性を発揮するなど、良い面もありますが、一方で過集中が切れた際に一気に疲れが来てしまったり、他の活動や仕事との切り替えができず不都合が起こってしまうこともあります。

集中しすぎる

対策としては、適度な休憩を入れられるようにスケジュール化してアラームやタイマーを使ったり、周囲の人たちに声かけを依頼したりしておくこと。また、集中する環境と休息する環境を変えること、自分に合った切り替えやクールダウンの行動パターンを工夫すること、集中した後は十分な休息を取れるように、普段からあまり仕事や予定を詰め込みすぎないようにルールを決めておくこと、などが考えられます。