発達障害プロジェクト

みんなで作る発達障害のトリセツ

  • ▼みなさんからの困り事・対処法
  • 投稿数
23件
  • 当事者の困りごと・対処法

    • No.23
      苦いもの、刺激のあるものが苦手です。歯磨き粉は子供用の低刺激のものを使用しています。それとシャンプーやボディーソープ等、前置き無く匂いが変わると、混乱して使えません。前もって覚悟しているといつもと違うものでも耐えられますし、混乱せずにすみます。
      (あき 無回答20代 広島 当事者)
    • No.22
      百貨店の中などに入っている食べ物の匂いや、化粧品の匂いで苦手なものがあります。水道水が臭くて歯磨きをすることも、うがいをすることも出来ません。汗の匂いやたばこの匂い、排気ガスの匂い、地下鉄構内やお店の中でのトイレ臭も苦手です。気持ちが悪くなります。なるべく匂いから遠ざかるくらいしか今のところ対処できません。
      (ぴんく 女性40代 福岡 当事者)
    • No.21
      弾力のある食べ物の食感が本当に苦手です。弾力のある肉・魚・貝類は味が大丈夫でも、噛みきれないから飲み込むタイミングがわからないから食べられない。こんにゃくなどはいくら噛んでも固体感があって、弾力が残っていてしんどい。できるだけ食べないようにしています。将来、人付き合いで食事に行かなければならなくなるのが怖いです。
      (ななまるちゃん 女性10代 東京都 当事者)
    • No.20
      洗濯洗剤など、とにかくにおいのするものは気持ち悪くなって吐きそうになります。特にラベンダーがダメです。家の洗剤は、無香料の石けんに変えました。シャンプーも石けんにしました。バリウムは鼻から入れるやり方にしてもらいました。
      (ちよこ 女性50代 静岡 当事者)
    • No.19
      31歳の時に発達障害とわかりました。嗅覚・味覚過敏があり、バリウムを飲む胃のエックス線検査が受けられません。健康診断の項目に入っていてもエックス線の項目だけキャンセルしてしまいます。将来、もし胃の病気になった時に、検査が受けられるか不安です。
      (みー 女性30代 愛知 当事者)
    • No.18
      家のなかで姉がヘアスプレーを使ったり、学校で体育の後にみんなが制汗剤を使ったりすると、いろんな匂いが混ざって気持ち悪くなったり、頭が痛くなったりします。学校の場合、教室から出たり、タオルで鼻を塞いだりしてしのぎますが、家だと、玄関から出て30分くらい外にいます。換気扇を回してなんとか家に入れるくらいです。
      (さくら 女性10代 愛知 当事者)
    • No.17
      私は幼児期、偏食がひどく、食べられるものが少なくて、母も祖母もどうやって食べさせようか悩んでいたそうです。そのためか、小学1年生ぐらいまで体が弱く、一時期は病弱児の養護学校に転校させる案もあったそうです。小学2年生頃から食べられるものが増え、それとともに体も強くなりました。対処法は、特に大人になってからですが、少しずつ食べてみて、それから量を増やしてみる、というものです。大人になってもレパートリーが増える可能性は大有りですよ!
      (一二三 男性40代 長崎 当事者)
    • No.16
      臭いや味に過敏です。決まった飲み物、食べ物しか食べれません。外食も決まった場所しか行けません。なので自宅で調理します。微妙な調整が可能な顆粒の出汁、練ってある中華スープを使います。
      (一生 男性30代 岐阜 当事者)
    • No.15
      子供の頃から弁当は匂いが混ざりあって食べられなかった。学校の給食でも八宝菜などの具材が混ざっているのも食べられなかった。どうしても弁当を食べなければならない時は、ご飯とおかずを一品ずつタッパーに分けてもらっていた。
      (ヒロ 男性40代 岐阜 当事者)
    • No.14
      味覚や色彩感覚が人とずれているのか、友人が美味しいというものを「のどに貼り付く感じがして吐きそうになる」と感じたり、綺麗と言われる色の組み合わせが気持ち悪かったりします。個性と言われればそれまでですが、食事の時に気を使うので、疲れてしまいます。味よりも食感や温度にこだわっているようで、どうすれば皆と同じものを美味しく食べられるようになるのかを困っています。
      (HARE 女性20代 山梨 当事者)
    • No.13
      塩素の臭い、シンナーの臭い、ソラマメをゆでる臭い、学生の頃は学校での和紙を作る時の臭いなどが苦手で吐き気がすごくします。対処法はマスクをしたり、できるだけ近づかないようにすること、家では私がいないときや、違う部屋にいるときに作業してもらうようにしています。
      (マロン 女性20代 東京都 当事者)
    • No.12
      化粧品売り場や女性専用車両がダメ。百貨店の1階に設けられていることが多い化粧品売り場が辛いです。親に連れられて百貨店に行くと、息を止めて走り抜けていました。今でも鼻で息ができません。化粧をするときも、臭いのないものを選んでいます。化粧品売り場だけでなく、混んでいる女性専用車両もきびしいものがあります。
      (じゅん 女性40代 茨城 当事者)
    • No.11
      匂いに敏感で、特に犬を飼っている人は、ダメです。臭くて臭くて、それにより、頭痛がしたり、イライラしたりしますので、なるべく離れたり、避けたりを心掛けています。
      (桃太郎 女性50代 新潟 当事者)
    • No.10
      各種感覚過敏を持っています。特に酷いのが嗅覚で、香水や芳香剤、香料入りの洗剤、柔軟剤でも嘔吐します。公共交通機関の臭いもダメで、電車やバスの中の人の臭い・車体自体の臭い(残留洗浄剤など)に耐えられず、移動はほぼ自家用車。周囲の方には、化学物質過敏症と伝えています。
      (ふぅ 女性40代 大阪府 当事者)
    • No.9
      味覚過敏で、食べられない物が多いのですが、嫌いとか苦手じゃなくて食べられないのです。無理矢理食べさせられると、出しちゃうので、食べられません。不登校になってコンビニのおにぎりかサンドイッチしか食べられなくなったので強制的に食べさせるのは意味がありません。しばらく自分の食べたい物しか食べなくなりました。そうしたら、3年後にはいろいろと食べられる物が増えてきました。
      (宇宙 女性10代 福井 当事者)
    • No.8
      子供の頃から食べられないものが、いまだにある。外食の時は、ワンパターンになるが、好きなメニューをいつも注文することで対応している。自宅では、家族と別メニューの、自分の食べられる物を食べる。気分が悪くなったり、具合がわるくなるよりはと思い、好きな物を食べるようにしている。
      (睦月七草さん 女性40代 大阪 当事者)
    • No.7
      ビル内の窓がない場所にある空間で仕事をしているので、換気が出来ないんですね。なので、人が部屋を出た後は、季節問わず、備え付けられている扇風機を回します。これでだいぶ変わります。
      (にしむーさん 男性30代 石川 当事者)
    • No.6
      特定の香水が苦手で、嗅ぐと頭痛がする。対処法はその場から離れる、ガムを噛む、マスクをする等。そして、自分でそのことに気がついてから接客業は避けるようになった。
      (鴨子31さん 女性30代 愛知 当事者)
    • No.5
      タバコや香水のニオイで気分が悪くなったり咳が出てしまう。また、最近流行りのフレグランス洗剤や柔軟剤も同様の症状が出るので、人ごみや電車の中が辛い。外出時にはマスクが欠かせない(ハンカチで口を押さえると角が立つが、マスクならごまかせるので)。
      (ピーちゃんさん 女性 20代 埼玉 当事者)
    • No.4
      タバコの臭いが劇的にダメで、ショックで倒れてしまうことがある。「タバコの臭いがする場所に行くと、救急車を呼ぶ必要が出てくる可能性が非常に高い」と伝えている。
      (男性30代 当事者)
  • もっと読む↓
  • とじる ↑
19件
  • 周囲・家族との対処法

    • No.19
      私の息子は秋になると必ず1〜2ヶ月ご飯を受けいれなくなります。2年前に耳鼻科へ行ったところ慢性鼻炎、蓄膿になりかけていることがわかりました。自閉症の息子は鼻の症状が上手く伝えられず、まずいご飯を食べていたかもしれません。不思議と今では多動も落ち着いている気がします。それから耳鼻科へは定期的に通い、診てもらっています。
      (すずらん 女性40代 静岡 当事者の家族・親族)
    • No.18
      息子が自閉症、ADHDです。触覚、味覚が過敏で食べられるものが極端に少なくて困っていました。妻は栄養相談などあちこちに相談しましたが、最終的には「お母さんの工夫が足りない」と言われて凹んで帰ってきていました。最終的にウチでは「お菓子でも何でもいいから食べたらOK!」ということにし、息子に無理強いをしないようにしました。今は小学5年生になり、学校の給食や友達の影響もあり、自分で挑戦しています。
      (お母さんを責めないで 男性50代 大阪府 当事者の家族・親族)
    • No.17
      せんべいは食べられるのに、ウィンナーの皮がかたくて食べられないと言って必ず剥いて食べる。初めて見る食べ物は震えて食べられない。でも初めてのものでも食べられる事がある。など、私には理解出来ない感覚があるみたいです。でも受け入れて無理に食べさせないなど対策をしています。
      (あおママ 女性20代 北海道 当事者の家族・親族)
    • No.16
      自閉症スペクトラムの3歳男児。過度の偏食で食べられるもののほうが少ないですが、その食べられる物も成長するに連れて食べられなくなることもあります。もともと食べられる物が少ないので親としては困って焦り、前食べられたんだから食べなさいと言いたくなりますが成長とともに感覚が今まで気づけなかった苦手に気づいているということらしいので無理強いせずただいつでもチャレンジはできるようお皿には載せています。
      (ゆり 女性30代 愛知 当事者の家族・親族)
    • No.15
      小1の娘。給食の牛乳が飲めません。チーズ、ヨーグルトはむしろ好きな方ですが、牛乳は吐いてしまいます。日本の学校はとにかくみんなと同じようにしよう、好き嫌いをなくそう、頑張ろう、の一方向性。泣いて頑張る我が子に、そこまでして頑張る必要があるのか自問自答の日々です。栄養的には大丈夫なのだから、飲まなくて良いよと言ってあげたい。でも、ダメな母親というレッテルが怖くて、娘に結局頑張れとしか言えない。
      (もも 女性40代 東京都 当事者の家族・親族)
    • No.14
      とにかく匂いに敏感なのでデパ地下等には行けません。対処法としては自分の安心するハンドタオルにラベンダーのアロマをたらして、ずっと口にあてています。
      (夢璃愛 女性50代 神奈川 当事者の家族・親族)
    • No.13
      3歳の息子は初めての物は基本食べられない食わず嫌い。決まった食べ物を好み、嫌いな物は皿に乗っていることも、許せない。栄養が偏って痩せてしまっても、食べることが出来ない。スモールステップで、自分の皿にのせておく。一口舐めることから始め、好きな物に微量ずつ混ぜて、本人が気づかず食べている時に、すかさず食べられた事を褒めたりする。3ヶ月で初めてのものでも一口食べて見るまでに成長。
      (ゆーママ 女性30代 埼玉 当事者の家族・親族)
    • No.12
      偏食が障害と関係あると分かるまでは無理やり食べせようとしていました為、娘にとっては「食事=苦痛」だったと思います。幸いなことに、幼稚園から大学の現在までお弁当なので食べられない物は当たり前のように残したり、今では私も入れないようにしています。また、本人が偏食を恥ずかしいと思っていないので、友人との外食でも平気で気負うことが無い様です。
      (大福 女性40代 東京都 当事者の家族・親族)
    • No.11
      タバコの臭いがたまらなく嫌。日頃はほとんどにおいを感じ取ることができません。百合の花等とても好い匂いがしていると妻が言っても全く感じ取れませんし、おいしい料理の香りも感じ取れません。しかし、タバコだけは、自分を中心に半径10数mの距離感でも感じ取れます。車で窓を閉めて走行中でさえも、信号待ちで徐行中に隣の車線を走っている車で喫煙している臭いさえ感じ取ってしまいます。
      (ロングビーチ 男性70代 熊本 その他・周囲の方)
    • No.10
      幼稚園の時は、お弁当が3年間同じオカズとご飯でした。小学生の時は、給食が食べられず、おにぎりを持たせました。中学生現在、おにぎりを毎日持って行きますが、食べられる給食が増え、おにぎりを持ち帰るようになりました。食べられないのは、わがままと思われがちですが、偏食を持っている本人たちにとっては、給食時間が1番辛い時間だといつも言っています。学校側と話し合いをして、対応をしています。
      (ジラフ 女性40代 東京都 当事者の家族・親族)
    • No.9
      小一の息子がASDです。特定の食べ物(大きめのかぼちゃ、きゅうりなど)を口に入れると、嘔吐反射があり、もどしてしまいます。家では、食べやすい大きさに切ったり、他の食べられるようになった野菜で栄養を取るようにしています。学校の給食は、食べる前に自分で食べられない物を取り除いていいことになっています。
      (ASDの長男をもつ母 女性30代 宮崎 当事者の家族・親族)
    • No.8
      食感の感覚過敏で単体の食材しか食べられないので、学校給食がほとんど食べられなった。給食で食べた物は白米、焼き魚、食パン、牛乳程度。給食の完食を求める小中学校には偏食を理解してもらえなかったので、アレルギーで食べられないと説明した。給食のメニューをチェックし、食べられない物ばかりの場合は米飯を持参させた。
      (クワトロの母 女性40代 静岡 当事者の家族・親族)
    • No.7
      カレーやシチュー、煮物、味噌汁。息子は食べられないものがどんどん増えてきています。ドロドロしたものが食べられません。フォローとして、野菜などが足りない場合はサラダや野菜炒めを副菜で用意します。もしくは野菜ジュースなど。
      (yuzyu 女性40代 東京都 当事者の家族・親族)
    • No.6
      自閉症スペクラム、ADHDと診断された7才の子がいます。初めて食べるものは嫌がることが多い気がしますので、無理強いはせず、本人のタイミングを見計らって食べさせてみたりしてます。親と一緒に食べるのも大事みたいで、「やったね!出来たね!」という言葉かけでポジティブに持っていって成功体験を積ませてあげてみてください。お医者さんの「別にそれを無理に食べなくっても他で栄養は取れます。」でだいぶ吹っ切れました。
      (ちゅんちゅんママ 女性30代 福岡 当事者の家族・親族)
    • No.5
      3歳の自閉症スペクトラム障害の息子は、嗅覚が過敏で、緑色の野菜や、芝生の匂いがダメです。匂いが消えるように、調理を工夫したり、好きなものだけを食べるようにさせています。
      (ぴあん 女性40代 佐賀 当事者の家族・親族)
    • No.4
      小1の息子が偏食です。今まで何をしても食べられる物が増えなくて悩んできました。でも、「それが本人の幸せかどうか」を私も考えるようになってからは前向きに考えられるようになりました。息子が食べられるものを作って、時には工夫をし、楽しく笑って過ごせる食事の時間を作るように今は心がけています。「食」にとらわれすぎず、私が笑顔でご飯を食べていることが、息子の偏食を改善できる一つの手段と思っています。
      (なおこう 女性30代 千葉 当事者の家族・親族)
    • No.3
      5歳の息子は非障害の自閉スペクトラムと診断され、味覚過敏があるとわかりました。味覚過敏は、単に味に繊細であるというのとは違い本人にしかわからない味の感覚で、体調によっても変化すると言われています。それがワガママだと判断されてしまうこともあります。絶対に無理に食べさせてはいけないとドクターから言われました。外食も偏食とは違い味覚過敏だと告げると持ち込みできることが多くなりました。
      (サリー 女性40代 神奈川 当事者の家族・親族)
    • No.2
      発達障害LDの子の親です。現在小6の男の子です。臭気が敏感なようです。3歳頃、動物園に行ったとき、臭くてすぐ帰ってきたことがあります。小学1年生の遠足で動物園に行ったときもダメでした。靴屋さんもゴムの匂いがキツイらしく入れない靴屋さんがあります。車の消臭剤も苦手なようです。対処法は、長い時間無理していないように協力しています。マスクはいつもバックに入れています。
      (しい 女性40代 宮城 当事者の家族・親族)
    • No.1
      学校へも「臭い」と言って行かない。担任には色々過敏なことを伝え、学校自体がうるさくて臭くて辛い場所だと伝えた。
      (女性50代 当事者の家族)
  • とじる ↑
8件
  • 当事者から周囲への要望

    • No.8
      最近、コンビニや図書館でコーヒーの匂いが余りにもキツくて耐えられません。特にお腹が空いている時はお腹が痛くなり吐き気がします。カフェなら仕方ないので近寄りませんが図書館でコーヒーサービスとかほんとにやめて欲しいです。
      (みんと 女性40代 兵庫 当事者)
    • No.7
      私は子供の頃から嫌いな食べ物が多いです。一番嫌いだったのが牛乳でした。匂いを嗅ぐだけで気持ち悪くなります。本人が「食べたくない」と言っている時は本人の気持ちを尊重してほしいのです。叱ったり、食べるのをすすめたり、無理やり食べさせようとしないで下さい。いつか本人が食べる気になったら、その時には応援してあげてほしいのです。私は年を重ねて食べれるものが少しずつ増えました。
      (りんこ 女性20代 東京都 当事者)
    • No.6
      カフェなどで、カップに油性ペンで文字や絵を描いてくれるところがありますが、それが苦手な人がいることを知ってほしい。油性ペンが滲んで、飲み物に溶け出している気がしてしまうのです。
      (そるん 男性10代 福井 当事者)
    • No.5
      息子は、自閉スペクトラムです。偏食がとにかく大変で、1番困るのが、飲み薬です。シールタイプのお薬の種類をもっと増やして欲しい。
      (ひさちゃん 女性40代 兵庫 当事者の家族・親族)
    • No.4
      味が沢山混ざるのが嫌です。無意識に同じものばかり食べますから、栄養のバランスが悪くなるのは間違いないです。栄養療法がもっと、進んで欲しい。
      (Mrs.GAGA 女性30代 宮崎 当事者)
    • No.3
      臭いの強いものは食べられない。ニンニクやキムチや香辛料は、嗜好品なので好き嫌いがある。職場や旅館、登山の際の食事には持ってこないでほしい。
      (犬の鼻 女性50代 東京都 当事者)
    • No.2
      臭いの強いもので鼻が痛くなる。芳香剤や柔軟剤など、いた所に臭いが強いものがたくさんあって、辛いです。自宅には香りの少ない洗剤や、芳香剤を置かないことで生活できていますが、世の中が香りブームで、子供の給食袋など外部から持ち込まれるものから発する臭いで吐きそうになります。企業側でも対策を取ってほしいと思います。
      (にこぽんさん 女性30代 広島 当事者)
    • No.1
      特定の食べ物の食感(インゲンやカボチャの皮、ナスの皮などが歯とこすれてキュッという音がする)が嫌で食べられない。全身の毛が逆立ち、すっと血が引くような感覚に陥る。苦みを通常より強く感じていたり、痛みを感じることもある。そういったものは、単なる好き嫌いではなく、無理に食べようとするととてもストレスになるということを理解してほしい。
      (如月虹さん 女性30代 和歌山 当事者)
  • とじる ↑
あなたの困りごと・対処法をお寄せください。
トリセツJへの投稿はこちら

発達障害のある人の中には、嗅覚・味覚に過敏性や鈍麻のあるケースがあります。

嗅覚過敏は、特定の臭いが苦手で、そこに近づくこともできなくなります。

味覚過敏は、普通の「好き嫌い」とは違い、口の中の感覚が過敏であるため、特定の食べ物を口に入れることもできないこともあります。 食べ物によっては、味覚だけでなく、食感に過敏性のある人がいて、パサパサ・ドロドロしたものなど特定の食感が苦手な人もいます。 逆に、嗅覚・味覚が鈍麻なために、特定の味や、臭い、極端に刺激の強いものを好む場合もあります。

臭い
※嗅覚・味覚の過敏性はASD(自閉スペクトラム症)の人に多い特徴です。 ただし、ASDの人の中でも嗅覚・味覚過敏のない人もいます。過敏性があるからといってASDとは限りません。
周囲からはこんな誤解をされている。

事者にとっては、食べたくても、味や匂いの刺激が強すぎたり、食感が苦手で食べられないものが多くあります。
でも周囲からは「我慢が足りない」「わがまま」「親の育て方が悪い」などと責められたり、無理に食べさせられたりすることもあります。

チカチカ

一部の食わず嫌いについては、成長にともなってある程度改善することもありますが、単に叱ったり諭したりすることでは解決しません。
また、食べることを強要されると苦手意識がより強くなり、食事自体もつらくなることがあります。