発達障害プロジェクト

みんなで作る発達障害のトリセツ

  • ▼みなさんからの困り事・対処法
  • 投稿数
62件
  • 当事者の困りごと・対処法

    • No.62
      物を忘れるので、いつもカバンの入れ替えはせず全部持ち歩いています。なるべくたくさんポケットやしきりのあるかばんとバッグインバッグ、ポーチを利用し、バッグの中のどの辺にあるか、位置も決めておきます。鍵と携帯はなくさないように、ネックストラップをつけることにしています。鍵はかばんにストラップをつなげます。端を引っ張ると、たとえバッグの底の方に沈んでいても引っぱり出せるし、落とす心配もありません。ストラップをかばんから延ばせばつけたまま鍵をかけたりあけたりできますし、鍵をかばんから取り外しても、ひもを首から下げておけばいいので、失くさなくて済み、便利です。
      (むー 女性40代 千葉 当事者)
    • No.61
      とにかく忘れ物が多く、財布やパスケースを忘れて外出してしまうことが多々あったために、とても困っていました。今ではパスケースの中にはお金を、財布には乗車カードを入れておきます。忘れないように努力することも大事ですが、自分は忘れやすいということ想定して、忘れてしまっても大丈夫な状態を作ることも大事かなと思っています。
      (りんご 女性50代 神奈川 当事者)
    • No.60
      カレンダーに、予定が分かり次第書いています。スマホのカレンダーも併用しています。カバンは中に仕切りが多いものを使い、リールキーホルダーに鍵や定期などをくくりつけ固定しています。冷蔵庫にホワイトボードを貼り、買うべきものや足りないものを書いたり、思いついたやるべきことを書いたりして、家族と共有することで忘れ物や忘れ事を防いでいます。
      (さくら 女性30代 宮城 当事者)
    • No.59
      絶対忘れたら困るものはスプリングキーホルダーやカラビナなどで、鞄に付けて外さないことにしています。普段からスケジュール帳と壁掛けカレンダーの2段階記入で対策していますが、それでも保育園の懇談会等を忘れたことがあるため、前日に連絡帳に記載してもらえるようお願いしています。
      (彼方 無回答40代 神奈川 当事者)
    • No.58
      忘れっぽい。自分の場合もいるものは、何でもかんでもカバンに入れています。おかげで、いつも重い鞄を持っています。
      (Hal 男性40代 東京都 当事者)
    • No.57
      自分は、短期記憶が苦手なのか、とても忘れっぽいです。買い物に行くときは、自分宛にメールで買いたいものを送信します。仕事などで忘れちゃいけない時は、周りの人に「俺忘れっぽいから、これの後にこれやるからやってなさそうだったら教えて」と言って、人を活用します。
      (Hal 男性40代 東京都 当事者)
    • No.56
      子どもも私も発達障害です。私は「ADD(注意欠陥障害)」息子は「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」です。2人とも物忘れがひどいので、学校の提出物などが大幅に遅れてしまいます。忘れ物はスマホのカレンダーに書き込んでアラームを鳴らしたり、玄関に忘れたら行けないものを紙に書いて貼り付けたりでだいぶ減りました。
      (しょま 女性20代 埼玉 当事者)
    • No.55
      小さい頃から忘れ物がひどく、周りからはだらしないとたくさん怒られました。私自身も何でこんなに忘れ物をしてしまうのかと悩み、改善したいのに出来ない、そんな状況に苦労しました。私はその経験から二次障害が出ました。今は携帯に予定などを書き込み、何回もアラームが鳴るようにしてます。だいぶ改善されましたがそれでもアラームを止めて忘れてしまう時があります。見た目が普通だからこそ周りからは分かってもらいにくい病気なので辛いです。
      (まな 女性20代 埼玉 当事者)
    • No.54
      時間が経つと言われたことを覚えていられない(何を言っていたのか聞こえにくい、言葉として頭に残りにくい)ので、すぐに手帳やメモ、付箋等に書いています。あと、大事なものは目立つ所に置いて忘れないようにしています。たくさんの事を毎日覚えすぎていて、肝心なことを覚えるのに疲れてしまうので、メモを残しておくと覚えなくて済む分、少し疲れにくくなります。それでも疲れが溜まると思い出せない事も増えてしまうので、薬を飲んで休むようにしています。
      (ゆきうさぎ 女性30代 三重 当事者)
    • No.53
      どこかに行く時に毎回忘れ物をしてしまいます。不注意が多いので本来なら1回で済む用事が2回〜3回になります。どこで何をするのか?何が必要なのか?等細かくメモします。何回も確認します。
      (一生 男性30代 岐阜 当事者)
    • No.52
      言われたことを忘れるのはまだいい方で、どこに切符をしまったのか忘れて改札前でカバンを漁りまくる、鍵をなくしたと思い込んで玄関先で呆然とする(カバンかポケットに持っている)、大事な書類を忘れる、メモするのを忘れる、メモしてもどこにメモしたかを忘れる。忘れたくて忘れているわけでも、どうでもいいと思っているから忘れるわけでもない。忘れたことで一番困っているのは当の本人。
      (☆るり☆ 女性40代 三重 当事者)
    • No.51
      カバンに荷物を詰め過ぎる割に忘れ物やいつまでもごそごそするのが多い。なので、ポケットの多いカバンと複数のポーチで荷物を小分けにする。ポーチもカテゴリ(化粧品、バッテリーとコード、薬等)ごとに 分けて、更にファスナー・ガマ口・巾着等と形状がバラバラの物を使うと探しやすい。モノ自体もなるべく少数精鋭で選り抜き、コンパクトなサイズにする。ただし財布は長財布とかちゃんとしたサイズにしないと、カバンからすぐ出てこなかったり忘れた時に気が付かない事がある。家の鍵には大きかったり触ってすぐ分かるキーホルダーを付ける。
      (すずこ 女性30代 静岡 当事者)
    • No.50
      PCでもスマホでも見られるサービスに、To Doを公私でやることの区別や期限つきで入力したり、スケジュールを予告アラーム付きで数回登録(紙の手帳にも記入)したりしています(それでも日時を間違えたりするけど…)。あと、相手とのやり取りはできるだけメールやLINEでやって、議事録を残しています。
      (すずこ 女性30代 静岡 当事者)
    • No.49
      私はADHDで忘れ物が異常なくらい多いです。自分なりに考えた対処法が簡単な分類だけしてポーチやファイルに入れることです。化粧品は化粧品ポーチに、書類はファイルに、その他で必要なものは化粧品とは違うポーチに入れて持ち歩いています。時と場に応じてカバンを変えることがどうしても出てきてしまう時でもポーチごと移せばちゃんと荷物を持っている状態になれます。ただ、ポーチを忘れる、ポーチに入れ忘れている、なんてこともたまにあるので家に出る前の荷物チェックも重ねて行います
      (鳥のひと 女性10代 静岡 当事者)
    • No.48
      私が高次脳機能障害を患って以降、物忘れをたびたびするようになってしまったので、次の予定が決まりそうな時にはすぐにケータイに打ち込みます。(LDの)書字障害のために、ケータイ電話に打ち込むのですが、「ケータイを操作している姿」は集中していないと見受けられます。。
      (づーしみ 男性20代 東京都 当事者)
    • No.47
      予定や物などを忘れるので、予定の対処法は、手帳とカレンダーのダブル使いで、予定のある日は壁掛けタイプカレンダーの日付に丸印をつけ、印のある日は手帳を開くと決めている。いつもと違う物を持って出ないといけないときは、前の日で玄関に置いて、家を出る時に玄関を見渡すようにしていた。
      (たまちゃん 女性30代 沖縄 当事者)
    • No.46
      大切なものさえ忘れる。家のカギには鈴をつける。スマホ紛失が絶えないので、とてもハデなのケースに入れて、カバンの中で目立つ存在にしている。
      (ワーキングマザー 女性30代 東京都 当事者)
    • No.45
      大事な約束がある日は、その日の朝と、準備を始めなければいけない日時の両方に携帯のアラームをセットする。約束や予定が決まった時にすぐ入れる。そのアラームに自分への指示も入れておく。自分への指示は自分の部屋の行く先々に大きく張り出す。普通の人が行動する一時間前に動くようにする。例えば乗換案内で調べて約束の時間に一時間前に到着するように行動する。不測の事態が起きても、最小限の遅刻で済む可能性が高い。
      (むー 女性40代 千葉 当事者)
    • No.44
      どんなに注意していても落としてしまったときの対処です。忘れ物や落とし物に気づくとショックのあまりにパニックになったり、落ち込み気味になり、何も手につかなくなります。忘れ物や落とし物に気づいた段階ですぐに問い合わせられるように、自分の行動範囲の鉄道・バス・ショッピングセンター・スーパー・病院などの電話番号をスマホに入れ、手帳にも書いています。また、写真があれば、物・色・形・大きさ・ロゴや柄があるかを説明しやすいです。物の内側に名前やマークを書いておくと見つかる確率が上がりました。さらに、行動するルートを決めておくと落としたり、忘れたりした場所が特定しやすくなります。
      (ソルティペッパー 女性30代 神奈川 当事者)
    • No.43
      一瞬でも間が空くと忘れてしまうので、その場で出来ることは済ますようにしています。どうしても間が空く時は、スマートフォンの予定表アプリを使って、時間指定で通知が来るように設定しています。当日持って行く物も登録しておくと、忘れ物も減りました。最近は、リマインダーという、LINEでお知らせしてくれるアプリにとても助けられています。
      (あさと 女性20代 兵庫 当事者)
  • もっと読む↓
  • とじる ↑
15件
  • 周囲・家族との対処法

    • No.15
      小学1年生で自閉症スペクトラムと診断されている息子は、とにかく忘れ物が多いです。登校する時にランドセルもお弁当も持っていない、バイオリン教室に行くのに楽器を持っていかない、など。最近は、ドアに「忘れ物チェックリスト」を貼って、確認させています。
      (しあわせ母ちゃん 女性40代 千葉 当事者の家族・親族)
    • No.14
      忘れものの原因の一つは、物を適当にしまう→どこに入ったかわからなくなる→「持っていくもの」という感覚がなくなる、ということがあると思います。試している方法は、クリアーケースやクリアーポーチのように中身が見えるものにしまうことです。見えなくなるとわからなくなるタイプの人には有効かもしれません。
      (うだ 女性50代 神奈川 当事者の家族・親族)
    • No.13
      特別な支援を必要とする子どもが在籍する学級担任をしています。忘れ物対処、机の中からすぐ出しやすいように、教科書とノートの表紙の下に教科ごとに色分けしたビニールテープを貼り、「こくご」などと書いています。国語の時間には、赤いテープを探します。テープを揃えるようにしまうので、机の中も整理しやすくなりました。
      (いずみ 女性50代 奈良 その他・周囲の方)
    • No.12
      忘れる事の対処法。メモに書く、携帯をフルに使う(カレンダー、アラーム)、片付けはインテリアを好きになることから始め、物の居場所を作るようにする、などの工夫をしました。
      (加奈 女性30代 東京都 当事者の家族・親族)
    • No.11
      自閉症スペクトラム障害のわが娘は、耳で聞き取ったことを記憶することが苦手です。心理士さんや学校の先生によると、書いて示すことで理解しやすくなると聞き、実践しています。娘は私のメモを見るので聞くことが減り、私としては何度も言わずに済むようになってきました。
      (ゆき 女性40代 神奈川 当事者の家族・親族)
    • No.10
      教室移動する際、専用のメッシュケースを用意しました。とりあえず筆箱・教科書など全部入れることにしました。教室を出る際に鉛筆や消しゴムが残ってしまった場合、先生がランドセルのある教室に届けてくださいます。下校時も配布物・知らせなどが入ってるメッシュケースを担任に見せて、枚数を確認していただいています。傘の場合、下校時同級生の声かけもあります。忘れ物がひどい子供は、周りの大人・同級生の協力が必要で、また自分で確認できるような練習・習慣化も必要だと思います。また、親は子供のために積極的に学校と話し合い、必要な手助け・配慮をしていただいて、連携する必要があります。
      (忘れ物子供の母親 女性40代 茨城 当事者の家族・親族)
    • No.9
      物の管理、予定の管理が難しく、同じ日に複数の約束(サークルとバイトなど)をしたり、忘れたり失くすことで同じ物を複数買ってしまうので、何をどこに置くかを一緒に決めて確認をしています。予定に関しては、手帳とスマホに入力した上で私も共有し冷蔵庫に娘専用の予定表を貼り、毎日一緒に確認しています。本人も不安が大きいせいか、新しい予定を入れる時には私に相談をしますが、もう20歳なので少しずつ自己管理出来るよう訓練中です。
      (大福 女性40代 東京都 当事者の家族・親族)
    • No.8
      息子が高機能自閉症×ADHD28歳です。対処1. 先の見通しがつくようにスケジュールを書いて渡す。初めての場所は一緒に行って体験させる。2. 外出の際はあらゆるものをバッグにコイルキーホルダーで落とさないようにする。自宅では置き場所を決めてその場所にラベルを貼る。
      (ぴょん吉母 女性50代 神奈川 当事者の家族・親族)
    • No.7
      私がお付き合いしている女性が発達障害と診断されており、一人暮らしの彼女はよく自宅の燃えるゴミを捨て忘れることがありました。ゴミ出しを忘れたことで始まった問題に対してゴミ出しを忘れても大丈夫なルールを作って対処できた経験から、問題に対してできない点に注目するよりもできそうな点に焦点を当てて一緒に考えることが大切なのだと私は思います。
      (ウギ 男性20代 東京都 その他・周囲の方)
    • No.6
      毎朝慌てて学校へ行く子供たち。当然のように慌てると忘れ物が……我が家では玄関ドアの内側に最終チェックできるよう、持ち物を書いたマグネットを貼っています。持ったら、OKの枠の中にマグネットを移動。出かける寸前に必ず目が行くところなので、今はこれでなんとかなっています。
      (かりん 女性40代 埼玉 当事者の家族・親族)
    • No.5
      ADHDの主人は忘れ物、忘れ事が多い。なので、朝見送る時はいってらっしゃいの前に携帯、財布、鍵を持ったか確認を一緒にする。大事なものは物の住所を決めて、分かりやすい置き場を作っておいている。大切な用事などは、ボードに家族の用事の日付と時間を付箋で張り可視化。終わったら付箋を捨てるように工夫している。これを始めてから主人も私もとても生活しやすい。
      (たつきー 女性30代 栃木 当事者の家族・親族)
    • No.4
      現在大学2年生の娘が忘れ物が多く、怒られ、自分に自信をなくしていました。ふと発達障害のことを知った時に、「あっ娘のことかも……怠慢じゃなくて、頑張ってるけどできないんだ」と理解することで、私の態度を改めました。苦手なことをどうしたらカバーできるか一緒に考えよう。それだけでだいぶ変わりました。できないことを責めるのではなく、自覚し、対処法を一緒に考えていくことが大事だと思います
      (だんぼ 女性50代 秋田 当事者の家族・親族)
    • No.3
      学校から持って帰ってくる物(上靴、体操服、水筒など)をよく忘れてくるので、筆箱の中にメモを貼って対処してます。
      (ひろひろさん 女性40代 大阪府 当事者の家族)
    • No.2
      子どもが学校に提出する物は、専用の派手なクリアファイルに入れています。提出物のある日だけ持たせて、ない日は預かっています。クリアファイルを見たら提出物があると思い出すように。それでも提出するまで、数日かかります。
      (女性40代 当事者の家族)
    • No.1
      日々の予定等を記載したものを見えるところに貼っているが、子どもは、見ること自体を忘れたり、見てから実行に移す過程で忘れたりするので、1つ1つ家族で声掛け確認をしている。子どもが見やすい手帳を自作し、毎週末一緒に1週間分の予定をわかっている範囲で確認しながら記載させる。 学校の持ち物等は、一覧表にまとめ子どもの好みのキャラクターでデコって目を引くようにしている。
      (女性30代 当事者の家族)
  • とじる ↑
2件
  • 当事者から周囲への要望

    • No.2
      小さい頃から人の話や思いついたことをすぐ忘れてしまうので、メモを取るようになってから、人よりも忘れない人間になりました。周りに協力してほしいことは、メモを取らせてほしいことです。バイトで、「メモを取る時間なんてない」と言われ、とても困りました。
      (タカ 男性20代 神奈川 当事者)
    • No.1
      忘れ物や遅刻、失言など失敗をする機会が多くどうしても他の方よりも叱られる場面が多くなってしまいます。元々感情を抑制することが苦手であることと、これまでのトラウマなどが重なって冷静な対処が出来なくなってしまいます。「叱る・怒る・とがめる」よりも「諭す」ような口調で言ってくださると冷静に受け止められると思います。
      (ジョナサンさん 女性20代 埼玉 当事者)
  • とじる ↑
あなたの困りごと・対処法をお寄せください。
トリセツJへの投稿はこちら

発達障害のある人の中には、頻繁に忘れ物をする人がいます。
置いた場所を忘れる、約束を忘れる、人から物を借りていたことも忘れる。
原因は十分に分かっていませんが、注意力などをつかさどる脳の機能の問題だとも言われています。

当事者自身も、忘れ物をしないように心がけているのに、どうして忘れてしまうのか悩んでいます。
周囲からは、「だらしない」「うそつき」など誤解され、「またやってしまった」「自分はだめな人間だ」などと自分を責めてしまう人も多いです。

忘れ物

繰り返し叱られたり、注意されたりしても、注意のしにくさや忘れっぽさ自体はなかなか改善できません。

そこで、スマートフォンのアプリを活用するなどして、必要なことを思い出してチェックする仕組みを日常生活の中で整えたり、周囲の人が一緒に確認する習慣を作ったりするなど、本人の注意集中をサポートする環境調整が大切とされています。