発達障害プロジェクト

みんなで作る発達障害のトリセツ

  • ▼みなさんからの困り事・対処法
  • 投稿数
3件
  • 当事者の困りごと・対処法

    • 片付けが出来ない。友達に物の場所を決めてもらい(ラベルを貼ってもらう)、そこに収納するようにした。ときどき来る「片付けたい衝動」まで待つ。
      (女性50代 当事者)
    • 片づけられず、物事の優先順位をつけるのが苦手で取り掛かるのに時間がかかる。アラームと手帳・メモを多用する、物の置き場を変えない、視覚に訴える(色を目立たせるなど)物を使って忘れてはいけない物・事を管理する。
      (女性40代 当事者)
  • もっと読む↓
  • とじる ↑
0件
  • 周囲・家族との対処法

  • とじる ↑
0件
  • 当事者から周囲への要望

  • とじる ↑
あなたの困りごと・対処法をお寄せください。
トリセツJへの投稿はこちら

発達障害のある人の中には、片付けや整理整頓が極端に苦手な人がいます。
原因はまだ十分に分かっていませんが、脳の実行機能の働きの問題だとも言われています。

周囲から「だらしない」などと責められ続け、自分に自信を失う人も少なくありません。

片付けが苦手

繰り返し叱られたり、注意されたりしても、この特性自体はなかなか改善しません。片付けや整理整頓自体を他の人から見て「きっちり」やることを目的にすると、発達障害のある当事者も辛い思いをしてしまうようです。

本人の日常生活・社会生活に支障が出ないような持ち物管理の方法を考えたり、職場や学校などで他の人に迷惑がかからない範囲での最低限の片付けルールを決めるなどの工夫やサポートが大切とされています。

服をあえて洋服ダンスに入れないことで、部屋がぐちゃぐちゃになるのを防ぐ工夫をした当事者の笹森さん