発達障害プロジェクト

みんなで作る発達障害のトリセツ

  • ▼みなさんからの困り事・対処法
  • 投稿数
8件
  • 当事者の困りごと・対処法

    • No.8
      耳は聞こえているが、テレビで何を言っているか分からないことがよくある。地デジになってから字幕が出るものが増えたので助かっている。しかし、映画は日本語吹き替えで日本語字幕が無いので少し寂しい。普通に話をしていても理解できないことがあり、よく聞き返したり質問したりしている。文字や図などあると理解しやすい。
      (生真面目 女性30代 茨城 当事者)
    • No.7
      物との距離の感覚が鈍くて、机にぶつかったり、つまずいたりすることが多いです。気がついたら腕や足にアザができていることが多々あります。
      (ぼたん 女性20代 埼玉 当事者)
    • No.6
      子どもの頃から肩凝りが酷い。気がついたら凄く力が入っているらしく、医者に行って「力を抜いて」と言われてもなかなか出来ない。距離感を掴みきれず、屈む度にどこかに頭をよくぶつける。「ゆっくりする」のが難しく、起きていると好きなことばかりして疲れをためてしまったりするので、休もうと思ったら布団に入ってごろごろ寝るしかないのが困る。
      (ゆきうさぎ 女性30代 三重 当事者)
    • No.5
      空腹という感覚がなく、お腹が空いたと思うより先に腹痛を起こします。最初は「お腹の調子が悪いのか」と思い、更に食べる量を減らしていました。違うと気づくまでに時間がかかりました。時間を決めて食べるのが1番いいと思います。朝食は8時、昼食は12時という風に。
      (りん 女性10代 大阪府 当事者)
    • No.4
      私が今困っているのは、状況判断が苦手ということです。何をどうしたら良いのかわかればすんなり動けるんですが、それがわからずに立ち止まることが多いです。最近は自分がどういうことがわからなくて困ってしまうのかなんとなくわかってきたので、できる限り質問などするようにしていますが、ここまで来るのに28年かかりました…。
      (あいすみきてぃー 女性20代 東京都 当事者)
    • No.3
      包丁で指を切っても痛みをあまり感じません。採血などの時、痛みをあまり感じないので注射器をじっと見てしまいます。転んだり、どこかで怪我をしても痛みを感じないので気付きません。子どもの頃、バイクが乗っているエレベーターに一緒に乗って排気筒?のところに足がついていたようで、火傷しました。全然気が付きませんでした。出産の時、陣痛が感じられずタイミングが合わせられなかった。
      (順子 女性40代 神奈川 当事者)
    • No.2
      お腹が空いているのかお腹がいっぱいなのか、自分は疲れているのかいないのか、好きなのかそうでないのか、の感覚がわからないため無理をしてしまうことに困ってます。
      (まるさん 女性20代 静岡 当事者)
    • No.1
      空腹という感覚が分かりにくく、体調が悪くなる。対処としては、決まった時間に少しでも食べる。飴やクラッカーを持ち歩いて、気持ち悪くなった時に食べてみる。
      (鴨子31さん 女性30代 愛知 その他・周囲)
  • とじる ↑
2件
  • 周囲・家族との対処法

    • No.2
      好きなものは食べ過ぎて、しんどくなったり、加減がわからないと訴えます。どの辺りがしんどさの限界なのかも、感覚的にわかりにくいようで、我慢をしてしまうことがあります。決まった量の食事を用意したり、バーベキューや中華など、自分で食べる量が決められない場合は、こちらが声かけ(コントロール)して注意を促します。
      (Ako 女性40代 大阪府 当事者の家族・親族)
    • No.1
      当事者の長女を見ていて、明らかに疲れているなとかストレス感じているなと思っても、本人は全くわからない、自覚が無いと言う。休憩するように話すしかない。
      (夢璃愛 女性50代 神奈川 当事者の家族・親族)
  • とじる ↑
1件
  • 当事者から周囲への要望

    • No.1
      自分の気持ちや感情に当てはまる名称がわからず、レポートや感想文が書けません。絵でなら表せるかも、などと提案しても文字以外は許さないといった言葉や空気しか返ってこないので困り果てています。それは本当に文字である必要があるのか、他のものについても絶対にそれである必要はあるのか、考えてほしいです。
      (あっちゃん 女性10代 北海道 当事者)
  • とじる ↑
あなたの困りごと・対処法をお寄せください。
トリセツJへの投稿はこちら

発達障害のある人の中には、特定の感覚が鈍磨であったり、外界や体内から受け取った刺激や情報をまとめ上げるのが難しい人もいます。そのため、「お腹が空いている」という実感が湧きにくかったり、自覚するまでに非常に時間がかかったりすることがあります。

自分の感覚がわからない

他にも、痛みに対しての過敏性や鈍麻がある方もおられます。
疲労については疲労したときの個々の症状、頭痛がしてくる、ふらつく、ボーッとする、ミスが多くなる、などを手かがりにして自覚するようにしたり、空腹では量をあらかじめ決めたりして対処する方もおられます。