発達障害プロジェクト

みんなで作る発達障害のトリセツ

  • ▼みなさんからの困り事・対処法
  • 投稿数
2件
  • 当事者の困りごと・対処法

    • No.2
      お腹が空いているのかお腹がいっぱいなのか、自分は疲れているのかいないのか、好きなのかそうでないのか、の感覚がわからないため無理をしてしまうことに困ってます。
      (まるさん 女性20代 静岡 当事者)
    • No.1
      空腹という感覚が分かりにくく、体調が悪くなる。対処としては、決まった時間に少しでも食べる。飴やクラッカーを持ち歩いて、気持ち悪くなった時に食べてみる。
      (鴨子31さん 女性30代 愛知 その他・周囲)
  • とじる ↑
0件
  • 周囲・家族との対処法

  • とじる ↑
0件
  • 当事者から周囲への要望

  • とじる ↑
あなたの困りごと・対処法をお寄せください。
トリセツJへの投稿はこちら

発達障害のある人の中には、特定の感覚が鈍磨であったり、外界や体内から受け取った刺激や情報をまとめ上げるのが難しい人もいます。そのため、「お腹が空いている」という実感が湧きにくかったり、自覚するまでに非常に時間がかかったりすることがあります。

自分の感覚がわからない

他にも、痛みに対しての過敏性や鈍麻がある方もおられます。
疲労については疲労したときの個々の症状、頭痛がしてくる、ふらつく、ボーッとする、ミスが多くなる、などを手かがりにして自覚するようにしたり、空腹では量をあらかじめ決めたりして対処する方もおられます。