発達障害プロジェクト

みんなで作る発達障害のトリセツ

  • ▼みなさんからの困り事・対処法
  • 投稿数
6件
  • 当事者の困りごと・対処法

    • No.6
      私は話を聞いたり、それをノートに書いたりすることや、文章を読むのが苦手です。臨床心理士さんによるカウンセリングを受け、その内容や、自分がどう困っているのかを両親に伝えましたが、とても軽くあしらわれてしまい、この件に関して両親を信用するのをやめました。私は今、親元を離れ、一人暮らしをし、自分のペースで楽しく大学で勉強しています。
      (八木野 無回答20代 京都府 当事者)
    • No.5
      自分の感情が良く解らないのに、感情を表せないと一緒に暮らしていけないと旦那に言われました。共感しないといつも怒られます。
      (順子 女性40代 神奈川 当事者)
    • No.4
      私は幼少期から発達障害の気があったものの、個性と親が判断して育ちました。病院へ行くとADHDの診断が下りました。私としては、私が悪いのではなくて、脳の根本が人と違うのかという安心でしたが、親からしたら娘が障害者認定されるのが納得いかないようで、一緒に診察へ行ったものの怒って帰ってしまいました。私が生きやすくなるための投薬治療だと気が付いてくれることを祈っています。
      (HulaGirl 女性20代 東京都 当事者)
    • No.3
      近年になって発達障害をメディアで取り上げられる様になって、自分も思う節があって、大人になってから、ADHDの診断を受けました。親に話しても「昔は変わった人、だらしのない人で済まされたじゃない」と言って、理解をしようとはしてくれません。最も近い所に居る家族が理解しない限り、職場・友人に理解を求めるのは厳しい気がします。
      (かせちゃん 女性30代 埼玉 当事者)
    • No.2
      大人になって、二次障害の鬱から発達障害が発覚しました。同居の家族、特に母親に理解してもらえていないようで悲しいです。利用する支援制度の案内の書類をみた母は、「なんか、今まで“普通に”やってこられていたのに、急にレッテル貼られたみたいで、こんな書き方はいや」と言い放ちました。家族にさえもこれだけしか理解されていないとなると、世の人たちにも理解されないのではないかと悲観的になります。
      (幸 女性30代 兵庫 当事者)
    • No.1
      私はADHDとアスペルガーです。最近、やっとの思いで親を説得し、初めて心療内科に行かせてもらいました。先生は私の話をちゃんと聞いてくれました。障害に向き合っていこう、そう思いました。でも、帰りに親から、「お前は心療内科に来てまで障害者になりたいのか」と怒鳴り声で言われてしまいました。私はなりたくてなったわけじゃない。なのにそんなことを言われて、すごく辛かったです。
      (愛美 女性10代 新潟 当事者)
  • とじる ↑
16件
  • 周囲・家族との対処法

    • No.16
      発達障害の息子(小3)の母です。学校生活はとても刺激が多く、息子はいつも精一杯アンテナを張っている分、帰宅後の混乱(ハイテンション)はすごいです。余裕がなかった時は、いつまで喋るんだろう…座って落ち着いておやつでも食べたらいいのに…と思っていましたが、今は息子が話したいことを全部聞くことにしています。こちらから聞きたいことを尋ねるのではなく、息子が話したいことをうなづいて共感することで、少しずつ落ち着きを取り戻してきます。学校に参観に行くと、いっぱいいっぱいの表情で必死についていっている息子を目の当たりにし、せめて家庭ではのびのびと過ごしてほしいと思います。
      (エレファント 女性40代 大阪府 当事者の家族・親族)
    • No.15
      夫と結婚して一緒に暮らすようになって1か月を過ぎた頃から、私は落ち込みが強くなりました。夫と些細な日常会話ができないのです。ありがとう、と言っても「なにが?なんで?」。ごめんね、と言っても「なんで?」。毎日毎回否定され続け、もう話しかけるのが怖くて億劫になってしまいました。普通のコミュニケーションは諦めました。そうでないと、私はおかしくなってしまいそうです。
      (みぃ 女性30代 福岡 当事者の家族・親族)
    • No.14
      夫婦でカフェを始めて4年になります。間違いが非常に多く、本人に改善の工夫を考えてもらっても、同じ間違いを繰り返してしまいます。結婚して14年以上になりお互いの事は分かっている筈ですが、私自身が妻に関して許容量を越えてしまっているように思います。失敗は自分もしますし、完璧は求めませんが、話をするだけで喧嘩に発展する傾向を感じるので、なるべく話もしないように自分がなってきています。
      (むろな 男性40代 愛知 当事者の家族・親族)
    • No.13
      結婚当初から現在まで、苦難の末作り上げた夫の「トリセツ」です。帰宅直後は絶対話しかけない。生活エリアは分け、夫の持ち物には決して触らない・片付けない。服、食事など選ぶ時は選択肢を2つ提示する。見えないと「無い」ことになるので全て見えるように配置する。絶対に謝らない。謝ると「相手が謝罪している」→「ということは相手が悪い」→「じゃあ自分は怒っていい」と判断し、さらに激高するため。相手が切れたらこちらも切れ返す。負けないくらい怒鳴ると意外とシュンとする。自分を守るためなら嘘もつこう。
      (ロビン 女性50代 北海道 当事者の家族・親族)
    • No.12
      発達障害の子供を持つ母親にとって、一番理解して欲しいのはパートナーです。父親は子供の障害を認めたがらない。また自分の両親やパートナーの両親にも、母親の育児がきちんとしていないからだととられやすく、母親は孤立します。父親は母親の声にもっと耳を傾け、母親を支え、その悩みに寄り添う事が必要だと思います。母親が前向きなら、子供も明るく生きられると思います。
      (じゅんまま 女性40代 東京都 当事者の家族・親族)
    • No.11
      小5の女児がアスペルガーです。生まれた時から違和感がありました。最近は家で気に入らない事があって注意をすると、機嫌が悪い場合、我を忘れたように暴言と暴力を振るってきます。朝、学校に送り出すまでも、罵詈雑言や、ルールの通りに進める決め事があり、とても大変で身体が持ちそうにありません。成長して身体が大きくなる子供に恐怖心しか感じません。
      (沙羅 女性50代 兵庫 当事者の家族・親族)
    • No.10
      自閉症スペクトラムと診断された4歳の子供がいます。診断を私と夫、両家の親に伝えました。それぞれネットやテレビなどから知識を得ているようですが、特に夫の親はマイナス面を強く捉えられているなと感じます。発達障害にはいろいろと種類があり、同じ診断を受けた子の中でも、子供によって現れる症状が全く異なるので、ネットの情報よりも目の前に居る子供の事を見てほしいです。
      (そら 女性30代 広島 当事者の家族・親族)
    • No.9
      自閉症の娘(割と重度)の育てている父親です。幼稚園の頃に、普通の子供と比べてできないことを、何気なく要求していました。娘は親の為にやろうと努力して、出来なくて、自傷行為・自家中毒になりました。それからは出来ないのが個性と納得して、できることを伸ばそうと。できることができれば、心底誉めますから、どんどん伸びています。障害のある子供にもプライドがあるのです。
      (K.K 男性50代 神奈川 当事者の家族・親族)
    • No.8
      中学生の息子が、ADHD(注意欠損のみ)と自閉症です。本人への告知方法やタイミングに長く迷いました。お薬を飲み始めた頃は、貧血の薬だよと説明して飲ませていました。常日頃から発達障害について息子がマイナスに受け取らないようにし、告知をしました。息子は、なぜ自分はみんなみたいにできない?と自分を責めなくなって、ハンデとうまく付き合ってやろうと考えられるようになったそうです。
      (にゃお五郎 女性40代 三重 当事者の家族・親族)
    • No.7
      小学校入学前、ひらがな・カタカナを覚えられず、視覚認知に問題があると言われた息子。ゆくゆく勉強は苦手になると思い、大好きなサッカーに磨きをかけ、中三の今でも続け、本人の自信に繋がっています。苦手なことがあれば得意なことが必ずあるはず!そこを伸ばして自分らしく成長させてあげれば良いと思います。案の定、成績はガタガタですが…、毎日イキイキ生活しています!
      (早苗 女性50代 東京都 当事者の家族・親族)
    • No.6
      自閉スペクトラム症の息子。私は試行錯誤しながら、叱らずにできたことを認めるやり方でやっています。しかし、父親は「お前が甘やかすから平気で親を舐めたような態度をとる子になった」と言い、説明してもわかってもらえません。夫を変えようとするより、仕方ないと割り切った方がいいのかな?とは思うのですが、やたらに怒られている息子がかわいそうだし、成長に悪影響ではないか心配です。
      (アンモライト 女性40代 静岡 当事者の家族・親族)
    • No.5
      私の息子は今41歳です。発達障害の言葉も無い一歳の時、児童相談所で、ひたすら子供に沿った接し方で育ててください、と言われました。何かを訴えれば直ぐ相手になってあげる。叱らない。冷静に言葉で言い伝える。これを実行するのは、初めは中々出来ませんが、少しずつ怒ることが少なくなります。他の子と比べてはストレスが溜まるだけです。自分の子供の成長だけ見ていると良いです。
      (ふっくらあざらし 女性60代 京都府 当事者の家族・親族)
    • No.4
      小学生の息子が発達障害。息子の良からぬ行為の数々に中学生の姉は完全に弟が嫌いになっています。私も良からぬ行為を繰り返す息子に嫌悪感を抱くように。もちろん、障害のせいだと頭で理解はするものの、毎日繰り返されるトラブルに限界を感じ、暴言を浴びせる時が増えています。冷静になった時に自己嫌悪になります。でも変えられなくて悩んでいます。
      (じゅんまま 女性40代 東京都 当事者の家族・親族)
    • No.3
      うちの子はアスペルガー症候群。小2で診断。学校での出来事をとにかくなんでも話をさせる。給食の献立、友達とのやりとり、先生の言葉。それに対する本人の意見や気持ちを否定しないでうなずいて聞いてあげると、次の日もまた色々なことを自分から話してくれるようになる。今では高校3年になり、朝晩の駅までの送迎車中は勉強、部活、交友関係の話が止まらないです。肯定してあげることが大事だと思います。
      (キャベツ 女性40代 長野 当事者の家族・親族)
    • No.2
      年長の子供がグレーゾーンです。何回伝えても、同じことを何度も聞いてきたり、こちらは怒っているのに、へらへら笑っていたりして、とてもイライラします。怒っているのに笑うのは、現実逃避のためとカウンセラーの方に言われましたが、悪いことは怒らないといけないし、対応の仕方を悩んでいます。
      (りんご 女性30代 東京都 当事者の家族・親族)
    • No.1
      就学時にアスペルガーと診断され、現在中学2年生の息子への自分の対応に悩んでいます。当時は、診断されたことにある種の安堵と今後の展開、自分たち親ができること、取り組むことを前向きに考え、アスペルガーであることを苦にしない、楽しめさえする子育てを目指してきました。が、思春期突入の頃から、息子の倦怠感、反抗心を受け止めることが難しく、ネガティヴな面につい目が向いてしまい、これまでは二人三脚的な取組みに積極的だった自分が、アレコレ試しても結局は「続かない」「基本変わらない」という現実から「もう知らないよ」と感じてしまう情けなさです。
      (困ったママ 女性50代 海外 当事者の家族・親族)
  • とじる ↑
4件
  • 当事者から周囲への要望

    • No.4
      我が家では私と父方一族に強い発達障害の傾向が見られます。母が私に対し、普通の感覚で真っ当なことを教え、叱り続けたおかげで、私は父のように自分がずれていることも気付かず、そのずれを周りに押し付ける、そんな大人にならずにすみました。発達障害のお子様を抱えているお母様には酷な話ですが、お子様に飲み込まれることなく正しいことを親として教え叱り続けていくことも、お子様との関わり方のひとつだと私は自らの過去から思い感じました。
      (とり 男性20代 神奈川 当事者)
    • No.3
      鬱だと思って精神科にいったところ「発達障害が混じっているかもね」と言われました。初めて自分が今まで抱えてきた生きづらさの正体がわかりました。発達障害と診断されたお子さんをお持ちの親御さん、あなただけでもきちんと理解して、お子さんの一番の味方でいてあげてください。家の中だけでも安心できる環境を作ってあげてください。私みたいに二次障害がきっかけで発達障害と知るより、ずっと生きやすくなると思うから。
      (幸 女性30代 兵庫 当事者)
    • No.2
      ADHD当事者です。結婚して子供が生まれてから診断されました。旦那は理解してくれているとは思いますが、100%理解してもらうのは難しいと痛感しています。対処法は、相手に頼りすぎない。相手に余裕がない時があることを知る。ほんの少しでも出来たことがあれば褒め、あたたかく見守ってもらえたらありがたいです。
      (さくら 女性30代 宮城 当事者)
    • No.1
      ASD当事者。学校でいじめにあったり家で困ったことがあったりして、親に「困っている」と伝えていたが、親には深刻さが伝わっていなかったようで、小さな頃から援助不足だった。「○○で困ってる」と言葉で伝える以外やり方が分からない。親が言うには「あまりにも普通に言うから大したことないのかと思った」とのこと。「困った」や「辛い」「不安」などの単語が出たら丁寧に話を聞いてほしい。
      (シンプル 女性30代 茨城 当事者)
  • とじる ↑
あなたの困りごと・対処法をお寄せください。
トリセツJへの投稿はこちら

発達障害のある人や子ども本人と、保護者や親族の関係では、さまざまなコミュニケーション上の困りごとが発生しやすい傾向があります。
保護者が子どもの特性や行動の理由、対処法がわからず悩むだけでなく、夫婦・パートナー間での子育てに対する考え方が違う、舅・姑や親戚などから子どもの発達障害を理解してもらえない…など親族同士のすれ違いによる悩みも少なくありません。

親子・家族関係の困りごと

夫婦・パートナーのうち片方に発達障害があるゆえにコミュニケーションがうまく取れず、もう片方のパートナーが「カサンドラ症候群」と呼ばれる二次障害に悩まされるケースもあります。

また、発達障害のある本人も、自分の保護者やパートナーに自分の特性や感じ方・考え方をうまく説明できず悩んでいたり、子どもの頃を振り返って「本当は当時、こうしてほしかった」という思いを抱えていたりします。

親子・家族関係の困りごとについて、みなさんの体験談やご意見、対処法をお寄せください。