発達障害プロジェクト

みんなで作る発達障害のトリセツ

  • ▼みなさんからの困り事・対処法
  • 投稿数
8件
  • 当事者の困りごと・対処法

    • No.8
      私は、小学4年生のときに自閉症スペクトラムと診断されました。中学生になりましたが、まだ爪を噛んでしまって怒られたり、近くの高速道路を見ていると怒られたり、未だに理解されません。それに、言葉の意味が分からず、言葉手帳をいつも持っています。人の多いところでよく泣き、自分でも分からず先生に怒られたりします。自然学校では、急に晴れて頭や目が痛くなり、保健の先生に「そんなん生きておられへん」と言われました。それで、不登校を考えたこともありました。理解してほしいです。
      (歴史大好き女子 女性10代 兵庫 当事者)
    • No.7
      僕は小学生で発達障害を持っています。それと特別支援学級にも入っています。でもほとんどは普通学級にいてうまくやれている「つもり」です。一部のクラスメイトには「何故支援学級にいるの」と、聞かれて普通と思ってくれている人がいることに気付きすごく安心しました。でもそれに対して嫌じゃないけど親や先生などの指摘が少し辛いです。でも改善点が見つけることができるからいいと思います。クラスメイトとちょっと言い合いになることがあります。でも悪い人じゃない時もあり、罪悪感に追われることがあります。そうなると辛くなり、後悔することがあります。でもいろいろなことがあっても僕は辛いことを全て話せる味方がいてかなり楽になります。だから僕は辛いことを全て話せる人を作ることが重要だってことを知ってもらいたいです。
      (rento 男性10代 岡山 当事者)
  • もっと読む↓
  • とじる ↑
36件
  • 周囲・家族との対処法

    • No.36
      当事者への直接的なアプローチのみならず、当事者を取り巻く家庭環境を整える工夫も必要ですね。核家族化、地域との繋がり希薄化や、社会も文化も多様に変化する中で、上手く相談出来ず困難を1人で抱え込んで更に問題が発展してしまうケースが少なくありません。同じ悩みを抱える親や関係者、支援者の団体とネットワークを作るのも良いですが、充分で無い場合は、ペアレントメンターやペアレントトレーニングを受けてみるのも有効と思われます。
      (yukapoco 女性50代 東京都 当事者の家族・親族)
    • No.35
      発達障害のある子どもの母です。困りごとはアスペルガーが強くなってきていること。対処は、幼稚園に加配をつけて友達への叩く行為をひきはなしています。
      (あき 女性30代 神奈川 当事者の家族・親族)
  • もっと読む↓
  • とじる ↑
11件
  • 当事者から周囲への要望

    • No.11
      元から人間関係を築くのが下手な私は、どうしていいかわからないので本を読んだり情報を集めたりしていますが、みんなにではなくていいから、自分の気持ちを正直に理解がありそうな子に言える場面が欲しいです。高校のときもひとりぼっちだったので、もうひとりぼっちでいるという選択肢はないです。
      (ちょこ 女性10代 千葉 当事者)
    • No.10
      障害のことは担任にも伝えてあるが担任に発達障害の知識がない。担任に発達障害の本を読んでもらったり、「不登校にならないように、クラスのみんなからバカにされないようにくれぐれもお願いしたい」と言ったりしたのに、全く理解してくれていない。それまでずっと「どうして他の子は出来るのにあなたは出来ないの」と怒り続けて、本人はすっかり自尊感情が低くなって、「どうせぼくは何をやってもダメなんだ、早く死んだ方がいいんだ」というようになってしまったので、家族はまず褒めるように努力しているが、今まで怒られて育っているので、褒められても素直に受け取らない。どうせ〇〇でしょうと疑ってくる。もっともっと発達障害をみんなに理解してほしい。特に学校の先生はもっと正しい知識を勉強してほしい。みんなと同じに出来ない子がいることを知ってほしいと切実に思います。
      (いっしー 女性40代 福島 当事者の家族・親族)
  • もっと読む↓
  • とじる ↑
あなたの困りごと・対処法をお寄せください。
トリセツJへの投稿はこちら

集団行動や、複数とのコミュニケーションが求められる学校生活では、発達障害のある当事者にとって悩ましいことが多くあります。

本人にとっては自分の感じたこと、考えたことを率直に発言したり行動に移したりしているだけなのに、周囲からは「空気が読めない」「不謹慎だ」などと言われて批判されてしまうこともしばしば。

学校での困りごと

また、「努力すれば、みんなができるようになるはず」という考え方は、ときに、発達障害の人を苦しめることにもなるようです。