発達障害プロジェクト

みんなで作る発達障害のトリセツ

  • ▼みなさんからの困り事・対処法
  • 投稿数
14件
  • 当事者の困りごと・対処法

    • No.14
      以前、障害者雇用で採用してもらった際は、特性や配慮してほしいことを細かく伝えましたが、大きな会社だったせいかどうやら配属先にはその内容がきちんと伝わっていなかったらしく、「簡単なことしかできない」などと誤解されてしまうことが多々あり、配属先が個人情報を扱う部署だったため、ジョブコーチを入れることもできず、結局1年ほどしか続きませんでした。いま働いている会社は一般雇用ですが、面接の時に障害者手帳だけ見せて病名や細かいことは伝えず、試用期間が終わり正式契約する際に社長に「実は…」と病名を初めて伝えました。後出しじゃんけんのようで後ろめたい気持ちでしたが、先に仕事ぶりを見てもらっていたからか、社長は「女性であろうが障害者であろうがウチは関係なく評価する。配慮が必要ならその都度言ってほしい。」と言ってくれました。その後、一緒に仕事をする上司や先輩にも障害のことを伝えましたが、必要な配慮をしてもらっているおかげで2年以上経った今も仕事を続けることができています。
      (ニャンちゃん 女性20代 沖縄 当事者)
    • No.13
      実際に発達障害をカミングアウトしようにも、認知していない人がまだまだ多数なので、何がどう影響するのか等々、懇切丁寧に話さないと納得してもらえない。また、仕事上、得意先にカミングアウトした場合、悪影響を及ぼす(取引が無くなる等)恐れもあるので、言いたくても言えない。親しい友人に話したとしても、果たしてどこまで理解してもらえるか解らないし、悪ふざけされるのではないか、という不安もある。
      (イト 男性40代 茨城 当事者)
  • もっと読む↓
  • とじる ↑
6件
  • 周囲・家族との対処法

    • No.6
      ざわついた中で誰かに集中して声を聞き取ることが難しいようなので、集団生活の場では指導に当たる大人に注意を払ってもらえるよう、障害のことを細かく説明して対応をお願いした。小学校へ入学してからは、余計な情報を入れないということも含め、先生の話を聞き漏らすことがないよう、席替えの際は常に前の方の席になるようお願いしている。
      (一進一退さん 女性40代 東京都 当事者の家族)
    • No.5
      子供は忘れ物大王。本当は、先生に全て連絡事はノート等に書いてほしいのですが。忘れたことを忘れるというレベルで忘れるということ…私も理解が難しいことなので、本当は先生にフォローしてもらいたいのですが、細かい事なので、申し訳なくて伝えられません
      (かおるれろさん 女性50代 兵庫 当事者の家族)
  • もっと読む↓
  • とじる ↑
1件
  • 当事者から周囲への要望

    • No.1
      職場にどう伝えるか。発達障害と診断されて日にちが経たない内に上司に伝えました。「ケアレスミスが多い」「すぐに混乱してしまう」「忘れっぽい」等の状態の私に何度か注意をしていた上司も「そうだったのか。」と納得してくれました。その後、理解が出来ずに困っている時には上司が話し方を変えてくれたりと、こちらが理解が出来るよう配慮をしてくれました。もちろん報告するだけで全てが良い方向には行きませんが、発達障害の症状が理解されないまま今の職場を辞めたくない、上司だけでなく他のメンバーとの人間関係も悪化させたくないのであれば、うつなどの二次疾患に繋がらないためにも、上司に報告することは非常に有効だと思います。
      (まっさー 女性30代 兵庫 当事者)
  • とじる ↑
あなたの困りごと・対処法をお寄せください。
トリセツJへの投稿はこちら

当事者や家族にとっては、発達障害を学校や職場に伝えるべきか、どう伝え、どんな配慮を求めるか。

周囲の人は、それをどう受け止め、対応するか。

悩ましい問題です。

職場でのコミュニケーション

発達障害について周囲の人に伝える際には、どの程度の情報を、どの範囲の人たちに開示するのか。
また、その情報を学校や会社の仕事でどのように活用してもらうのか、といった点を考慮する必要があります。

会社の場合、いきなり職場全体に開示するのではなく、まずは直接の上司など、信頼できる一部の人に開示し、その後どのようにしていくかの相談していくのが安全だと言われています。

一般的には、当事者本人だけでカミングアウトするのではなく、ジョブコーチや家族に間に立ってもらい、支援を受けるのが有効とされています。

職場でのコミュニケーション

困りごとや必要な配慮を、本人に代わり、わかりやすく説明してもらったり、本人と学校・会社との間での約束事を文書にして合意したりといった、「コミュニケーションの仲介役」になってもらうケースが多いようです。