発達障害プロジェクト

みんなで作る発達障害のトリセツ

  • ▼みなさんからの困り事・対処法
  • 投稿数
9件
  • 当事者の困りごと・対処法

    • 仕事などで安易にカミングアウトできないなというのが正直な気持ちである。でも、配慮のない本当に辛い状況まで頑張ると、二次障害が確実に起きることが分かっているので、より働きやすい仕事を探すか、カウンセラーや上司に相談して理解・配慮を求めるなどしないと、このまま黙って働き続けるのは難しいなと感じている。
      (女性30代 当事者)
    • まだ「発達障害がある」ということを職場で伝えただけです。でも、今までいろんな迷惑をかけて、どちらかといえば、「迷惑な人」という目で見られているので、何に困っているのか、どんな配慮をして欲しいのかといったことを、なかなか話せないでいる。
      (女性50代 当事者)
  • もっと読む↓
  • とじる ↑
4件
  • 周囲・家族との対処法

    • 教師にはありのままに伝えた。家族には、障がい名でなく、何に困っているか、また何故そのような行動をとるのか(脳の機能障害でわざとではない、という具合)、本人が理解しやすい伝え方についてお願いする形で配慮を求めた。
      (女性40代 当事者の家族)
    • 挨拶も出来ないし会話も成り立たない、予期せぬ行動をとるなどと、学校にかなり迷惑をかけることはわかっているので、あらかじめ先生に「小さなことでも良いので気になったら、すぐに教えてください」と伝えた。配慮は、その行動ごとに違うので毎回連絡を下さいと伝え、常時連絡を取り合った。中学の担任の先生がとても協力的で最初にクラス全員と懇談会で保護者の方に説明してくださり、皆さんに理解してもらいようにお願いしてくれた。ことあるごとにクラスの子に子どもの特性(その時により状態が変わるので、普通になったり、出来なかったりするのを出来ないふりをしてるととられることもある)を説明して下さった。すると、子どもが困っているのを察してくれる子がたくさん出てきて、何か起こるとすぐに助けてくれたり、先生を呼んでくれたり、トラブルを起こしても子どもの気持ちを代弁し仲介してくれるようになった。言葉にするのが苦手な子なので、怒らず丁寧にクラスメートが説明してくれ、話を聞いてくれている。物を落としても、自分のだけ拾い相手のを落としたまま行ったりしても、クラスメートが「あれも当たって落としたから拾わないといけないんだよ」と優しく教えてくれる。一度「お前の頭はどうなってるんだ!?」と言われたことがあるが、クラスメートが説明をし、庇ってくれ、言う方がおかしいと数人が言ってくれたという話も先生から聞いた。担任の先生が教科担任全てに子どもの特性を伝え、更に困ったことが起きると必ず間に入ってくれ、解決してくれている。
      (女性40代 当事者の家族)
  • もっと読む↓
  • とじる ↑
0件
  • 当事者から周囲への要望

  • とじる ↑
あなたの困りごと・対処法をお寄せください。
トリセツJへの投稿はこちら

当事者や家族にとっては、発達障害を学校や職場に伝えるべきか、どう伝え、どんな配慮を求めるか。

周囲の人は、それをどう受け止め、対応するか。

悩ましい問題です。

職場でのコミュニケーション

発達障害について周囲の人に伝える際には、どの程度の情報を、どの範囲の人たちに開示するのか。
また、その情報を学校や会社の仕事でどのように活用してもらうのか、といった点を考慮する必要があります。

会社の場合、いきなり職場全体に開示するのではなく、まずは直接の上司など、信頼できる一部の人に開示し、その後どのようにしていくかの相談していくのが安全だと言われています。

一般的には、当事者本人だけでカミングアウトするのではなく、ジョブコーチや家族に間に立ってもらい、支援を受けるのが有効とされています。

職場でのコミュニケーション

困りごとや必要な配慮を、本人に代わり、わかりやすく説明してもらったり、本人と学校・会社との間での約束事を文書にして合意したりといった、「コミュニケーションの仲介役」になってもらうケースが多いようです。