これまでのR

テーマ


近年、ツイッター・ライン・フェイスブックといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は私たちの生活になくてはならないコミュニケーションツールとなりました。
そんなSNSのとっておきの魅力や隠れた落とし穴などをたっぷりご紹介!!


STEP1.SNSの落とし穴

SNSは会ったことのない人とでも話をすることができる楽しいツール。
しかしそれは、常に危険と隣り合わせだということも覚えておいてください。

■自分の居場所がバレちゃう!?
ツイッターやフェイスブックに、写真つきの投稿をすることはもはや常識。
「これから映画みるよ~☆」なんて、映画館でポップコーンの写メを撮って、それをSNS上に載せちゃったことあるんじゃないですか?
ここで覚えておかなければいけないこと!!
ズバリ!携帯電話やスマートフォンで撮影した写真には位置情報がつくものがあるって知ってた??位置情報のついた写真をそのままSNS上にUP。映画館を出たあなたを待っていたのは・・・。おそろしや・・・。
写真を投稿するときは、位置情報がついていないことを事前にしっかりチェックしよう!
■なりすましにご用心!
インターネット上では、会話をしている相手の顔を見ることができません。
つまり、容易にその相手と会うことは非常に危険な行為なんですよ!中年男性が女子高生にだってなれてしまう世界だということを忘れないで!
とは言え、仲良くなった趣味の合う相手とは、直接会いたくもなるもの。そんなときは、複数の人数で会うとか、ラインを使って話してみるとか、本当に信用できる相手なのかをしっかり確認してから慎重に行動しよう!

STEP2.SNSの使い分け

■ツイッター
140文字以内の短い投稿(ツイート)を入力して、みんなで共有するサービス。
基本的に世界中の不特定多数の人に向けて発信するツール。そのため個人情報の扱いには特に注意が必要。
■フェイスブック
世界で10億人が利用している世界最大のSNS。
実名での登録が基本で、年齢制限があり12才以下は登録できない。
■ライン
中高生の間で急速に広がっているインスタントメッセンジャーアプリ。
チャットや通話の機能を始め、今年の夏にはSNS機能も加わった。

上記3つのSNSが、現在の日本で最も利用者数の多いSNS。
自分の投稿が公開される範囲をそれぞれのSNSごとに変えて、対する相手によってSNSを使い分けるなんてことは、今の中高生にとっては常識なんだそう。

STEP3.SNSの楽しみ方

SNSの楽しみ方をご紹介!
(1)話題のbot!
“bot”という、ロボットが自動的につぶやいてくれるシステムがあるのを知ってましたか?アニメに出てくる名言や歌詞のワンフレーズなど、アカウントにちなんだ事柄を決まった時間にエンドレスでツイートし続けてくれるんです!「誰をフォローすればいいのかわからない…」っていう人は、まずは人気のbotを探してみるのもいいんじゃない?アリスいちおしのbotは『萌えるシチュエーションbot』だそうです。萌へた~い!!☆
(2)こんなツイートに気をつけて!
ツイッターは140字以内でツイートするから、手軽な半面、思わぬ誤解を招いちゃうことも!
不特定多数の人に向けて公開されているってことを忘れずに、「読んだ人がどう思うのか?」を意識して書き込むことも大切。もちろん楽しむことは大前提だけど、マナーや気配りも心がけよう!

STEP4.SNSのお悩み解決

SNSについてのお悩みで最も多かったのが、
【絡みたくない人から友だち申請されたときの断り方】
フェイスブック上で顔も見たことのない相手から友だち申請されることなんて日常茶飯事。どう対処すればいいのって思ってない?そんなときは、放置するのが一番!承認も拒否もせずにとことん放置しましょう!しょせんはネットの世界です。あまり深く考えすぎないで。これが、あまり親しくないクラスメイトからの場合も同じ。学校で「なんで承認してくれないの?」と言われたら「見てなかった」「忘れてた」と、いつまでも誤魔化してやりましょう!それから仲良くなれば、そのときに快く承認すればいいのです。

■特別付録

依存症チェック!
SNSはケイタイやスマホでいつでも誰かとつながれる魅力的なツールですが、魅力的だからこそ、それに依存しすぎてしまうこともあると言う。 依存がひどくなると、学力低下や体調不良に陥ることも・・
そこで!
あなたは大丈夫!?依存チェック!
以下の項目で、自分に当てはまるものがないかチェックしてみよう!
ケータイ(スマホ含む。以下も同様)を忘れると遅刻してでも取りに戻る
ながらケータイをしている(食事、風呂など)
授業中でもケータイが気になる
ケータイが鳴っていなくても鳴っていると錯覚する
ケータイ以外に楽しいことがない
リアル友だちより、ネット友だちの方が多い
ファミレスなどで友だちといてもずっとケータイをいじっている
一日のほとんどをケータイをいじって過ごす
ケータイがないと不安になる
ケータイをいじっていて失敗したことがある(遅刻、人間関係など)
【解説】
チェック項目のうち、1つあてはまってもプチ依存の傾向にあると言えます
ですが、チェックすることで自分がどのように依存しているのか「気付き」改められるのであれば、問題ありません。
でも・・・
●5~7個 当てはまった人は
リアルよりケイタイ・スマホを優先した生活であることが考えられます。
さらに「友だちや家族との関係」「時間の使い方」「自分の性格」が使う前と変わってきていると感じていたらキケン信号です。
●8~10個 当てはまった人は・・・
もはやケイタイ・スマホに支配されている?!
自分で情報端末(ケイタイ・スマホ)をコントロールできなくなっている可能性があるので要注意!

依存がひどくなると、学力低下や体調不良に陥ったり、リアルな友だちや家族とのコミュニケーションがうまくいかなくなるなどのトラブルが・・・。(場合によっては専門医にかかる必要がでてくることも・・・)
また多くの時間を無駄にしてしまい取り返しがつかなくなってしまうこともあります。
(※学生がチェックした場合の解説です。社会人の場合は学生と異なります。)

【対処法】
依存かもしれない・・と思ったら?こんな方法を試してみてね!
*ケイタイ・スマホを利用する時間帯を決め、友だち・家族に宣告しておく。
例「○○時~○○時はケイタイ使わないから返信できないよ~(勉強するから)」など宣告。
*自分なりのルールを決める
例「夜寝るときにベッドに持ち込まない」「使いすぎた翌日は『休ケイタイ』の日にして電源をOFFにする」など
※守れなかったときのペナルティも作っておく方が効果的。
*自分のなかで大事な物を意識して優先する。
家族・友だち・勉強・遊び・自分の時間など大事な物を意識してそれより上にケイタイが来ないように注意する。
*利用時間・内容を記録する。
自分が使っている時間帯や使った内容を記録し、自分が無駄にした時間を目視する。
*生活リズムをつける
夜はしっかり寝ることも重要。生活のリズムをつけてメリハリのある生活を送ろう!


【高校生へのメッセージ】
ケイタイから顔をあげて、周囲を見回してみて。君たちは失ってはならない大事なもの(家族、友だち、時間、自分自身、思い出、未来の夢、希望、好きな人など)に包まれて生きています。
自分の居場所がリアルにあってこそ、ネットが楽しいのです。
ケイタイ・スマホ(ネット)は私たちの生活を豊かにするツールのひとつにすぎません。
依存して大事な物を一つでも自分の人生から失うことのないように上手に利用してね!
【「依存症チェック」監修】エンジェルズアイズ 遠藤美季


どうですか?勉強になりましたか?
SNSは、顔も名前も知らなかった相手とつながることのできる最強のツールです。
極論ですが、これひとつで全世界の人とつながることだって夢じゃありません。
けれど、使い方を間違えると、自分だけでなく家族や友だちを傷つけてしまうことが。
インターネットの世界は、リアルの世界があるからこそ楽しめるもの。
自分が存在しているのは、リアルでしかないのです。
楽しく使って、あなたも明日からSNS達人になっちゃいましょう!