これまでのR

テーマ



男子が気になる女子のむだ毛は!?

第1位 わき毛
第2位 すね毛
第3位 鼻毛
第4位 ひげ
第5位 うで毛
第6位 太ももの毛

正しいむだ毛の処理方法☆

今回指導をしてくれたのは、皮膚科医の友利新先生。
<カミソリで剃る時のポイント>

●剃る時は、シェービングクリームを。
(せっけんでもOKだが、“泡立てる”ことが大切)

●剃る方向は、毛の流れにそって剃る。
●剃った後は、必ず保湿を。(化粧水やクリームなどをぬる)

<毛抜きで抜く時のポイント>
●抜く前には肌を温める。(お風呂の後もOK)
●抜いた後は冷やす。

Q.抜くのと剃るのはどっちがいいの?

A.基本的には、どちらも肌に負担をかけている。
でも、どちらかと言われたら、剃る方が負担が少ない。毛を抜くことは毛の細胞を引きちぎることになり、毛穴の中で炎症を起こす可能性がある。とはいえ、肌が荒れない人であれば、毛を抜く方法でも大丈夫。
そして、剃ることも炎症を起こす可能性があるので、保湿などケアをすることが大事。


Q.毛って剃ったら濃くなるの?

A.濃くなることはない。ただ、10代は徐々に毛が生えそろう成長の時期。去年までは薄かったけれど、今年は濃いのだとしたら、それは剃っていたからではなく、大人の体になっているため。


Q.人より毛深い気がする。薄くはならないの?

A.遺伝的に濃い人は難しい。


Q.毛が生えてくるのが早い!遅くならないの?

A.基本的には遅くすることは出来ない。
でも、運動をやっている人は、比較的毛が生えてくるのが早い。これは新陳代謝が良くなっているため。運動をやめて新陳代謝が悪くなると、生えてくるのも遅くなるかもしれない。


<友利先生のクリニック情報>
表参道スキンクリニック
東京都渋谷区神宮前5-9-13喜多重ビル4F
TEL:03-5464-0780 FAX:03-3400-6007

先輩に聞く 脱毛アンケート☆

番組では、20代~30代の脱毛経験者にアンケートを実施。(20代~30代女性100人)



脱毛の基礎知識

脱毛ができるお店には様々な種類がある。でも、基本は大きく2種類。
医療機関と、エステティック・サロンの脱毛がある。
  医療機関(クリニック)
<レーザー脱毛>
エステティック・サロン
<美容ライト脱毛>
○皮膚にあてる
光線の強さ
強い 弱い
○価格 高め 安め
○効果 半永久的に脱毛する 徐々に減毛していく
○脱毛期間
(両ワキの場合)
脱毛が完了する期間は個人差が大きく難しいが、一般的に医療機関では「1年~2年」を目安としている 「毛が減ってきた」と感じるまでの期間は個人によって様々であるが、2~3カ月おきに定期的に脱毛する
○安全対策 やけどなどの肌トラブルが起きたら、お医者さんが行っているので治療をしてくれる やけどが起きないよう安全な方法で脱毛を行っている

○美容ライト脱毛に関する安全対策(業界の取り組み)

エステティック業界でより安全な美容ライト脱毛を提供するため、日本エステティック振興協議会では、以下の「業界統一美容ライト脱毛制度」を制定している。

(1)美容ライト脱毛自主基準
エステティック業統一自主基準に則り、「美容ライト脱毛自主基準」を制定している。

(2)機器の安全性
「美容ライト脱毛機器適合審査制度」に対応した機器を用いる。

(3)施術の安全性
エステティック全般に関する基礎教育、および美容ライト脱毛に関する専門的な教育を受け、かつ「美容ライト脱毛安全講習会」を受講したエステティシャンが施術を行う。
また、「認定美容ライト脱毛エステティシャン講習会」を新設し、認定美容ライト脱毛エステティシャン資格制度を設ける。(2014年春頃開始予定)


・日本エステティック振興協議会(美容ライト脱毛について)


○永久脱毛

すべて脱毛したい場合は、現在一部のエステティックサロンで行われている美容電気脱毛という選択肢もある。永久脱毛法として確立している美容電気脱毛は、FDA(米国食品医薬品局)が、その安全性と有効性からPermanent Hair Removal(パーマネント ヘア リムーバブル=永久脱毛)として認めている脱毛法である。

FDA(米国食品医薬品局)

Q.まだ高校生だけど、脱毛しても大丈夫?

A.火傷のリスクをのぞけば、10代だからといって、特段不安に考える必要は無い。
ただし、(明確な基準はないが)思春期は体も毛も成長途中なので、せっかく脱毛しても生えてくる可能性が高い。だから、20歳前後ではじめる人が多い。


<脱毛の情報提供>
○医療機関の脱毛について → 皮膚科医の友利新先生(正しい処理方法と同上)
○エステ・サロンの脱毛について → 日本スキン・エステティック協会

「むだ毛スペシャル」はいかがでしたか?
夏に向けて、ぜひ参考にしてくださいね♪