> NHK Rの法則 | これまでのR
R’s会員番号: さん
これまでのR

テーマ



今回Rの法則は「体感型謎解きゲーム」 文化祭におすすめ!東大の謎解き制作集団がスタジオに登場!
Rsたちが挑戦した謎解きを紹介しながら、体感型謎解きゲームの作り方を伝授!

体感型謎解きゲームの重要ポイント(1)
「ストーリー設定」

体感型謎解きゲームの魅力、それは演じるように謎を解いていくこと。
その理由を、精神科医の名越先生は…
参加した人それぞれが、自分の妄想や想像力をふくらませることができる!


体感型謎解きゲームの重要ポイント(2)
「役割を決める」

ゲームでは、ストーリーに基づき,謎解きを進行するために、 様々な役割の人物が登場するが、今回のゲームでは3つの役割が!
(1)ゲームマスター。
ゲームの内容やストーリーを説明し全体の進行を統括する。
(2)案内役。
それぞれのチームに1人付き添い時には問題のヒントも出す。

そして番組では、クイズとなった役割が!
それは…
(3)「門番」
門番は、答えが合っているのかどうかを確認し、次のステージへ向かう許可を与える


体感型謎解きゲームの重要ポイント(3)
「謎を作る」

今回の体感型謎解きゲームにはこんな問題が
ABCの3つの問題を解き、文章にすると 次のステップへ進めるというもの。

まずAの問題は

xからwの図形の角度を分度器で測り半円に合わせる。
その角度に書かれた文字を読んでいくとある言葉になる
この問題は、下見の時に黒板用の大きな「分度器」を見つけたことから考えついた謎!
角度を測って出てきた答えは…「タリナイ」。

Bの問題はクロスワードパズル。
パズルを解いていき赤いマスに入る4つの文字を並べるとある言葉になる。
教室中に散りばめられたヒント、集めていくと・・・
ちなみに教室中に貼ってあったヒントは東大生が当日の朝に作成したもの

パソコンで印刷したものを使うことで、見やすく、大量に作ることができるそう!
そのとき文字のフォントなども工夫するとさらに雰囲気がでるんだとか。
最後のCの問題はこちら

この図形はいったいなに?
ちなみにスタジオでは隠されていたヒントは「右手で半分隠せ」
このヒントと合わせて考えてみると・・・
正解は「ミギ」

こうして「文字を鏡に映したようにして図形にする」方法は このサークルでもよく使われるテクニックだそう

ここまで出た答えをまとめると
これは一体どういうことなのか?
実はこの教室にある机の配置がヒント!
ところどころ机がたりない…しかしそこを探しても何もない!
そして、答えは・・・
Bの謎だったクロスワードパズルの空白マスと、たりない机の配置が同じ!
そこで、クロスワードの空白マスの右を読むと「リカシツ」
そう、答えは理科室だった!

このように前に使った謎やアイテムを、さりげなく次の謎に利用すると 参加者の驚き度がアップ!

すべての謎を解いて、でてきたキーワードを門番につげたらこのステージはクリア!
門番から理科室の入室許可証をもらって次のステージへ向かう

この教室で作られた謎を作るにはこんなポイントが!
現地にあるものを使って、独特な問題を作る。独特なストーリーを作る
というのが体感型謎解きゲームを盛り上げる重要ポイント!


ちなみにクロスワードパズルのヒントを作るコツは・・・

できるだけわかりやすいヒントを心がける。
あまり聞かないような単語はできるだけ使わない!

次の謎を解くステージは「理科室」!
ここでは2チームが同じ部屋で問題を解く。
相手の様子が分かることで、焦りや競争心がかきたてられるのだそう。
また、ステージが進むごとに難易度がアップするように謎を作るのがポイント!


番組で紹介した理科室で解いた謎がこれ!
ある法則にしたがって並んでいる平仮名。
1番から4番に入る文字を繋げるとある言葉になる。それは一体?
スペシャルヒントは、この法則は、たてではなく、ヨコでもなく、
◯◯◯に読む!さあ、答えよ!

正解は
「斜めに読む」!すると…
左上からあいうえお順になっている。という事で、
1番から4番まで文字を並べると、「て、い、く、う」に。

ほかの3つの謎を解いて得られた3つのキーワード
問題1「タイセキ」
問題3「サザンカ」
問題4「ゼイニク」
キーワードにはそれぞれ図のような色分けと
組み合わせ方があった
合計4つのキーワードを組み合わせると・・・

そう、「タイイクカンニイケ!」

教室のときと同じく体育館の入室許可証をもらい 最後の謎解きステージを目指す!

ここで、放送ではお見せしていない理科室の残りの謎をご紹介!
まずは鏡文字を使った謎。
この謎のヒントがこちら!
それぞれ結ぶと線になるので、全部書いてみると、答えが浮かび上がる。
文字はすべて鏡文字なので、反転すると…
ということで、正解は「タイセキ」!

次の謎はこちら!
これは、90度傾けることで読めるようになる問題。
この用紙を90度傾けてみよう。
アルファベットとして読める!
正解は「サザンカ」

最後の謎がこちら!
左の四角を見ると、なにやら記号が書いてある。記号は合計6個。
ヒントとなるひらがなの文字列は、6行で構成されていることに気づけば、 各行がそれぞれの記号に対応していると分かる。
それを、右側にある四角のように組換えてみると
このような文字列に!太った人のおなかの余分なお肉…ということで
正解は「ゼイニク」

ちなみに理科室の問題のような言葉を並べ替える問題を作るコツは

まずは作り出したい言葉を書き出し、 そこから使えそうな単語を必死に探す。
どうしてもできなければ、並べ替えのルールを新たに作ってしまう。

最終ステージの体育館には参加者を焦らせる
あるアイテムを使った演出が!それは・・・


体感型謎解きゲームの重要ポイント(4)
「効果音楽」

佐々木代表は、体感ゲーム用のオリジナルの効果音楽まで作っていた

精神科医の名越先生によると

このようなゲームの中で時計の音を効果的に聞かせると 不安感をあおるなど、人の心理をコントロールできるという

時間ぎりぎりとなる最終ステージなどでは、 こうした「時計の音」を聞かせると効果的!


そして体育館最後の謎は

今回のゲームのストーリーは、「失われていた大切なものが復活する」というもの。
大切なものはこの宝箱の中にあるはず!だが、宝箱を開けるには ダイヤル式のカギの3桁の数字が必要だ。
そして、Rsたちに渡されたヒントは
そこで体育館を見渡すと…体育館には左右に7枚ずつ窓が。
そのうち光のさし込む窓は左右2枚ずつ。
実はここで重要な役割を果たすのが
先程教室と理科室で門番から受け取った入室許可証。
これを裏かえしてみてみると…
そう、体育館の地図が。光の差し込む窓の位置と
文字を照らし合わせればすぐ分かるハズ!
しかし、なにか変。そう、このカード、光の差し込む場所を
いくら読んでも単語にはならないのだ。これは一体なぜ?
そこで持っていたお互いのカードを入れ替え色を合わせると…ご覧の通り。
それぞれ「マンテン」、「ケイサツ」という単語になった!

ここからカギの番号を割り出す!
男子チームはケイサツで110番、女子チームはマンテンで100番
宝箱の中から出て来た紙切れの文字を合わせると…

そう、答えは「絆」(きずな)

このゲーム、最初は争っていた男女のチームが、
最後は協力しなければ解けない謎が用意されていた。

このように途中で入手したアイテムが全く別の役割を果たしたり、 ストーリーの最後で、それまでの設定を一気にひっくり返すような 展開を設定することで、参加者に大きな驚きと満足感が!!

この謎解きゲームについて脳科学者の澤口教授に聞くと…
あ!分かったみたいな、その瞬間に(記憶をする)扁桃体が活性化する事が分かっていて、感情的にもいい体験。最後の場面では「やったー」と言って 皆で抱き合うなど、これでまた脳的には協調性も鍛えられるという。
実際に体を動かし、人と一緒にやるゲームはテレビゲームでは得られない良い影響を脳に与えるという。一方このゲーム、参加者だけでなく作り手側にも効果があるだとか

精神科医の名越先生によると


「全部設定を決めてその通りにゲームのプレイヤーを動かしたい 全部私の想定内であなたたちは動いていただけなんですよ
手のひらの上であなたたちは踊っていただけなんです
(謎解きゲームの)作り手にはこういう快感がある!」

謎を考えるのはムズカシイ!でも、やり遂げたときには、参加者以上の快感が!
文化祭などでやる場合では、教室1つなど小規模にしてOK。
今回のゲームに使われた問題も実は全て義務教育レベル
中学校卒業程度の学力で解ける問題だった。
今回の謎に出てきたような「鏡文字」、「クロスワード」、「回転」や その場にあるアイテムを利用した謎を工夫してみよう!

最後の体育館で用意された謎にも作り方にこんなコツが

体育館というステージで、何か使えるものがないか探す。
それは床面だったり、窓際だったりと、何気なく見かけているものだけれど、
注意深く観察すると、何かメッセージを発していそうなものを考えると 参加者を驚かせる大がかりな謎につながる!

工夫次第で、費用はほとんどかからない体感型謎解きゲーム
文化祭や学園祭でぜひやってみてね!


そしてスタジオでは最後の謎が用意されていた!
それは・・・
「失われた場所を読め」

この問題を解けなければスタジオから出られないというもの
ヒントはスタジオのセットにあるという・・・
そして答えは・・・
謎を解くカギは…そう、Rの法則のロゴ!
ピンクが失われた白い部分と、問題の文字を照らし合わせると 導き出される言葉は…
正解は「クリア」
次々と正解者が続出する中スタジオに残されたのはこの2人!
「たっくん」と「せりぃな」

スタジオから先に出られたのは…

せりぃな!

ということで、最後まで謎が解けなかったのは、たっくんでした!