脱!風邪っぴき

2016年12月08日

シェアする:

※NHKサイトを離れます

この季節、ジワジワと忍びよってくる「風邪」
10代女子がしている予防法、対処法には、実は落とし穴があった!?

cold_01

 

 

 

☆風邪の予防法☆

東京病院 呼吸器センターの永井英明先生に、正しい予防法を教えてもらいました。

 

【マスク】

マスクには2つの風邪予防効果がある。
1つめは「ウイルスを吸い込むのを防ぐ」、2つめは「加湿」。
乾燥すると口や鼻の粘膜が弱くなり、ウイルスが入り込みやすいので加湿は予防になる。

 

マスクはぴったり隙間が出来ないようにつけるのが大事!少しの隙間でもウイルスが入ってきてしまう。

 

 

正しいマスクの付け方

①マスクを半分に折る
②上のワイヤーを山型に曲げ、鼻の形を作る。大事なのは先に形を作ること。

cold_02

 

③サイドに隙間が出来ちゃう人はヒモを結んで短くする

cold_03

 

④マスクをつけ、あごがきちんと隠れるようにのばす

 

 

【手洗い】

爪の付け根は汚れが残りやすいのでウイルスがいる可能性も!
爪全体を手のひらにあてて爪の付け根まで洗うことが大切。

cold_04

 

アルコール消毒も効果的なんだって。

【うがい】

正しいのは2回うがい。

cold_05

 

①口の中を軽くゆすぎ、雑菌を出す。

②そのあと、ガラガラとのどの奥まで洗う。ちなみに、うがい薬は使わなくても水道水で十分なんだって。

 

 

 

★10代女子が風邪のとき、学校で困ること★

第1位「鼻水」
第2位「咳が止まらない」
第3位「くしゃみが出る」

 

 

鼻水は鼻にウイルスが入って炎症が起こって出る。
つまり、鼻水の中にはウイルスがいっぱい!だから基本的には、鼻はかむ!
体がウイルスを出そうとしているのだから、我慢せず「出す」ことが大切。

cold_06

 

 

人前で、せきやくしゃみが出そうになった時、近くにマスクやハンカチがなかったら、どうする?

オススメは「服の袖で口を覆う」

cold_07

 

袖は自分や周りの人が比較的触れにくいので ウイルスを広めないためには最もいい場所なんだそう!

 

 

 

☆風邪の対処法☆

日本大学板橋病院 東洋医学部門の上田ゆき子先生に、正しい対処法を教えてもらいました。

 

 

【マフラー】

体が冷えるとウイルスと戦う力弱まるので、温めることはとても大事。マフラーは温度に合わせて着脱できるのでオススメ。

cold_08

 

体を温めるのに大切なのは「5つの首」
首、手首、足首は、大きな血管が皮膚に近い場所を通っているため、温めると血のめぐりがよくなり、体が温まりやすいんだって。

cold_09

 

 

【足指ジャンケン】

学校でのオススメは「足ジャンケン」
足の指を開いたり閉じたり、足先を動かすことで血行がよくなり、下半身の冷えを改善できるんだって。

cold_10

 

 

【カイロ】

下半身を温めるにはカイロを使ってもOK。
最も効果的なのは「仙骨(せんこつ)」に貼る!

cold_11

 

仙骨とは、お尻のほっぺたの真ん中にある逆三角形の固い骨。
骨の形にそって縦に貼ると一番効率がいいそう。下半身を温めるのに効果的な神経が集まっている場所に近いんだって。

 

ちなみに、風邪のひき始めに貼るなら、肩甲骨の間。
風邪が入ってくると言われている「風門」というツボを温めるのがオススメ!

cold_12

 

 

 

【風邪に効く食べ物】

10代女子が風邪の時によく食べるものは「しょうが」そこで、しょうがを使ったオススメの飲み物を紹介!
◇◆ジンジャーシナモンはちみつティー◆◇

cold_13

★分量(1人分)
・チューブしょうが:6cm
・シナモン(粉末):小さじ1
・はちみつ:大さじ2
・紅茶:180ml

 

★作り方

①紅茶をカップかポットにつくっておく
②別のカップにしょうが、シナモン、はちみつを入れ、シナモンの粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
③ ②に①を注いでよく溶かしたら完成!

cold_14

 

★それぞれの効果

■しょうが

→生だと吐き気を鎮める効果、乾燥させると体を芯から温める効果がある。

 

■シナモン

→実は漢方薬の成分の1つで、葛根湯(かっこんとう)という風邪薬の主成分。

体を温め、発汗を促すので風邪の初期症状にすごくいいそう!

 

■はちみつ

→のどを潤して、せきをしずめる働きがある。

 

みんなも風邪かな?と思ったら、「ジンジャーシナモンはちみつティー」!

 

 

 

【寝る】

体力が温存でき体がウイルスと戦うことに全力投球できるので効果アリ。予防のためにも毎日6~7時間は寝るのがいいそう。

cold_15

 

人は深い眠りに入るとき、手足から体の熱を外に逃がして体温を下げている。靴下をはいたり、厚手の布団を重ねると体の熱を逃がせない。
その結果、ぐっすり眠れず、体が十分に休まらないんだって。

 

これから寒い冬、みんなも風邪対策ちゃんとやろうねー!


出演者一覧


【ゲスト】やしろ優
【講師】国立病院機構 東京病院 呼吸器センター部長…永井英明,医師、日本大学 板橋病院 内科東洋医学外来…上田ゆき子
【司会】山口達也,秋鹿真人,【出演】石田桃香,熊坂瑠家,ジェシー,城田サクラ,鈴原ゆりあ,高田夏帆,野田美桜,桃果,川上兼司,橋本涼
【VTR出演】木村葉月,齋藤真緒,志茂星哉
【語り】大江戸よし々,小坂由里子

シェアする:

※NHKサイトを離れます

もっと読む
Etuberサイトへ

他のカテゴリ:お役立ち情報 の記事

新着記事