- MOVIES -

- CASTERS & REPORTER -

  • 大越健介

    大越健介(おおこしけんすけ)

    1961年 新潟生まれ
    右のサイドスローからのシュートを武器に東京大学野球部のエースとして8勝をあげた。ちなみに27敗。東大から初めての日本代表に選ばれ、後の大リーグHR王マーク・マグアイアをレフト前ヒットに「抑えた」ことが自慢。昭和60年NHK入局、初任地は岡山局。政治部の記者として活躍した。キャスター就任はNW9以来、3年ぶり。"スポーツをこよなく愛する親父"の代表として自ら楽しみながらお伝えする。

  • 副島萌生

    副島萌生(そえじまめい)

    1991年 青森生まれ
    6才から9年間クラシックバレエを習うなど、体を動かすことは好きだが、スポーツ経験は全くなく、実は運動音痴。放送部だった高校の時、甲子園でセンバツの開会式と閉会式のアナウンスをしたことがこれまで唯一のスポーツとの接点。平成27年入局、初任地は大分。2局目の名古屋で千原ジュニアさんと「超絶!凄ワザ」のMCを担当。アドリブ力を磨いたつもりだが、生放送での大越キャスターのアドリブに戦々恐々。

  • 畠山愛理

    畠山愛理(はたけやまあいり)

    1994年 東京生まれ
    6歳から新体操を始め、中学3年生で新体操日本代表「フェアリージャパン」入り。 17歳で初めて挑んだロンドン五輪で団体7位、続くリオ大会でも8位入賞に貢献。2015年の世界新体操選手権団体種目別リボンで日本40年ぶりの銅メダルを獲得。自身の経験をいかし、リポーターとしてスポーツの魅力とアスリートの本音に迫る。

- THEME MUSIC -

  • SOIL&'PIMP'SESSIONS
  • 番組テーマ曲

    「Body & Spirit」
    by SOIL&"PIMP"SESSIONS

    緊張感をもたらすシンコペーションというリズムの手法や、上昇と下降を繰り返すメロディーラインを用いるなどして、スポーツの持つ躍動感や繊細な表情をイメージしながら楽曲に表現してみました。タイトルの「Body & Spirit」は心技一体の意味です。トランペットとピアノのユニゾンが一体となって奏でるテーマにも注目してください。

    (SOIL&"PIMP"SESSIONS/丈青)

- CASTER BLOG -

ページトップへ
CLOSE close