スマートフォン版へ

メニューへ


放送内容


1月25日(月)

印刷する


メインテーマスゴ技Q ミニ 小豆にもっと光を!
知らなきゃ損!家族を狙う詐欺・消費者トラブル
【ミニ企画】突撃!隣の外国ごはん


出演者

<知らなきゃ損!家族を狙う詐欺・消費者トラブル>
専門家ゲスト:荒井哲朗さん(弁護士)
ゲスト:金田哲さん(はんにゃ/タレント)、辻希美さん(タレント)
リポーター:近藤泰郎アナウンサー
<スタジオ模擬家族“隣のお宅”>
主人公:丸山優子さん 祖父:高橋修さん 祖母:杉野なつ美さん 娘:長谷川慎也さん
詐欺師、業者:ルー大柴さん 大学生:辻大樹さん 金融業者:長谷川裕さん

<【ミニ企画】突撃!隣の外国ごはん>
リポーター:西堀裕美アナウンサー


【スゴ技Q ミニ】小豆にもっと光を!

シミ&シワ予防!?ポリフェノールたっぷりの「小豆茶」

産地北海道にある温泉宿のおかみ・中村舞さんは「小豆茶作り」の達人!
美容のために、ポリフェノールたっぷりの「手作り小豆茶」を愛飲しています。
その作り方は、とっても簡単!
小豆入りのティーバッグをポットに入れ、1時間ほどお湯出しするだけなんです。
でも実は、ティーバッグの中の小豆に一工夫が!
小豆をオーブンで焼くことで、ゆで汁のような渋みは一切なし!香ばしくておいしいんです。

小豆に多く含まれるポリフェノールには、シミやシワを予防する抗酸化作用があり、三重大学の最新研究では、骨粗しょう症予防の効果も期待できることが分かっています。

小豆ティーバッグの作り方

1.小豆を洗います

2.えぐみを抑えるため、小豆を一晩水につけます。
※えぐみ成分であるサポニンを溶け出させます

3.水けを切った小豆を天板に広げます。

4.渋みを抑えるため、オーブンで焼きます。
※160度で30分

5.冷めた小豆をティーバッグに詰めれば完成です。

小豆研究20年の加藤淳さんによると、小豆を100度以上で加熱すると、渋み成分であるタンニンの分子どうしがくっついて大きくなるそうです。
すると、舌の表面にある味蕾(みらい)という器官に届かなくなり渋みを感じないそうです。

<取材協力>
中村舞さん(糠平温泉 中村屋)
加藤淳さん(北海道立総合研究機構 農学博士)
梅川逸人さん(三重大学 教授 医学博士)

知らなきゃ損!家族を狙う詐欺・消費者トラブル

気になる話をハイテンションなスタジオ生ドラマでお伝えする、あの「隣のお宅」が帰ってきました!今回は家族を狙う「詐欺・消費者トラブル」に迫りました。「私は大丈夫」と思ったら大間違い!インターネットを見ているだけで、身に覚えのないアダルトサイト閲覧の請求が送られてきて、大金を支払ってしまう被害が女性にも急増しているんです。またアルバイトの登録料として、借金をしてしまう20代も。お年寄りだけでなく、あらゆる世代が狙われているんです。そこで、おなじみスーパー・エキセントリック・シアターふんする“隣のお宅”が、最近増えているさまざまな“詐欺・消費者トラブル”のワナにはまる瞬間を熱演。どこにだまされるポイントがあったのか、泣き寝入りしないですむための“法的根拠”はどこにあるのか、弁護士の解説とともに“知ってトクする”情報をお届けしました。

「家族を狙う 詐欺・消費者トラブル」
・女性にも!アダルトサイト架空請求 10万円の被害
・新手の金融詐欺 300万円の被害
・学生なのに・・・ 20万円の借金?!
・200万円分のサプリ?! 貯蓄がゼロに! 

女性も増加!アダルトサイトの架空請求

今、アダルトサイトの架空請求が急増しています。実は、アダルトサイトでない動画を見ようとした場合にも、急に、アダルトサイトの請求画面になることがあるので、女性も要注意です。さらに、送られてきたアダルトサイトとは関係のないメールのホームページをクリックすると、アダルトサイトの請求画面になる場合や、ショートメッセージにいきなり請求のメールが届く場合もあります。また、スマホの場合「誤作動の方はこちら」というようなボタンが用意されていることもあって、こうしたボタンを押すと、電話やメールで業者に連絡するようになっています。しかし一度連絡してしまうと、業者から繰り返し請求を受けることになりかねません。もし請求の電話がかかってきても、請求に身に覚えのない場合は、無視すべきだと弁護士の荒井哲朗さんは話します。
支払うべきか迷う場合は、業者に連絡をとったり、支払いをする前にお近くの消費生活センターにご相談下さい。

公的機関を装ったパンフに要注意

今、政府の広報などに似せて、偽の相談窓口を案内するチラシが出回っています。
偽のチラシには、「電話による営業を行っている会社の内容を知りたい・調べたい。すぐにご相談下さい」などと書かれていて、偽の相談窓口に誘導します。これは、公的機関だと思って信頼し、電話をかけてきた人をだます詐欺師の手口です。
弁護士の荒井哲朗さんは、送られてきたパンフレットに書かれている連絡先は、ウソであることも考えられるので、番号を自分で調べて連絡することを勧めています。
また、詐欺師との電話による接触を断つために、留守電や、通話が録音されるとアナウンスが流れる機能のついた電話を使うことも有効だと弁護士の荒井さんは話します。

催眠商法で老後の資金がゼロ?!

「催眠商法(SF商法)」とは、高い商品を売る目的を隠して、安い日用品などを宣伝して集めた人に対して、高い商品を売りつける悪質商法です。
国民生活センターによれば、最近では、長期間にわたって販売会が開催され、無料で配られる物などを目当てに通い続ける高齢者に対して、販売員が個別に声をかけて高額な商品の購入をすすめ、次々に過量に販売するケースが増えています。
国民生活センターに寄せられた相談の平均の支払額は170万円。なかには、生命保険を解約した、など深刻なケースもあります。
弁護士の荒井さんは、頻繁に親の様子を見に行って、“不自然・不要な”物や郵便物がないか、急にお金が減っていないか、などをチェックするようアドバイスしています。

アルバイトで借金?!

国民生活センターによれば、友達やSNSなどで知り合った人から、友達を勧誘して会員を増やせば収入が得られる、というようなマルチ的な勧誘でのトラブルが、特に20代で増えています。勧誘されるときに、アフィリエイトのアルバイトなどと説明されることが多いですが、アフィリエイトとは、インターネット広告の一種で、勧誘の際にアフィリエイトという単語だけが使われているのも特徴です。さらに、登録料などの名目で、最初に高額な費用が請求され、お金がないと断ろうとすると、お金を借りて払うようにすすめられることもあると言います。国民生活センターでは、「すぐに辞めたいが、返金に応じてもらえない」というような相談が多く寄せられています。
しかし、「人を勧誘すると、その人がトラブルになったときに、損害賠償を請求されるおそれもあるので安易に荷担すべきではない」、と弁護士の荒井さんは指摘しています。
トラブルになった場合は、最寄りの消費生活センターにご相談下さい。

消費者ホットライン

電話:188(お近くの消費生活センターを案内します)

ミニ企画 突撃!隣の外国ごはん

今、日本にいながらにして“外国ごはん”を楽しむ動きが広がっています。外国人が作る家庭料理を、気軽に食べに行くことができるマッチングサイトや、しっかりと作り方まで教えてもらえる本格的な料理教室をご紹介しました。

料理を作る人と食べたい人をつなげるマッチングサイト

「KitchHike(キッチハイク)」
ホームページ:https://ja.kitchhike.com/
※料金や登録方法など詳細はホームページをご覧ください。

外国料理教室

「Niki’s Kitchen(ニキズキッチン)」
ホームページ:http://www.nikikitchen.com/
※スケジュールや料金など詳細はホームページをご覧ください。


視聴者のみなさまへ
番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。


このページトップへ