スマートフォン版へ

メニューへ


放送内容


1月26日(火)

印刷する


メインテーマレジェンドキッチン ~クリスティーヌ・フェルベールさん~
【番組冒頭】ここまでキター! おまかせアプリ


出演者

<レジェンドキッチン ~クリスティーヌ・フェルベールさん~>
ゲスト:クリスティーヌ・フェルベールさん(フランス人パティシエ)

<【番組冒頭】ここまでキター! おまかせアプリ>
リポーター:瀬田宙大アナウンサー


海外から世界的なシェフを招き、最高の料理を、その人の人生とともに紹介するレジェンドキッチン。今回のレジェンドは、「コンフィチュールの妖精」クリスティーヌ・フェルベールさんでした。コンフィチュールとは、平たく言えばジャムのこと。でも、ただのジャムではありません。フェルベールさんの手作りコンフィチュールは、フランス料理界の巨匠、ジョエル・ロブションさんやパティシエ界のピカソとたたえられるピエール・エルメさんなど、世界のスペシャリストや食通が絶賛しているんです。スタジオでは、究極のコンフィチュール作りをはじめから完成まで余すことなく披露。さらに、それを使ったフェルベールさんおすすめの朝食もご紹介しました。

コンフィチュール “魔法のりんご”

フェルベールさんが、あさイチのために特別に考案したオリジナルのコンフィチュールです。
味の決め手は、独創的なスパイスの組み合わせ。りんごの味わいがぐっと奥深くなります。
そして、煮詰め方にもポイントがあります。強火でよく混ぜながら短時間で煮詰めることで旬のりんごのおいしさをそのまま封じ込めます。

材料・3瓶分 ※1瓶220グラム

・りんご・・・2コ
・グラニュー糖・・・350グラム
・レモン・・・1コ
・オレンジ・・・1コ
・しょうが・・・少々
・アニス(八角)・・・2コ
・シナモンスティック・・・1本
・カルダモン(粉末)・・・ひとつまみ

作り方

※コンフィチュールを作るときは、口の広い銅鍋がオススメ。

  1. りんご(2コ)を8ミリの角切りにする。
    ※実がかための、熟れすぎていない新鮮なりんごがおすすめ。
    ※切り方は“自由”自分の好みの食感で。ただし、同じ大きさにそろえるのが大事。
  2. レモン果汁(1コ分)を加える。
    ※皮をすりおろして入れる。こうすると、味に“はつらつさ”が生まれる。
  3. オレンジ果汁(1コ分)を加える。
    ※皮をすりおろして入れる。
  4. グラニュー糖(350グラム)を加える。
    ※火を入れる前に混ぜる。
  5. スパイスを加える。
    ※八角1コ、カルダモン(粉)小さじ1、しょうが1センチの薄切り2枚、シナモン1本。
  6. 煮る。
    ※泡=アク。取り除いていく。
    ※しみこませるように水分を蒸発させる。鍋は口の広いものがオススメ。
    ※混ぜ方は8の字を描くように。左手は踊るように。
    ※コンフィチュールの声を聴く。鍋から目を離さない。
    ※大きい泡から小さい泡になったら完成間近の目印。
    ※仕上がりの目安は、お皿に1滴とった際、少しこんもりした状態になったとき。
    ※香りはbien=good。
  7. 瓶に詰める。
    ※たっぷり入れ、ふたをして逆さに置く。真空状態にする。

コンフィチュール“魔法のりんご”のおすすめの食べ方

フェルベールさんが、おすすめの食べ方を2つ紹介してくれました。

(1)バターを塗ったフランスパンにたっぷりとコンフィチュールをぬる。
フェルベールさんは毎朝こうしてコンフィチュールを食べているそうです。

(2)ミルクシェークにコンフィチュールを入れる。
フェルベールさんが「最高に深い味わい!」と絶賛する至福の1杯です。

ミルクシェークの作り方

細かく砕いた氷(100グラム)・牛乳(100ミリリットル)・バニラアイス(200グラム)をミキサーでかくはんしたあと、お好みの分量のコンフィチュールを加えて混ぜます。

私のおばあちゃんのガレット

フェルベールさんが、小さいころおばあちゃんによく作ってもらった思い出の朝食です。ガレットとは言っても、日本でもおなじみのそば粉で作るクレープ生地のものとはちょっと違います。焼いたりんごのガレットに特製のクリームとコンフィチュールをあわせた、至福のひと品です。

材料 ※作りやすい分量

<特製クリーム>
---------------
・生クリーム・・・50グラム
・フロマージュ・ブラン(脂肪分0%)・・・50グラム
・レモンの皮・・・2分の1コ分
---------------

<ガレット>
---------------
・りんご・・・2コ
・牛乳・・・50ミリリットル
・小麦粉(薄力粉)・・・25グラム
・卵(小)・・・1コ
・砂糖・・・7グラム
・澄ましバター・・・大さじ3
・バター(食塩不使用)・・・100グラムを弱火で溶かし、上澄みだけをすくう。
---------------

作り方

  1. フロマージュブラン(50グラム)に、レモンの皮(2分の1コ分)を入れる。
    ※レモンの皮を入れることで、フロマージュブランのくせをやわらげる。
  2. 泡立てた生クリーム(50グラム)を加える。
    ※生クリームは脂肪分47%のものを使用。
    ※砂糖は加えない。
  3. りんご(2コ)の皮をむき、輪切りにする。
    ※1センチの厚さの輪切りにし、芯をくりぬく。
  4. 小麦粉(25グラム)、グラニュー糖(小さじ2)、牛乳(50ミリリットル)、卵(小 1コ)を混ぜる。
    ※泡だて器でダマにならないようにしっかり混ぜる。
  5. りんごを生地にくぐらせ、バター(大さじ3)で焼く。
    ※澄ましバター(バターを鍋に入れて弱火で溶かしたあとの上澄み)を使うと、焦げにくくなる。
    ※くりぬいた部分にも生地を流し込む。
    ※りんごが柔らかくなるまで焼く。

フェルベールさんのコンフィチュールを購入できるお店

「伊勢丹新宿店」
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

「サロン・デュ・ショコラ」
新宿NSビル地階「イベントホール」
住所:東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル
※会期 2016年1月27日(水)から31(日)

番組冒頭ここまでキター! おまかせアプリ

仕事や子育てで時間がない!そんな女性に人気なのが、おまかせアプリ。
毎日の食事のメニューを考えるのが面倒な女性のハートを射止めているのが、「献立アプリ」。
調理時間や子どもの嫌いな食材、アレルギー食材などの情報を登録しておくと、人工知能が5,000以上のレシピの中からその人に合わせたものを、おまかせで提案してくれます。さらには、献立で使う食材を一覧にする買い物メモ機能を活用すれば、日々の買い物も計画的にできるんです。
そして、洋服の着回しに悩む女性にオススメなのが、「着回しアプリ」。買ったけれどあまり着ない洋服など、持っている洋服の画像をアプリ上に登録し相談すると、10万人のほかのユーザーが着回しを提案してくれます。番組では、おまかせアプリの最前線をお伝えしました。

献立アプリの名称は、「オーガニック」。iPhone、アンドロイド対応。

「東京エレクトロンデバイス株式会社」
電話:045-443-4005(代表)
ホームページ:https://ohganic.com/

着回しアプリの名称は、「XZ(クローゼット)」。iPhone、アンドロイド対応。

「株式会社スタンディングオベーション」
電話:03-6447-1723
ホームページ:http://s-ovation.jp/


視聴者のみなさまへ
番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。


このページトップへ