1月30日

ムダな努力よ、サヨナラ!

日々の買い物で、重い荷物を“頑張って”持ち帰ってませんか?洗い物して、洗濯もの干して、掃除して・・・長い時間“我慢して”立ち続けていませんか?忘れ物ばかりで困る子どもに“苦労”してませんか?日々の暮らしにつきものの小さいけれど大きな悩み。でも、今回ですべてオサラバしましょう!「お金をかけず」「努力もしない」、「えー、ホント?」と思わずうなってしまう驚きの方法をご紹介しました。
たとえば40キロの荷物を持つ、と想像するだけで気分がげんなりしますが・・・合気道の達人にちょっとしたコツを習うだけで・・・なんとラクラクに重い荷物を持つことができるようになるんです!このコツを応用すれば毎日の家事も疲れ知らずで過ごせるんだとか。また、動作を擬態語や擬音語であらわす「オノマトペ」。このオノマトペを使えば、なんと「忘れ物知らず」になる上に「卵を片手で割る」「大根をおろす時間が短くなる」など料理まで上手になってしまうらしいんです。さらに番組では「気持ち」を簡単に前向きにさせる、その名も「幸福学」までご紹介!「なんだかうさんくさい」と思ったアナタ!ウソみたいなホントの話、ぜひ番組をご覧いただき、その効果を実感してください!

重い荷物が、軽!?

つま先立ちからの姿勢

合気道の達人、藤平信一さんが伝授してくれた、重い荷物が軽く持てる極意は、【つま先立ちをして、かかとの上げ下げをゆっくり5~6回する】こと。
※このとき、肩の力を抜き、背筋はまっすぐに。反り気味にならず、前かがみに感じるくらい。
※藤平さんのおすすめは、【毎日、つま先たちで歩くことを1分間続ける】こと。

長時間の家事が、楽!?

指先から動く

合気道の達人、藤平信一さんが伝授してくれた、家事で疲れない極意は、【指先から動く】こと。
例えば、洗濯物を持つときは、腕からではなく、指先からつかみに行きます。干すときも指から。そのとき、指先の感触をしっかり感じとります。テーブルをぞうきんで拭くときも、手を動かすのではなく、テーブルを指で感じ、指から動かすようにすると最大限の力で拭け、汚れも効率的に落ちます。

忘れものが、ゼロ!?

オノマトペとは

オノマトペとは、シャーッ・バキッ・ドドドド、などといった擬音語・擬態語のことです。
オノマトペ研究家で朝日大学准教授藤野良孝さんによると、表現しにくい動きや物事も、理屈や意味でなく、音で一瞬でイメージが出来ることから、動作がうまくできるようになったり、記憶の定着に役立ちます。
サ行は素早さ、ガ行は力強さ、長音はゆっくりなど、オノマトペの音やリズムはイメージを喚起しやすい特徴があります。

跳び箱が跳べるようになるオノマトペ

【サー】(助走)
【タン】(踏み込み)
【パッ】(手をつく)
【トン】(着地)

逆上がりが出来るようになるオノマトペ

【ギュッ】(鉄棒をしっかり握る)
【ピタッ】(鉄棒と体を近づける)
【クルン】(回る)

忘れもの防止オノマトペ

【ピピピ】+忘れたくない物を口に出す

大根おろしがスムーズにできるオノマトペ

【ザッザッザッザッ・・・】
※【ザッ】の音には力を前向きに入れやすくなる効果があります。

卵の片手割りがうまくできるオノマトペ

【キュッ】(卵をしっかりつかむ)
【コンコンコン】(たたいてひびを入れる)
【カパッ】(持った手を広げて割る)

レタスの芯をとるときのオノマトペ

【バン】(丸ごと芯を下にして下にたたきつける)
【クルン】(芯を握ってひねり取る)
※【バン】を大きな声で言うのがポイント。芯がうまく外れやすくなります。

ゆううつな毎日が、晴!?

慶應義塾大学大学院・システムデザイン・マネージメント研究科教授の前野隆司さんは、「幸福学」を研究・講義しています。世界各国の論文を元に、1,500人を対象とした調査を行い、膨大なデータの中から、幸福感をもたらす要素は何なのか、あぶり出しています。
前野さんがおすすめの、簡単にポジティブになれる方法として、【棒状の物を口にくわえる】ことと、【上を向いて大股に歩く】ことをご紹介しました。

専門家ゲスト:藤平信一さん(合気道家・心身統一合氣道会会長)
ゲスト:坂下千里子さん、藤本隆宏さん
VTRゲスト:藤野良孝さん(オノマトペ研究家・朝日大学准教授)、前野隆司さん(慶応大学大学院教授)
リポーター:中谷文彦アナウンサー