7月26日

女のニュース どうする?サンダルの靴ずれ

夏に履きたいのはサンダル!しかし「サンダル」には「靴ずれ」が付いてくると思いませんか?街で聞いてみると、サンダル3大靴ずれポジションがわかりました。フットケア店のオーナー桜井祐子さんによると、サンダルは足を覆う面が少ないため、足が固定されず滑ってしまうそうです。すると、摩擦が起きて靴ずれになると言います。そこで、その滑りを防止する策として、保湿クリームとベーキングパウダーを使ったケアのしかたを教えていただきました。また、量販店やドラッグストア、100円ショップなどで販売されている靴ずれ予防グッズを、お悩み場所ごとに紹介しました。

クリームとベーキングパウダーを使った靴ずれ予防法

桜井祐子さんによると、保湿クリームとベーキングパウダーを使うことで、サンダルの中で足が滑るのを防ぐことができるといいます。まずは足に保湿クリームを塗ります。量の目安(片足)は、チューブ容器のクリームの場合、手の人さし指の第1関節(指先)から第2関節にかけての長さ。そのほかの容器の場合は1グラム程度です。それを足の裏と甲全体にまんべんなく塗ります。肌を柔らかくし、靴との摩擦を和らげる効果があります。次に、ペーパータオルなどでおさえて余分なクリームを拭き取ります。そして、ティースプーン半分量くらいのベーキングパウダーを手に取り、足につけていきます。このとき、指の股の部分もしっかり塗ることが大切です。汗を吸って肌をサラサラに保つ効果があるそうです。ただし、パウダーをつけたときにかゆみや違和感が出たらすぐに水で洗い流してください。また、傷があるか所には使用を控えてください。

VTRゲスト:桜井祐子さん
リポーター:雨宮萌果アナウンサー