1月9日

スゴ技Q 肌荒れ解消!取り戻そうツルツルお肌

一年で最も乾燥する1月。手が荒れたり、かかとがガサガサになったり、肌荒れの悩みは尽きません。そこで、ちょっとしたケアを見直したり、ひと手間かけたりして、肌荒れを解消するワザを紹介しました。

現代の手荒れは○○から!増えている手荒れの症状と正しいハンドクリームの塗り方

創業60年の製薬会社では、ここ数年、手荒れの中でも「指先」の荒れに悩む女性の声が多く届くようになりました。皮膚科専門医の野村医師によると、スマートフォンやパソコン、タッチパネルなど、指先を酷使する機会が増えたことが原因だといいます。
さらに指先は、まじまじと見る機会が少なく、荒れに気づきにくいので、ぱっくり割れるなど重症化してしまう場合も多いんです。そうならないために、指先をチェックする方法として「ハンドセルフィー」という方法を、製薬会社広報の五嶋さんに教えていただきました。指先が見えるように手のひらを軽く握った手をスマートフォンのカメラで撮影し、拡大して丁寧にチェックします。カメラで撮影することで指荒れに気づき、重症化を防ぐというものです。また、きちんとハンドクリームを塗っているつもりでも、しっかり塗れている人は少ないといいます。

そこでスタジオでは、皮膚科専門医の澤田医師にハンドクリームの量と塗り方を教えてもらいました。まずは、ハンドクリームの量。「人さし指の指先から第一関節までに乗るクリームの量」が、手のひら2枚分程度の面積に塗る量の目安です。つまり、一回のケアで、両手の裏と表を塗ることを考えると、指先から第一関節×2の量が必要です。出してみると多いと感じるかもしれませんが、指先、とくに爪の生え際、さらに、手首まできちんと塗るとそこまでベタつかず、水仕事のあとや寝る前などにこのケアを行うと手荒れの改善につながるそうです。

出演

五嶋文乃さん(製薬会社広報)、野村有子さん(皮膚科専門医)、澤田美月さん(皮膚科専門医)

原因を知って かかとのガサガサ撃退!

冬、女性を悩ませるかかとのガサガサ。その主な原因は、過度な刺激と乾燥の2つです。
まずは「過度な刺激」。その大きな原因が、足にフィットしていない靴を履くことで起きる、かかとと靴のすれ。自分の足に合った靴選びが重要です。
また、インソールをつければ、靴の中で足が動かないようにすることができるので、オススメです。次に重要なのが「乾燥」対策。パーツモデル金子エミさんにプロの保湿のワザを教わりました。週に1回、たった10分でできる簡単おうちエステ。化粧水とぬるめのお湯を1対1の割合で混ぜたものにキッチンペーパーを浸し、軽くしぼったら足に巻いていきます。しかし、これで終わりではありません。このあとのひと手間が重要。それは「アルミホイルで足先までしっかり包むこと」。こうすることで化粧水の浸透力を高めます。また、足のケアに詳しい皮膚科専門医の高山かおる医師によると、アルミホイルが持つ保温性は、足先を温める効果もあると言います。アルミホイルを巻いて5分。アルミホイルとキッチンペーパーをはずしたら、クリームを塗り、浸透力を高めるため靴下を履いてスペシャルケアの終了です。金子さんは、外出時も化粧水を持ち歩き、こまめに保湿します。そして、帰宅後は、裸足は厳禁。乾燥からかかとを守ります!

スタジオでは、もうひとつかかと荒れの原因である「新陳代謝の衰え」を解消するため、理学療法士の金森慎吾さんオススメのエクササイズを紹介しました。
まず足裏全体を使ってテニスボールを前後に転がす運動。様子を見ながら、1分ほど行ってください。
次に、ふくらはぎの筋肉をほぐす運動。ふくらはぎを親指で押し、つま先を上下にゆっくりと5回動かします。手の位置を徐々に上げ5か所ほど圧迫し、つま先の上げ下げを繰り返します。こちらも様子を見ながら行ってください。
これを一日一回行うと、1か月続ければふだんから血流のいい足になれるそうです。
また、かかと荒れの原因でもうひとつ、「水虫」が考えられます。治りが遅いと感じる場合、皮膚科の受診をおすすめします。

出演

中社慶さん(百貨店婦人靴担当)、金子エミさん(モデル)、高山かおるさん(皮膚科専門医)、金森慎吾さん(理学療法士)

年齢にあったブラジャー選びのポイント

50年以上、女性の体の変化を見つめてきた下着メーカーの研究所の研究によると、同じ女性を30年にわたり計測した結果、30代後半から肌が柔らかくなるそうです。
この年齢による肌の変化が、下着のすれやしめつけからくるかゆみに影響していました。
そこで、40代以上の肌質にあったブラジャー選びのポイントを教わりました。
ワイヤーは、肌にすれない外側についているもの。ストラップは食い込まないように、幅が広いもの。そして、脇のサイドベルトも、よりしめつけ感が少ない、幅が広く伸縮性のあるものを選びましょう。
また、ノンワイヤーで縫い目を減らした作りのブラジャーも、すれが少なくオススメです。

出演

上家倫子さん(下着メーカー研究所研究員)

乾燥しない!入浴術

間違った入浴法はお肌の乾燥を招きます!
カサカサ乾燥肌がとまらない北陽の二人が、お風呂のエキスパート早坂信哉さん(温泉療法専門医)に、お肌に優しい入浴術を教わりました。知ってて当然、お風呂の常識をチェックしていきます。

まずは、入浴前の水分補給。入浴前には緑茶がオススメ。そもそも、入浴によって水分が失われるため、入浴前に、水分補給は大切です。また、緑茶にはカテキンが含まれており、そのカテキンが持つ抗酸化作用によって、肌の弾力や潤いが保たれると期待されています。
また、いちばん風呂は水道水を消毒するために含まれる塩素が刺激となる可能性があります。そのため、誰か人が入ったあとの方が、オススメ。皮脂やアカが水道水に含まれる塩素と結合し、刺激の少ない、肌に優しいお湯にしてくれるからです。あるいは、入浴剤を使用しましょう。
また、お湯の温度は38度から40度に設定しましょう。42度以上のお湯は、肌の細胞を傷めてしまうだけでなく、かゆみ物質ができてしまうことで、肌荒れの原因になってしまいます。
そして、長風呂もお肌にとってはよくありません。肌の保湿成分や表面の皮脂がよけいに流れ出てしまうので、乾燥肌になってしまいます。5分~10分を目安にしましょう。
さらに、体の洗い方。せっけんをしっかり泡立て、その泡を使って、肌を傷つけないよう、素手で洗いましょう。
これで、美肌になれると思いきや、入浴後の保湿ケアもかなり重要です。
入浴前と入浴後の皮膚水分量を比べた実験結果をみると、入浴後1分で、もとのおよそ4倍。それが5分後にはなんと半分に。さらに15分後では、最初の状態と並んでしまい、ついに、20分後には、入浴前より乾燥肌になってしまうんです。
つまり、保湿剤を塗るタイミングは、早ければ早いほど効果が高いんです。

また、スタジオではインバスケアについて紹介しました。保湿成分入りのボディーソープや入浴剤、お風呂の中で体に塗るクリームやオイル、顔のパックなどさまざまなものがあります。これらを活用するとお風呂上がりの皮膚水分量がさらに上がります。風呂上がりの保湿と併用することを紹介しました。

出演

北陽さん(芸人)、早坂信哉さん(温泉療法専門医)

美しい髪は頭皮から!頭皮マッサージ術

冬は見えない頭皮だって乾燥します。
今、若い女性に大人気、美容師の大悟さんに、健康な頭皮に欠かせないシャンプーのやり方と頭皮マッサージの方法を教わりました。

まずは、基本、頭皮にやさしい髪の洗い方。まずしっかりお湯で流し、汚れを落とします。シャンプーは、手の中でよく泡立ててから頭皮になじませ、指の腹を使って、優しくもみ込むように洗います。そして重要なのがすすぎ。シャンプーのすすぎ残しがないように、意識して洗い流しましょう。そして、すぐに乾かすのもポイントです。

続いて、頭皮マッサージ。クッション性があり、先端が丸い、当たりが柔らかいブラシで、頭のある部分をマッサージで刺激すると、より効率よく頭皮の血行が促進され、乾燥防止につながるといいます。

側頭部には太い動脈があり、そこから頭全体に毛細血管が広がっています。その血管に沿うように、下から上へマッサージをすることで、頭皮全体の血行がよくなります。
やり方は簡単。下から上へブラシで優しく髪をとき、頭皮全体に血をめぐらせます。これを30秒ほど繰り返し、仕上げに、円を描くように軽くプッシュします。これを反対側も同じように繰り返します。ブラシがないときは指で行っても効果を得ることができます。

スタジオでは、シャンプー前にオイルを頭皮になじませる方法を紹介しました。
分け目に、指先を使って円を描くようにオイルを頭皮になじませます。最後に下から上へ指を滑らせるようにしてなじませ、5分ほどおいたらいつものように髪を洗います。汚れやフケがオイルに溶け出し、軽くこするだけで汚れが落ちるようになります。

出演

大悟さん(美容師)

専門家ゲスト:澤田美月さん(皮膚科専門医)
ゲスト:阿佐ヶ谷姉妹さん、鈴木浩介さん
VTRゲスト:五嶋文乃さん(製薬会社広報)、野村有子さん(皮膚科専門医)、中社慶さん(百貨店婦人靴担当)、金子エミさん(モデル)、高山かおるさん(皮膚科専門医)、上家倫子さん(下着メーカー研究所研究員)、虻川美穂子さん(北陽 芸人)、伊藤さおりさん(北陽 芸人)、早坂信哉さん(温泉療法専門医)、大悟さん(美容師)
プレゼンター:副島淳さん