2月26日

いつのまにか耳が老化・・・?

「呼びかけられたのに気づかなかった」「名前や時間を聞き間違えた」
もしかしたらそれ、耳の老化(加齢性難聴)のサインかもしれません。年をとって耳が遠くなるというのは、早い人で30代前半から始まっているんです。あなたは大丈夫?番組では、「佐藤と加藤」「1時と7時」など、年齢とともに聞き分けるのが難しくなる言葉をさまざまご紹介。その意外なメカニズムもお伝えしました。
この加齢性難聴。放置すると認知症のリスクを高める可能性があることもわかってきました。耳が遠くなるのを防ぐには、日ごろから騒音を避けるのがいちばんです。日常でどんな騒音が危険なのか詳しくお伝えしました。さらに、何かと誤解の多い補聴器選びのポイントもご紹介しました。

聴力低下と認知症の関係について

これまで認知症の原因としては、喫煙や高血圧、糖尿病、うつなど、さまざまな要因が考えられてきました。最新の研究で、45~65歳の難聴(著しい聴力低下)が最も認知症のリスクを高めるという結果が出ました。難聴が認知症につながるメカニズムはいくつか考えられていますが、1つは耳からの信号・刺激が脳に届かなくなり、脳の一部が萎縮するため。また、聴力が低下することによって、会話がおっくうになり、人づきあい・コミニュケーションが減るから、などと考えられています。

耳の老化度がチェックできる言葉について

番組では、自分の耳が遠くなっているかをチェックする一例として、いくつかの単語を紹介しました。「たかな(高菜)」「しちじ(7時)」「かとう(加藤)」「ぱっく(パック)」「はくしゅ(拍手)」などです。40~60代の50人に聞き取りテストをしてもらったところ、「高菜」を「さかな」に、「パック」を「バッグ」になど聞き間違える人が続出。全員に耳鼻科で行うのと同じ一般的な聴力検査をしてもらうと、聞き間違いが多い人ほど聴力が低下している傾向が見られました。
これらの言葉の共通点は、頭の言葉が非常に聞き取りにくい音で始まっているということ。ローマ字で書いてみると「高菜(takana)」の「t」、「7時(sichiji)」のs、「加藤(kato)」のk、「パック(pakku)」のp、「拍手(hakuchu)」のh。この「tskph」は耳が遠くなると特に聞きづらくなる傾向があり、「takana」を「sakana」に、「sichiji」を「ichiji」などに間違えてしまうというわけなんです。

耳の老化の原因は「抜け毛」

どうして年を取ると「tskph」の音が聞きづらくなるのか?それは、耳の中の「抜け毛」が関係しています。抜け毛と言っても「耳毛」のことではなく、耳の奥にある「蝸牛(かぎゅう)」というカタツムリのような器官に生えている小さな毛のこと。耳に入ってきた音をこの毛が感知し、脳へ信号を伝達するしてくれているんですが、この毛が抜けると音が聞こえづらくなってしまいます。さらに、「蝸牛」の毛の抜け方にはパターンがあり、高音を担当する毛から抜けていってしまう傾向があります。つまり、高い音から聞こえづらくなってしまうということ。「tskph」の音は言葉の中でも非常に高音の部類。だから、「tskph」が聞こえなくなってくることが老化のサインになるんです。

聴力を守るために 騒音を避ける

「蝸牛」の毛は、大きな騒音を聞くほど抜けやすくなります。つまり、聴力を守るためには日常生活の中で騒音を避けることが大切。番組では、80デシベル以上の騒音下に長時間いると聴力低下のリスクが高まるという目安をお伝えしました。ただ、80デシベルといってもピンとこないですよね?たとえば、航空機の客室内が77デシベル、ゲームセンターが82デシベル、パチンコ店が90デシベルくらいの音量です。特に、イヤホン・ヘッドホンで音楽を聴くときには、ついついボリュームを上げてしまい、聴力の低下を招くレベルの騒音になりがちですので注意が必要です。安全にイヤホン・ヘッドホンで音楽を聴くには、一般的には音量バーの60%以内、1日60分以内で聞くのが理想的とされています(音楽プレイヤーの機種によって設定が異なります)。また、やむをえず騒音下に身を置いたときは、耳をしばらく休ませるといいこともお伝えしました。

※番組では手ごろな価格で入手できるいくつかの掃除機をサンプリング。その音を比較しましたが、番組で紹介したすべての機種が最新式のものではありません。最新機種は静音性が大きく向上しているものもあります。

耳を守るために 耳栓をする

音楽のライブ会場で、耳栓をする若い人たちが、今、増えています。スピーカー前などの席があたってしまうと、騒音で耳が疲れすぎてしまうためです。ただ、皆さんしているのは普通の耳栓ではなく、「ライブ用耳栓」と呼ばれるもの。音色を大きく変えることなく、少し小さい音で音楽をきけるという工夫がされているものです。番組で取材をしたロックバンドのライブでは、グッズ売り場でも耳栓が販売されていました。

補聴器は慣れるまでに時間がかかる

めがねと違い、補聴器は買ったらすぐ快適に聞こえるようになるというものではありません。購入したあと、3か月ほどの間は生活のさまざまなシーンで試してみて、不快に感じた音を補聴器店に相談し、微調整してもらわなければならないからです。今回取材した補聴器店の方によると、「補聴器が合わない」と言っている人のほとんどは、ちゃんと調整ができていないそうです。

失敗しにくい補聴器づくり

失敗しにくい補聴器づくりの流れをご紹介しました。
まずは耳鼻科を受診。問診や診察、聴力検査を通じて、補聴器をつけるのが有効か、診断してもらうためです。できれば、補聴器のことに詳しい「補聴器相談医」を受診することがおすすめです。

お近くの「補聴器相談医」を探せるページ

「日本耳鼻咽喉科学会」
ホームページ:http://www.jibika.or.jp/members/nintei/hochouki/hochouki.html

その後、補聴器販売店に行きます。「認定補聴器専門店」もしくは「認定補聴器技能者」がいるお店がおすすめです。一定以上の技術や知識を持った人が調整をしてくれるためです。

お近くの「認定補聴器技能者」を探せるページ

「日本補聴器技能者協会」
ホームページ:http://www.npo-jhita.org/tech/

専門家ゲスト:小川郁さん(耳鼻科医 慶應義塾大学教授)、中川雅文さん(耳鼻科医 国際医療福祉大学教授)
ゲスト:荻野目洋子さん、浅利陽介さん
VTRゲスト:ヤマサキセイヤさん(キュウソネコカミ)、ヨコタシンノスケさん(キュウソネコカミ)
リポーター:佐藤俊吉アナウンサー