12月11日

クイズとくもり この冬役立つ!復活大作戦

いよいよ冬本番!寒さに備えてダウンジャケットを出してみると「ぺしゃんこ」・・・、半年ぶりに出した革のブーツは「カビだらけ」・・・、お気に入りのファンデは「ひび割れ」・・・!そこで今回は、これからの時期に役立つ「復活ワザ」を大公開!家庭で簡単にできるワザばかり。この冬役立つ、復活術をお送りしました。

ペチャンコ「ダウンジャケット」・・・家庭で洗える復活術!

1年ぶりに出してみたら、ダウンがペチャンコ!・・・なんてことありますよね。ペチャンコになる理由は、「汚れ」と「汗」。同じ重さのダウンでも汚れたものときれいなものでは、こんなに「かさ」に違いが!これでは温かさも台なし。
でも大丈夫。ダウンジャケットは家で洗えるんです。ただし、「洗濯の取り扱い表示」を必ず確認してください。この2つのマークがついていたら家庭で洗濯可能。

ダウンジャケットを家庭で洗うには!?

  1. たらいにぬるま湯(30度~40度)をはり、ダウンジャケットを押し洗いをして汚れを出す。
  2. 生地を傷めないように洗濯ネットに入れて洗濯機へ。洗剤はおしゃれ着洗いなどの「中性洗剤」。洗濯コースも生地に優しい「おしゃれ着コース」などを選んでください。
  3. 洗濯が終わったら乾燥機へ。このとき、フカフカに仕上げるために使うのがタオル。3回結んだタオルを3個、ダウンジャケットと一緒に乾燥機に入れてください。
  4. 乾燥が終わったら、フカフカに復活!

クリーニング代が高い!「羽毛布団」・・・家庭で洗える復活術!

せっかくお得に購入した羽毛布団。でもクリーニングに出そうと思うと、相場は4千円~8千円ほど。ちょっともったいないと思う方、羽毛布団も家庭の洗濯機で洗えるんです!でも、洗濯機の使い方が、ちょっと違います。オケがわりにするんです。

羽毛布団を家庭で洗うには!?

  1. 洗濯する前に前処理・・・水で薄めた中性洗剤をスポンジにつけ、布団の汚れが気になるところをたたくようにして汚れを出します。
  2. 羽毛布団を大きめの洗濯ネットに入れ、洗濯槽に入れる
  3. 布団全体がつかるまで水をため、中性洗剤を入れ10回ほど押し洗い。「ゆっくり押しては、引き上げる」の要領で押し洗いをしてください。
  4. 水を入れ替え、すすぎ洗い。こちらも10回ほど「押し洗い」の要領で行い、それを2度繰り返します。
  5. 洗い終えたら3分ほど脱水する。機種によっては洗濯キャップを使用してください。
  6. そのあと、部屋干しか陰干し。ハンガーを使って空洞を作ると早く乾きます。
  7. 4~5時間ほどして、表面が乾燥してきたら、下にたまっている羽毛をたたくようにほぐします。さらに乾くまで2~3回繰り返すとフカフカに復活します!

※洗濯機の扱いはそれぞれの機種で異なりますので、必ず取扱い説明書をご覧ください。
※乾燥にかかる時間は、天候や干す場所など、環境によって変わります。

革のブーツトラブル「カビ」復活術!

ワンシーズンぶりに出した革のブーツがカビだらけ!カビの温床は、なんと靴の裏。実は、靴の裏が汚れた状態で保管すると、カビが生えてしまうことがあるんです。
カビの退治には「アルコール」。固く絞ったタオルにアルコールを2プッシュほどつけ、軽くもんだら、まず靴の裏を拭きます。タオルのカビを拭いた部分はしっかり洗い流してください。靴底が終わったら革の部分のカビを拭いていきます。半日ほど陰干しで乾かしたら復活!

カビの生えた「スエード」「ムートン」ブーツ復活術!

スエードやムートンの場合も、液状のアルコールを使いカビを拭きとるところまでは、革の場合と一緒。違うのは乾かすとき。乾かす前に、いらなくなった歯ブラシなどで毛並みを整えてください。整えてから乾かさないと、堅くなってしまうことがあるので要注意。

“カピカピ”に固くなった革ブーツ復活術!

革が硬くなったブーツは、まず以前にぬった古いクリームなどを落とします。革専用のクリーナーがなければ、「メーク落とし」でも代用できるそう。メーク落としをぬらしたタオルにつけ軽くもみます。そして、革の表面をなでるように軽く拭いていきます。すっぴんの状態になったら、専用の保湿クリームをぬります。ない場合は、ワセリンなどの「油性クリーム」で代用。スポンジを使い、薄く均一にぬりこむのがポイント。硬いところはぬったあとに手のひらでもむとより柔らかさが復活します。
※色落ちがする場合があるので、必ず目立たないところでテストしてから行ってください。

しまりにくくなったブーツの「ファスナー」復活術!

ファスナーの復活術には、ロウソクといらなくなった歯ブラシ(できればかためのもの)を使います。ファスナーを閉じた状態でロウソクをぬります。あとはいらなくなった歯ブラシでこすります。ロウソクが溶けて潤滑剤の役割をするので、滑りがよくなります。ただし、あくまでも直しているのではなく応急処置。気になる場合は、修理店にお持ちいただくことをオススメします。

「化粧品」復活術!割れたファンデーション

うっかり落としちゃったりして割れてしまったファンデーション。冬は特に乾燥で割れることが多いそう。そんなときは、割れたファンデーションをビニール袋に入れ、粉々にし「パウダーファンデーション」に変身させます。スプーンの裏側を使うと簡単に粉々になります。それを、メークブラシの先端に軽くつけ、容器のふたなどでトントンとしてブラシの中に入り込むようにします。クルクルとまわしながら肌につけていくと、毛穴の開きもカバーできちゃうんです。

夕方の「化粧崩れ」復活術!~プロの小技

朝使ったファンデーションのスポンジに、美容オイルを一滴。そのぬり方にプロの技が・・・!
化粧崩れで気になるところに、伸ばすのではなく軽くトントンと、おいていきます。こうすることで、きれいにぬれ、しっとり感も復活!

50度洗いで「しおれた野菜」復活術!

春菊など青菜がしおれてしまったら50度洗い。48度~53度のお湯につけておくだけで、しおれた青菜が復活します。春菊3束なら15秒ほど50度のお湯につけてください。
さらに、元気のないイチゴも1分ほど50度のお湯につけておくと、みずみずしさが復活。しかも甘さも増すというから驚き。番組で実験したところ、糖度が7だったイチゴが50度洗いで、糖度が8になりました。

しなびた「根菜」をおいしい料理で復活!

うっかりしなびさせてしまった根菜類。捨ててしまうのはもったいない!実はしなびているからこそ、おいしい料理に変身できるんです。
しなびはじめたら、それを逆手にとって、さらに2日ほど乾燥させます。乾燥させるときは、新聞紙などの上で野菜どうしが重ならないようにし、風通しのよいところに置いてください。乾燥が進むと、皮から水分が抜け、うまみや栄養やギューと凝縮されるんです。しおれた皮を使ったレシピです。

根菜皮のきんぴら

しなびた皮は、すでに水分がとんでいるので、味のしみ込みが早くすぐにできます。

印刷用ページ

根菜皮かき揚げ

しなびた皮は、すでに水分がとんでいるので、油はねも少なくカラッと揚がります。

印刷用ページ

専門家ゲスト:山縣義文さん(洗剤メーカー お洗濯マイスター)、大友良祐さん(靴修理・クリーニング店 技術責任者)、藤原美智子さん(ヘア・メーキャップアーティスト)

ゲスト:真木よう子さん(俳優)、トレンディエンジェル 斎藤司さん(お笑い芸人)

VTRゲスト:杉浦真也さん(寝具メーカー 羽毛診断士)、 田村嘉浩さん(クリーニング店 クリーニング師)、 山縣義文さん(洗剤メーカー お洗濯マイスター)、 大友良祐さん(靴修理・クリーニング店 技術責任者)、 藤原美智子さん(ヘア・メーキャップアーティスト)、 平山一政さん(スチーミング調理技術研究会 50度洗い発案者)、 高崎順子さん(野菜ソムリエ上級プロ)

リポーター:副島淳さん(俳優)

ナレーション:日髙のり子さん