10月29日

クイズとくもり すっきり快適!小物整理術

キッチン用品や化粧品、子どものおもちゃなど、ごちゃごちゃになりがちな小物の整理術をお伝えしました。片づけが苦手な人にオススメの整理術の極意のほか、隠す収納はかえって乱雑になってしまいがちなこと、また、家族に片づけてほしいときの言葉の使い方などを具体的に紹介しました。

七尾流 小物整理術3か条

極意(1) ゾーニングを明確に

特に片づけが苦手な人にオススメの小物整理術を整理収納アドバイザーの七尾亜紀子さんに教えてもらいました。
第1の極意は「ゾーニングを明確に」。ゾーニングとは、何をどこにしまうのか、収納場所を決めることです。番組では、キッチンのシンク下の収納を例に紹介しました。シンク下は水回りで使うものや調理器具を収納すると便利です。ただし、シンク下は湿気がこもりやすいので、食品は入れないようにしてください。

極意(2) 1軍・2軍・3軍に分ける

第2の極意は、「1軍2軍3軍に分ける」。ゾーニングで収納するものを決めたら、一度、すべてを取り出して、使う頻度で分けます。その際、1軍・2軍・3軍の3種類に分けるのがオススメ。キッチン用品の場合、1軍の目安は週に1度以上使うもの。2軍は月に1度程度使うもの。3軍はめったに使わないものやストック類などです。シンク下の引き出しはスペースが限られているため、よく使うものだけにしぼって収納することがポイントです。しまいきれない3軍のものは、ほかの場所にしまっておきます。3軍にも入らない不要なものは処分するか、バザーに出したり友達に譲ったりしましょう。

極意(3) アクション数を減らす

第3の極意は「アクション数を減らす」。小物を取り出すための動作ができるだけ簡単になるようにしまうと、散らかりにくくなります。例えば、プラスチック製の食品保存容器はフタをつけたまま収納しておくと楽に取り出せます。ざるは取っ手が手前にくるように収納すると簡単に取り出せます。3軍のものはめったに使わないので、重ねてしまっておくなどしてもかまいません。また、保存袋などの箱は側面を切り取って立てて収納しておくと、取り出すアクション数が減り、便利です。

おもちゃ整理のコツ

子どものおもちゃも1軍から3軍に仕分けするのがオススメですが、親が行うのではなく、子ども自身にやらせるのがポイントです。専門家によると、3歳くらいになると、お気に入りのものを自覚するようになるそうです。子どものお気に入りでよく遊ぶ1軍のおもちゃは、浅い箱に収納します。深い箱に収納すると、底のほうのおもちゃが見えなかったり、取り出しにくかったりするため、結局、遊ばないものまで箱の外に出すことになってしまいます。また、浅い箱に分けて収納しておくと、一つ一つが軽くなるので、子どもでも楽に運ぶことができます。めったに遊ばない3軍のおもちゃは押し入れなどに入れておきます。子どもの興味や成長に合わせて、ときどき、1軍・2軍・3軍を見直してください。なお、子どもがおもちゃを1軍から3軍に仕分けるときに「捨てる」という言葉は禁句です。おもちゃを捨てられるのを嫌がって、たくさん1軍に選んでしまい、仕分けがうまくいかなくなります。

隠す収納はNG

小物をしまっている収納ラックなどの前に布をかけ、部屋をきれいに見せようとしていませんか?七尾さんによると、こうした「隠す収納」は、片づけが苦手な人にはオススメできないそうです。中が見えないため、「ごちゃごちゃしていても大丈夫」という心理が働き、かえって乱雑になってしまいがちです。「隠す収納」よりも「見せる収納」を心がけるほうがすっきり片づき、取り出すアクション数も減ります。室内犬などを飼っている場合は、ふたつきの収納ケースなどを使ってイタズラされないようにしながら、「見せる収納」を目指しましょう。

専門家ゲスト:七尾亜紀子さん(整理収納アドバイザー)
ゲスト:野間口徹さん、くわばたりえさん
リポーター:副島淳さん
ナレーション:日髙のり子さん