3月18日

JAPA-NAVI おいしい×キレイ!高知の“旬”食材

金子貴俊さんが高知を訪ね、「おいしくて、キレイ!」な旬の食材をご紹介しました。
フルーツトマトの農園では、“トマトのうまみ&栄養吸収をUPさせる料理法”、日高村にある『オムライス街道』で、達人たちから“本格派のオムライスを再現できる技”を教えてもらいました。さらに、旬のぶんたんを使った「サプライズぶんたん」の作り方をご紹介。あんまんコーナーは、高知のふしぎな絶景を訪ねました。

トマト×○○で、うまみ&栄養吸収UP

(1)トマト×牛乳
トマトは牛乳と混ぜ合わせると、乳脂肪分によって、体内へのリコピンの吸収が高まります。
(2)トマト×いりこ
トマトのグルタミン酸と、いりこのイノシン酸を合わせると、うまみが約7倍上がるそうです。
(3)トマト×昆布×オリーブオイル
昆布はグルタミン酸を含む食材。また、オリーブオイルを加えることで、リコピンの吸収が高まります。

トマトの炊き込みごはん

印刷用ページ

達人が伝授!絶品オムライスの作り方

高知・日髙村は、特産のフルーツトマトを使ったオムライスで村おこしをしています。
「オムライス街道」と名づけ、9軒の店が計30種類ほどのオムライスを提供しているんです。オムライス作りの達人たちから、絶品オムライスの作り方を教えてもらいました。

卵をフワフワにする方法

【ポイント(1) 卵に生クリームを入れる】
卵に生クリームを入れることで、固まる濃度をゆるくします。牛乳でも代用できますが、風味を出すのに生クリームがオススメです。
【ポイント(2) Wで動かす!】
強火で一気に火を通すため、フライパンを小刻みに動かし、さいばしで卵をかき混ぜ続けます。

卵でチキンライスをうまく包む方法

【うまく包むための練習方法】
(1)ぬれたタオルを卵に見立て、フライパンの上におきます。
(2)卓球のラケットのようにフライパンを持ちます。
(3)皿をフライパンに近づけ、タオルを回転させながら皿にのせます。
※フライパンが重いと感じる場合は無理をしないでください。

チキンライスを作ったあと、卵を焼くためにフライパンを洗う手間 解消技

【ポイント】
炊飯器でトマトライスを作ります。
炊飯器に、野菜やコンソメ、トマトピューレ、塩こしょうを入れ、米を炊きます。
これで、フライパンを使うことなく、ライスを作ることができます。

あけてびっくり!サプライズぶんたん

うす皮をむいた果肉がびっしり詰まった『サプライズぶんたん』。贈り物やパーティーなどでよろこばれ、“インスタ映えする”と、注目を集めています。『サプライズぶんたん』の作り方を教えてもらいました。

サプライズぶんたんの作り方

(1)ぶんたんを地球に見立て、赤道部分に浅くナイフを入れ、1周切ります。
(2)切った部分に、指を入れて厚い皮をむきます。
(3)房を取り分けたあと、30分ほど乾燥させて水分を飛ばします。
(4)うす皮の端をナイフで切り、手でむいていきます。
(5)果肉をぶんたんの厚い皮につめこんだら完成です。

あんまんコーナー 高知のふしぎな絶景

「船が宙に浮いているように見える」など、数年前からSNSで話題となった高知県大月町柏島の海。そんな海をクリアカヌーで堪能したり、イルカに出会いました。また、高知市のバーのママが自費で始めたという高知城のライトアップを紹介しました。

ゲスト:金子貴俊さん、島崎和歌子さん

リポーター:瀬戸光アナウンサー(NHK高知)