4月2日

JAPA-NAVI 女性が暮らしたい街!池袋

「借りて住みたい街ランキング」で、堂々1位の池袋。ガンバレルーヤさんと、その魅力に迫りました。“女性にやさしい街”を目指して作られた、家族連れや女性に人気の公園や、公共とは思えぬほど充実した女性トイレを紹介しました。
また、安くてユニークな仕掛けだらけの「めがね専門店」や、800もの種類を取りそろえる「多肉植物専門店」など、多様な文化を受け入れてきた池袋ならではの専門店。
さらに、池袋の個性派ぞろいのハンバーグや、ファーストクラスの世界旅行体験ができる人気スポットの魅力などをお伝えしました。

女性に人気のヒミツ

“女性に優しい街づくり”で、区長が特に力を入れたのが「トイレ」。去年オープンした「としま区民センター」には、無料で利用できる、スゴイ女性用トイレがあります。
2階と3階だけで女性用トイレが35個もあり、各個室には荷物が多く置けるように内装の工夫がされています。さらにメーク直しがしやすい、いわゆる“女優ミラー”付きのパウダールームや、ゆったり着替えができるフィッティングルームまである充実ぶり。

専門店の楽しみかた

池袋には、珍しい専門店がいっぱい!初来店の人に、無料でサングラスか老眼鏡をプレゼントという、驚きのサービスを行う「めがね」の専門店。さらに、デパートの屋上には、ほかではお目にかかれない珍しい品種を扱う、「多肉植物」の専門店があります。
多肉植物は、独特のフォルムと、毎日水やりをしなくてもいい手軽さで、静かな人気を呼んでいるそうです。

個性派ぞろいのハンバーグ

実は池袋は「ハンバーグ」の激戦区。日本ハンバーグ協会の調べによると、駅周辺にはハンバーグの提供店が100軒以上あります。番組では、個性的なハンバーグを紹介するとともに、ごはんに合う「和風デミグラスソース」の作り方をお伝えしました。

和風デミグラスソース

印刷用ページ

池袋国際空港

ファーストクラスの夢のようなサービスを、約6,000円で体験できる施設がで体験できる施設が、池袋のビルの一室にあります。座席は、本物のファーストクラスで使われていたもの。さらに、世界のご当地グルメを味わえる、オリジナルの機内食まで!夢がかなうのはお客さんだけではありません。キャビンアテンダント役の学生アルバイトさんたちも、この施設での経験をバネに、本物の航空会社へ就職する夢をかなえていました。
※コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月7日まで営業を自粛しています(※4月2日時点)

ゲスト:千葉雄大さん、ガンバレルーヤさん

リポーター:中川安奈アナウンサー