6月3日

疲れた心と体に!オキシトシン活用術

新型コロナウイルスの影響で、「ストレスがたまって、もう疲れた!」という人も多いですよね。そこで、“幸せホルモン”や“愛情ホルモン”とも呼ばれる「オキシトシン」に注目!オキシトシンは、ストレスや痛みを和らげたり、血圧を下げたり、ダイエットや美肌にも効果が期待できるそうなんです。ハグやキスなどスキンシップによって分泌されるホルモンとして知られていますが、実はたった一人でも、簡単にオキシトシンを出すことができるんです。最新の研究成果をもとに、あなたの心と体を快適にしてくれるオキシトシンのパワーを国内外の研究をもとに紹介しました。

老若男女関係なし!どんどん出せるオキシトシン

オキシトシンは老若男女関係なく、日常生活のちょっとしたことで分泌を促すことができます。例えば、ハグやキスといったスキンシップは最も有効で、会話をしたり一緒にダンスやゲームをしたりすることでも分泌が促されます。
1人だけでも、映画や本で感動したり、運動したりするとオキシトシンが分泌されます。離れている相手と電話で会話することも効果的です。
ペットと暮らしている人は、ペットとふれあうことでもオキシトシンが分泌されるそうです。
オンラインでも、一緒に食事をするとオキシトシンの分泌が期待できます。

医療機関でも注目されるオキシトシン

オキシトシンが持つさまざまな効果は、医学界や介護の世界から注目されています。痛みやストレスを抱える患者さんを対象に、肌に触れるケア「タッチケア」を取り入れている医療機関もあります。ほかにも、痛みが和らいだり、血圧が下がったりという、さまざまな効果がオキシトシンにはあると考えられています。

家庭でできるタッチケア

タッチケアは家庭で簡単に行うことができ、日常のストレスや不安、痛みの軽減などに効果が期待できます。専門家が研究をもとに考案した、家庭でできるタッチケアのやり方を紹介しました。

やり方

(1)いすの背やテーブルにもたれて、楽な姿勢をとります。
(2)両の手の平を背中にピッタリとつけ、全体をなでます。1回10分程度行ってください。

ポイントは1秒間に5センチ程度のゆっくりとした動きで、手の平でアイロンをかけるようなイメージで行うことです。
タッチケアは、される人よりも、する人の方がより多くオキシトシンが出る、という研究結果もあります。

1人でもできるタッチケア

リラックスした状態になり、手の平で優しく包み込むように腕・胸・腹・腰・脚を順番になでてください。専門家によると、5分程度行うとオキシトシンが出てくるそうです。

オキシトシン研究の最前線

オキシトシンは世界中で注目されていて、私たちの心と体によい影響をもたらしてくれることが研究で分かってきました。

美肌にダイエットの味方オキシトシン

日本の化粧品メーカーなどの調査によると、オキシトシンは肌の傷を治す皮膚の幹細胞の動きを活性化し、ターンオーバーを促すことが分かりました。研究者たちはオキシトシンを薬や化粧品に応用できないかと研究を進めています。

パートナーとの関係を良好にする!?オキシトシン

オキシトシンは私たちの人間関係にも影響を及ぼすことが分かってきました。スイスの大学で50組のカップルに対して現在抱えている問題について話し合ってもらいました。そのとき、半数のカップルにはオキシトシンを鼻から吸ってもらったあとに調査を行いました。すると、オキシトシンを吸わなかったカップルは話し合いがケンカに発展したのに対し、吸ったカップルはケンカにならずに終わりました。オキシトシンが脳に作用して、カップルや家族との関係を良好にすることにつながったと考えられています。

専門家ゲスト:菊水健史さん(麻布大学 教授)、山口創さん(桜美林大学 教授)

リポーター:松岡忠幸アナウンサー