8月5日

“つぶやき”から考える みんなの戦争

日本が戦争をしていた75年前。もしSNSがあったら、みんな何をつぶやいていたんでしょうか?NHKでは、1945年に書かれた日記をもとに戦時下の暮らしをツイッターで発信しています。日記をツイートにするのは広島にゆかりのある若い世代。75年前に書かれた日記を現代の言葉に変換し、日記の日付にあわせて毎日更新しています。
8月6日の「あさイチ」では26歳の主婦やすこさんと13歳の中学生シュンちゃんのツイートを振り返りながら、戦時下の暮らしや当時の人の置かれた環境について一緒に考えてみました。また、「広島に原爆が投下されて75年目の朝」ということでリアルタイムのつぶやきやそれに寄せられるコメントを通して、戦争を知らない世代の人が今後どのように戦争について学んでゆけばよいのかを考えました。

75年前の日々をつぶやく3つのアカウント

75年前に書かれた3冊の日記を元に、3つのアカウントを作りました。それぞれの日記に書かれた日々のあれこれをつぶやいています。

  1. 当時の広島の中学1年生・シュンちゃん
    シュン@ひろしまタイムライン(@nhk_1945shun)
  2. 当時の新婚主婦・20代のやすこさん
    やすこ@ひろしまタイムライン(@nhk_1945yasuko)
  3. 当時の中国新聞記者・30代の一郎さん
    一郎@ひろしまタイムライン(@nhk_1945ichiro)

ゲスト:常盤貴子さん

声の出演:やすこ:土村芳(つちむらかほ)さん、シュン:醍醐虎汰朗(だいごこたろう)さん

リポーター:小林孝司アナウンサー