10月8日

みんなでシェア旅 島根県

「ふだんは見られない絶景などの映像」や、「地元ならではの話題」などを全国から“シェア”してもらって、その地域の魅力を再発見する“みんなでシェア旅”。今回は島根県からでした。食欲の秋、島根からのおいし~い話題は、なんと、つまようじを20本(!)刺しても黄身の形が崩れない弾力を誇る「たまご」。簡単にしっとりプリプリになる、ゆで卵ならぬ「蒸し卵」の作り方をシェアしてもらいます。そして、“縁結びのパワースポット”「出雲大社」。旧暦10月(新暦11月)に、日本中の八百万の神様が集まり、“縁結び”の会議をすると言われているからことから、例年、この時期になると全国から訪れる約60万人の観光客であふれかえります。しかし、ことしの参拝は自粛ムード・・・。ということで、全国の良縁を祈願するみなさんに参拝気分を味わってもらうために、婚活中、出雲大社に通いまくり、見事、パートナーを得た女性に、出雲大社独特の参拝方法と良縁パワーを感じるエピソードをシェアしてもらいます。そのほか、米国の日本庭園専門誌で、17年連続1位に選ばれた足立美術館の楽しみ方もご紹介。島根県出身のゲスト、山内健司さん(かまいたち)からも、「島根のお気に入り」をシェアしてもらいます!

地元こだわりの“すごい卵”をシェア

爪ようじを20本刺しても卵黄がびくともしない卵!
ふるさとは島根県雲南市。昭和初期から養鶏が盛んだったことから、県内有数の産地となり、今では年間5千万コの卵を出荷しています。
この卵のおいしさの秘密とおいしい食べ方をご紹介しました。

養鶏場をのぞき見

養鶏場でまず目に飛び込んできたのは、平飼いされて、自由に行き来する鶏たち。
ストレスなく過ごせることが、卵の安定した出荷につながるそうです。
さらに、こだわっているのがエサ。トウモロコシの入った配合飼料、米、ネギやコンブに加えて、島根名産の高麗にんじんや、シジミなど栄養バランスを整えて与えているんだそう。
特に、高麗にんじんを混ぜてからは、夏の暑さでたまごを産まなくなったり、死んでしまったりすることが少なくなったんだとか。

地元おすすめの食べ方

・漬けたまごと焼きサバTKG(卵かけごはん)
鶏卵生産者おすすめの食べ方が、ねっとりトロ~リ食感の卵黄と雲南市のソウルフード焼きサバをあわせたTKG。
卵黄をだしじょうゆに浸して冷蔵庫で一晩。そこに焼きサバと薬味をトッピング。うまみ炸裂です。
・蒸し卵
鶏卵生産者おすすめの食べ方ふたつめは、プリプリ食感に仕上がるという蒸し卵。
蒸し器がなくても簡単に蒸し卵が作れる方法をシェアしてもらいました。

今月末はTKGをとことん楽しめるイベントを開催!

TKGを盛り上げるイベントも!

2005年から雲南市で始まったTKGのイベント“日本たまごかけごはんシンポジウム”。
ことしはインターネットを通じて楽しめるイベントを企画!
その一つが、TKGを使ったアート写真の募集。実行委員の戸田さんに映えるTKGを紹介してもらいました!

縁結びの御利益アップ!?参拝方法をシェア

毎年11月になると、全国八百万の神々が、人間の世界の縁結び会議をするために出雲大社にやってくるといわれています。今回は、良縁に恵まれたという坂根めぐみさんに参拝方法をシェアしてもらいました!
まず、向かったのは海岸。神々が出雲地域で最初に降り立つ場所といわれている稲佐の浜の砂を持って参拝するのが、参拝のならわしだそうです。
本殿の参拝方法は、2礼4拍手1礼。多くの神社が2礼2拍手1礼なのに対して、出雲大社は拍手を4回行います。
そして、海岸から持ってきた砂を使うのが、素鵞社(そがのやしろ)。縁の下に、置いてある砂と交換して持ち帰ります。地元の人たちは「厄除けやお清めの砂」として、敷地内にまくそうです。

日本一の庭園と美術作品の鑑賞方法をシェア

ため息がでるほど美しい日本庭園がある足立美術館。
庭園の総面積は5万坪、東京ドームに例えると3.5コ分ほどにもなるんだとか。
国内だけでなく、海外の観光客にも注目されているんです!
その理由は、アメリカの日本庭園専門誌が実施するランキングで、日本国内にある1,000あまりの庭園から17年連続で一位に選ばれているため。
開館以来50年、一日もおこたることなく雑草1本にまで目を光らせる、「神管理」とまで言われるほどの徹底した庭の管理が評価されたそうです。

館内の美術作品もご紹介!
近代から現代で活躍した画家の作品など約2,000点を所蔵し、季節ごとに作品を入れ替えています。
なかでも巨匠、横山大観の作品は初期から晩年にいたる120点という国内屈指の所蔵数を誇ります。
そのなかから、この時期ぴったりな作品『紅葉』をシェア。
しゃがんでみることでキラキラと輝いて見える作品の鑑賞方法をシェアしてもらいました。

ゲスト:山内健司さん(かまいたち)

リポーター:中原真吾アナウンサー(NHK松江放送局)